皇帝の子供を隠す方法52話のネタバレと感想|テオールを守るため脱出計画を立てる


漫画『皇帝の子供を隠す方法』の52話のネタバレと感想です。

アレルギー事件をきっかけに、カイゼンはテオールの出自について調査し始めました。そんな彼を見てアステルは警戒しますが、この先どうなるのでしょうか?

ストーリーの続きをまとめました。

『皇帝の子供を隠す方法』ネタバレ全話はこちら

最終回のネタバレはこちら

アステルの推理|カイゼンは一体どこまで知っているのか?

全てがバレた訳ではない?

皇帝の子供を隠す方法ネタバレ
以下の文章には本編のネタバレが含まれます。なお本記事では『皇帝の子供を隠す方法』の完全なネタバレはしていません。感想および解説がメインです。

カレンベルク侯爵に会った後、アステルは先ほどの出来事について話します。

カイゼンがどこまで気づいたのか謎ですが、危険な状況には変わりないため侯爵は難しい顔をしました。

アステルが話した内容
  • 恐らくカイゼンは、テオールがアステルの実子だと気付いている
  • ただし彼はアステルのアレルギー体質について知らない
  • 婚約にケチを付けられないよう、父・レストン公爵が徹底的に隠していたためである
  • またテオールが皇帝の子だとはバレていないはず
  • なぜなら皇帝の血筋は例外なく赤い瞳を授かるが、テオールの瞳は薬の効果で青くなっているから

テオールが皇帝の子供だとバレたら、間違いなく皇居に連れて行かれるでしょう。

しかし現状、子供の実父について調べる方法は血液検査しかありませんし、子供を隠せばそれさえも不可能になります。

だからアステルは、自分が時間稼ぎをしている間にテオールたちを逃がそうと考えたのです。幸いにも、舞踏会に参加するよう命令を受けたのは彼女だけですから。

ひよこ
血液検査ができないようテオールを隠しちゃえ!ってことだね。
白うさ
でも皇帝から逃げ続けるのって難しくない?

とはいえこの計画を実行するとなると、アステル一人を首都に置いていくことになります。そのため侯爵は心配しますがーーー

それでも彼女は、平気だと断言しました。

「はい。テオールを奪われなければ私は大丈夫です」
引用元:皇帝の子供を隠す方法52話

テオールを首都から逃がすため、綿密な脱出計画を立てる

脱出計画について

テオールとカレンベルク侯爵を逃がすため、アステルはすぐさま準備を整えます。

彼女が立てた計画は、後日ピクニックに行った後そのままテオールを逃亡させるというものでした。

ひよこ
ただし脱出するのはテオールと侯爵だけだよ。
白うさ
アステルは1人で首都に残ってカイゼンの目を欺くんだね。

そして短期間で準備を終えた彼女は、テオールにも「明日、首都を去ることになるの」と説明します。

母親と離れ離れになると知った彼は寂しがりますが、しぶしぶ納得して「その代わり早く帰って来てね!」と言ってアステルに抱き着きます。

すると彼女は優しく我が子を抱き締めるのでした。

白うさ
状況次第では、長いこと離れ離れになる可能性もあるんだよね……
ひよこ
カイゼンが早めに諦めてくれればいいけど、あの人未練タラタラだから心配だね。

脱出スタート

翌日、アステルは予定通りピクニックに出かけます。そして楽しげに遊ぶテオールとハンナを、少し離れた位置から見つめますがーーー

その時、突然フローリンに声をかけられたため酷く動揺しました。今このタイミングで彼女と会うことが偶然のはずないので、不吉に感じたのです。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』53話のネタバレはこちら

皇帝の子供を隠す方法・52話の補足とネタバレ感想

52話の補足|脱出計画について

ネタバレ感想

アステルは子供を逃がすため、綿密に準備を進めていました。

本記事ではザックリとしか解説していませんが、テオールがいなくなっても使用人たちが騒がないよう事前に手も打っています。

この辺について説明不足な気がしたので、この場を借りて補足しておきます。

脱出計画の詳細
  1. 翌日の昼、テオールを連れてピクニックに行く
  2. その後は城に帰らず、城門の近くに潜伏させる
  3. 夜が明けたら、侍女・ハンナがこっそりテオールと侯爵を連れて逃亡する
  4. なおテオールの部屋を離れに移動させたので、彼が姿を消しても数日間はごまかせる

すぐには脱出せず一旦潜伏したり時間を空けたりしているあたり、絶対に失敗しないよう念入りに動いていると分かりますね。

ネタバレ感想|最後のフローリンについて

52話の最後でフローリンが登場しましたね。彼女は最も有力な妃候補であり、姉のマリアンとは違って頭もいい少女です。

アステルが懸念していた通り、ただの通りすがりではなく用事があって会いに来たのでしょう。フローリンは偶然通りがかりましたという雰囲気でしたが、恐らく計画的に行動しているはず。

そもそも彼女は以前、乳母に命じてテオールのことを調査させていましたから。テオールの正体に勘付いて話をしに来た…と考えた方が自然でしょう。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』53話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA