『悪女は砂時計をひっくり返す』28~29話のネタバレ感想


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の28話~29話ネタバレ感想です。

今回のストーリーでは、エマの過去が判明。そしてオスカーの姉も登場し、事態はあらぬ方向へと進んでいきます。

アリアはこの先の困難を、どうやって乗り越えていくのでしょうか?考察を交えつつ、ストーリーを紹介します。

⇒ネタバレ一覧はこちら

28話のネタバレ

エマの過去

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

エマには昔、夫がいました。

しかし夫は、莫大な借金をして自殺。エマがどれだけ働いても借金は減らず、ストレスに耐えられなくなった彼女は子供を産めない体になりました。

そんな時、ロースチェント夫人(ミエールの母親)から「これから娘が生まれるので、専属侍女を探していたところよ」と声を掛けられるのですが…

ロースチェント夫人は、ミエールを生んですぐに亡くなります。

この時エマは、赤ん坊のミエールを抱きながら絶句していました。

それ以来エマは、ミエールのことを我が子のように育ててきたのです。

必ずミエールを幸せにすると、心に誓いながら。

ひよこ
エマは、ミエールをとても大切にしているんだね。
白うさ
ミエールが大事だからこそ、アリアへの敵意が強いのかな?

ミエールはフレデリック嬢と手を組む

ミエールはフレデリック家(オスカーの実家)を訪れ、フレデリック嬢とお茶を楽しんでいました。

フレデリック嬢は、伯爵家の実質的な権力者。

鋭敏かつ狡猾な性格で、周囲からの信頼も厚く、すでに皇太子妃になるという話すら持ち上がっています。

そして彼女は、ミエールを気に入っています。ミエールは身分・礼儀・容姿のどれを取っても十分で、さらに相手の顔色を見ながら機嫌を取りつつ、相手の望むように振る舞うことに長けているからです。

白うさ
フレデリック嬢は、かなり鋭いね。
ひよこ
ミエールの演技も、裏のある性格も見抜いてる…!

 

ミエールとフレデリック嬢が会話をしていると、そこにオスカーも呼ばれます。

そしてフレデリック嬢が「オスカーは無愛想な子なので、ゆっくり理解してやってほしい」と頼めば、ミエールは喜んで返事をしました。

フレデリック嬢の計画

ミエールが帰った後。

フレデリック嬢はオスカーの頬をビンタしました。

彼女はミエールから「オスカーとの関係が上手くいっていない」という話を聞いて、静かに怒っていたのです。

一族の結束を強めるためにも、ミエールとオスカーの結婚は必要なもの。だからこそ、彼女は以前から「ミエールをないがしろにするな」とオスカーに念押ししていたのです。

ひよこ
つまり、利害のために「ミエールと仲睦まじい夫婦になれ」ってことだね。典型的な政略結婚。
白うさ
オスカーは伯爵家だし、仕方がないのかな…

 

さらに彼女は「売春婦の娘(=アリア)に関心を持っているというのは本当か」とオスカーを問い詰めます。

そして問題があるようなら、アリアを排除すると脅しました。

オスカーからの手紙

ある日、アリアの元にオスカーからの手紙が届きます。

アニーは大喜びで、きっとオスカーはアリアに関心があるのだと興奮しますが…

手紙に書かれていたのは「卒業まで時間が残っていないので、今後は手紙を送れない」という別れの言葉でした。

29話のネタバレ

脅威のフレデリック嬢

オスカーからの手紙を読み、絶句するアリア。

そして様子がおかしいと気づいたジェシー&アニーは、すぐさまアリアを介抱します。

 

その後アリアは、アニーの情報により”ミエールとフレデリック嬢が手を組んだ”と知ります。

そしてこの話を聞いて、ようやくアリアは”オスカーから別れを告げられた理由”を理解しました。

アリアは今まで「オスカーの心を奪えばいい」と思っていましたが、実際は違います。

実質的な権力であるフレデリック嬢をどうにかしないと、問題は解決しないのです。

恐らく、過去にオスカーとミエールと結婚をすることになったのも、フレデリック嬢が指示したからでしょう。

どうしようもない状況に、アリアは体を丸めて「ウウウ…」と泣き声をあげました。

アリアは落込み、1人で悲しむ

その日の夜。

アリアはベッドの上にうつ伏せになり、枕に顔をうずめます。そして1人で落ち込んでいました。

私はどうすればいいのだろう。オスカーには文通をやめないで欲しいと手紙を送ったものの、良い返事がくるとは思えない…

また処刑されるかもしれないと不安を抱えながら、アリアは嗚咽しました。

⇒30話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』28~29話の感想

28話の感想

ネタバレ感想

28話では、エマの過去が明らかになりましたね。

エマは夫も子供も亡くし、さらに借金まみれで苦労していたようです。随分な苦労人間ですね。

そんな経緯があったから、ミエールのことを実の娘同然に思っていて、幸せになってほしいと願っているのでしょう。

アリアに対して敵意をむき出しなのは、ミエールはへの愛情が根本にあるから。アリアがいる限り、ミエールは幸せになれないと思っているのかもしれません。

もしかすると、ミエール以上にアリアへの殺意が強いのかもしれませんね。

29話感想

オスカーの姉は、とても強く狡猾な女性ですね。

姉をどうにかしないと、アリアがどれだけオスカーを誘惑しても徒労に終わるでしょう。そしてアリアもその事実を知り、落ち込んでいる様子。

この状況からどうやってアリアが逆転するのか、展開が気になりますね。

どうにかしてオスカーを手に入れるのか…ストーリー的には、アス(正体は皇太子?)とアリアがくっつく可能性もあるので、どっちに転ぶのか楽しみです。

⇒30話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2 件のコメント

  • コメントありがとうございます!ちょっとずつ更新していくのでお待ちくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA