皇帝の子供を隠す方法28話のネタバレと感想|アステルは舞踏会を利用しようと計画する


漫画『皇帝の子供を隠す方法』の28話のネタバレと感想です。

カイゼンが舞踏会を開くと言い出したので、アステルはこの機会を利用しようと考えます。大勢の前で、カイゼンに「テオールを帰還させてほしい」と許可を求めようと計画したのです。

果たして上手くいくのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

『皇帝の子供を隠す方法』ネタバレ全話はこちら

カレンベルク侯爵の本心と、アステルの計画

カレンベルク侯爵の本心

皇帝の子供を隠す方法ネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

庭園から戻った後、アステルは祖父・カレンベルク侯爵を問い詰めました。

「お爺様、どうして陛下に妙なことを言ったのですか?お爺様が誤解されるでしょう」

すると侯爵は狼狽えながらも、あえて誤解させた方がテオールの母親を追い出したという話に真実味が出るからだと説明します。

結局のところ侯爵は、アステルとテオールのためにわざと皮肉を言ったのです。

ひよこ
ただしあの皮肉は本心だけどね
白うさ
でしょうね。

祖父の本心を聞いたアステルは、自分のせいで申し訳ないと謝罪します。すると侯爵は穏やかな笑みを浮かて言いました。

「二人きりの子供たちも孫のジグムントも去ったから、もう私には君とテオールしかいないんだ」

すると彼女は、フリッツさんもいるでしょうと言いますがーーー

フリッツはレストン公爵のせいで、侯爵に連絡すらできない状態です。そんな彼のことを思い出して、彼は遠くを見ながら言いました。

「フリッツあいつは無駄に素直なのが問題だよ」

フリッツはまだ本編に登場していませんが、28話を読んだ限りだとアステルとも関わりのある人物のようです。

レストン公爵に気を付けろ

またこの時アステルは、テオールを帰還させる件について話します。

「舞踏会のように大勢の人が見ている場所なら、陛下は私のお願いを聞かざるをえないでしょう」

すると侯爵は心配そうに、レストン公爵(アステルの実父)に気を付けるよう言います。

侯爵は先ほどカイゼンに会い、他人に気づかれないのが不思議なくらいテオールに似ていると確信しました。

レストン公爵はカイゼンが赤ん坊の時から皇居を出入りしたので、そんな人がテオールを見れば事実に気付くかもしれません。

アステルはテオールを皇居に連れて行くことはないと言いますが、侯爵はやはり心配でした。

フローリンは、投獄中の姉・マリアンに会いに行く

フローリンとマリアンの会話

「ああっ!あなたは一体何をしたの?私を助けに来たんじゃなかったの!?」

薄暗い牢屋の中で、マリアンはヒステリックに叫びます。おまけに彼女が暴れるので、食事がこぼれて皿が割れました。

その一方で、牢屋の前に立つフローリンは冷静です。挽回する機会をあげたのにそれを蹴ったのはお姉様でしょう…と静かに姉をたしなめます。

しかしマリアンはなお叫び続けるので、フローリンは内心『何もできないくせに愚かな人ね…』と思いながらも、他の方法を考えると言い残して牢屋を去って行きました。

ひよこ
フローリンが姉をどう思っているのか分かるね。
白うさ
でも、この姉じゃ仕方がないよ。

マリアンの企み

牢屋に残されたマリアンは、爪をガジガジとかじりながら考えます。

(私に皇后の座を奪われるのが嫌で、わざと助けてくれないんじゃないの?)

するとその時、割れた皿を片付けるためメイドが牢屋の中に入ってきます。そこでマリアンは、皿の破片をメイドの首に突きつけて脅しました。

「死にたくなければ、私の言う通りにしなさい」

アステルの部屋に、舞踏会用のドレスや装飾品が届く

カイゼンからの贈り物

翌日、アステルのもとに大量のプレゼントが届きます。送り主はもちろんカイゼンで、全て舞踏会のための衣料品だそう。

するとそこに、テオールと侍女のハンナがやって来ます。テオールは大量のプレゼントを物珍しそうに見つめながら、アステルに質問しました。

「陛下は叔母さんのことが好きなの?」

⇒『皇帝の子供を隠す方法』29話のネタバレはこちら

まとめ|皇帝の子供を隠す方法・28話のネタバレと感想

28話のまとめ

ネタバレ感想

舞踏会での計画について、アステルは祖父のカレンベルク侯爵にも情報を共有します。

しかし侯爵としては、アステルが傷つかないか心配なようです。貴族たちに心無い言葉をかけられたり白い目で見られたりする可能性もありますから、祖父としては当然でしょう。

そして何より、彼はレストン公爵を警戒しています。テオールの正体に勘付く可能性があるので、注意するようアステルに言い聞かせました。

なおこのシーンで彼は、実の息子である公爵を『狡猾』と評しています。やはり親から見ても、侯爵はそういう性格なのでしょう。

ネタバレ感想と考察

28話にて、侯爵がフラグっぽいセリフを言っていましたね。

例の「レストン公爵に気を付けろ」というセリフですが、これは公爵がテオールの秘密に気づく(または怪しむ)伏線なのかなと思いました。

となると今後、アステルと公爵の攻防戦も描かれそうですね。

孫のテオールを政治の道具にしようとする公爵。十分ありそうで怖いです。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』29話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA