『悪女は砂時計をひっくり返す』30~31話のネタバレ感想


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の30話~31話ネタバレ感想です。

イシースの登場により、アリアは形勢不利になります。オスカーからも別れを告げられ、一人悲しみますが…この先、どうなるのでしょうか?

感想を交えつつ、ストーリーを紹介します。

⇒ネタバレ一覧はこちら

30話のネタバレ

イシースの誕生日には、ミエールだけ招待される

悪女は砂時計をひっくり返す

今日はプレデリック嬢・イシースの誕生日。彼女の屋敷では盛大なパーティーが開かれ、ミエールも招待されました。

プレデリック家は強大な権力を持つ一族なので、そこに招待されたミエールは今後、大きな勢力を作るでしょう。

一方、アリアは招待されていないため自室で本を読んで過ごします。その顔には怒りも悲しみもなく、どこか諦めたような表情でした。

侍女のジェシーとアニーは、そんなアリアを見て心配します。

アニーは元々、ミエール側の侍女でした。しかしこの時点では、完全にアリアの味方になっています。最初のようにアリアを監視することもありません。

 

プレデリック嬢の誕生日パーティーは、たくさんの貴族を集めて盛大にお祝いされました。

ミエールだけでなくオスカーも参加していたため、イシースを交えて3人で会話を楽しみますが…

そこに「皇太子が祝いに来た」と執事から連絡が入ります。

皇太子の来訪に、驚く貴族たち。イシースと皇太子は婚約するという噂があったため、不思議に思う人はいませんでしたが…

当事者のイシースは、冷や汗を流していました。

というのも、婚約の噂はウソだから。王室に圧力をかけるための作り話であって、2人は特別な間柄ではありません。

白うさ
「私、〇〇くんと付き合ってるの!」みたいな嘘を付いたんだね?
ひよこ
ちょっと違うけど、大体そんな感じかな。

皇太子の登場

金のマントを羽織り、颯爽とあらわれた皇太子。

その場にいた全貴族が、皇太子におじぎをします。もちろんミエールとオスカーも、頭を下げました。

皇太子は”青い瞳”が美しい青年です。お察しの通り、皇太子は”黒フードの男・アース”と同一人物。そしてフィノ・レインのご主人様は皇太子です。

 

皇太子はイシースに誕生日祝いの言葉を伝えると、ミエールの前に立ちました。

そして得意げな顔で「背が父んだか?」だの「僕のことが気になっていただろう」だのペラペラ喋りますが…

ミエールは頭を下げたまま、何のことかと混乱します。

それもそのはずで、皇太子はアリアのことをミエールだと勘違いしていたのです。

そのため、目の前にいるミエールをアリアだと思って話しかけます。

その様子を見て、イシースや貴族たちは「2人はどのような関係なのか」と不思議そうな顔をしました。

白うさ
完全にコント(笑)
ひよこ
これはミエールも困ったろうに…

 

そして、ミエールが顔を上げた時。

皇太子は目を見開き、驚いた顔で「君は…誰だ?」と呟きます。

皇太子もミエールも、どちらも困惑していました。

31話のネタバレ

皇太子、人違いに気づく

皇太子を目の前にして、ミエールは怯えながら体を震わせます。

そして人違いに気づいた皇太子は、踵を返してさっさと帰ってしまいました。

そもそも彼が会場に来たのはアリアに会うため。しかし人違いだったので、これ以上は滞在する意味が無いのです。

しかし、周囲はそれを知らないため大混乱。

イシースは「殿下と何があったの!?」と詰問するものの、ミエール本人は泣きながら「わからない」と首を振ります。皇太子とは初対面なので、心当たりすらありません。

白うさ
ミエールが完全に被害者。
ひよこ
もう大惨事。

その後。

イシースは場を収束させるため、オスカーにミエールの介抱を頼みます。

そして動揺する貴族たちの前で、ジョークを言って会場を盛り上げました。さらに彼女は、使用人に命じてミエールと皇太子の関係も調査させます。

侍女2人は、アリアを元気づける

アリアを慰めるため、ジェシーとアニーは豪華な食事を用意します。侍女たちの気遣いにより、落ち込んでいたアリアは元気を取り戻しました。

どれだけ大変でも、食事が美味しいことに変わりません。冷静に考えれば解決策があるはずだと、前向きに考えることにしたのです。

が、しかし。

帰宅したミエールを見て、アリアは再びショックを受けます。

ミエールはオスカーに介抱されながら馬車を降り、父親もオロオロと心配しています。さらにオスカーは、数メートル先に立っているアリアを一度も見なかったのです。

アリアは自室に戻り、ベッドで泣き崩れました。

・・・

深夜に目を覚ましたアリアは、部屋着のまま廊下に出ます。するとガラス越しに、ベランダで休憩するオスカーの姿を見つけます。

そこでアリアは、すぐさま彼の元へと向かいました。

オスカーとアリアの逢瀬

オスカーを見た途端、アリアの瞳から涙がこぼれます。そして泣きながら「私を無視しないで…」と言って、オスカーの胸に飛び込みますが…

彼はただ辛そうな表情で、腕をだらんと垂らしたまま。アリアを抱きしめ返してはくれませんでした。

⇒32話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』30~31話の感想

ストーリー解説

ネタバレ感想

30~31話では、皇太子(アース)の勘違いが発覚します。

皇太子は今まで、アリア=ミエールだと勘違いしていました。つまり、フィノ経由でミエールに贈られたプレゼントは、本来ならアリアが受け取るはずだったのです。

だから皇太子は、お祭りでアリアと遭遇したときに「服が質素すぎないか?」みたいなセリフを言っていたワケですね。

白うさ
何がひどいって、今まで人違いに気づかなかったのが酷い。

30話の感想

管理人、30話で爆笑しました。

アースが勘違いして、一方的に「ミエール久しぶり!」みたいに話しかけるので…もう笑っちゃいましたね。

そして最後のシーンで、勘違いに気づいたアースが「え?誰?」ってなるのも良かったです。

彼はかなり困惑していますが、一番の被害者はミエールでしょう。一方的に勘違いされて、話しかけられて、顔合わせたら「誰?」と聞かれたワケですから。しかも相手は皇太子。

この件に関しては、ミエールは完全に被害者ですね。

笑っちゃいけないシーンなのですが、ずっとニヤニヤしながら読んでました。

ひよこ
完全にコント。

31話の感想

30話で爆笑してたら、31話で泣きそうになりました…

アリアとオスカーが再開したとき、アリアはなぜ自分が泣いてるのか理解できなかった様です。今まで平然と振る舞っていましたが、状況的に怖くて仕方がなかったのでしょう。

なにせ前世と同じように、また処刑されるかもしれないのですから。

本人さえ気づかないうちに、心のどこかでオスカーを頼っていたのかもしれません。

そして心の中で「私を助けてオスカー!」と叫びながら彼に抱きつくものの、オスカーは悲痛そうな顔をするだけ。

彼はアリアを好いているものの、立場上どうすることもできないので辛いのかなと思います。

⇒32話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA