【外科医エリーゼ】139~140話ネタバレ感想|貴族派への処罰


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。139話・140話について紹介しています。

前回リンデンは、自ら剣をにぎり宿敵・マリエンを葬ろうとしました。しかし彼女の現状を知り絶句した挙句エリーゼにも止められたため、その目的は果たせないまま。

この先、彼はどうするのでしょうか?感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

⇒全話のネタバレはこちら

外科医エリーゼ139話ネタバレ

リンデンは出陣命令を取り下げる

結局、復讐を果たせなかったリンデン。宮廷の自室へと戻ると、出陣を取り消すようクリスに命令します。

そして翌日。リンデンは再びクリスを呼び出すと、晩餐会の準備をするよう命令しました。

これはただの晩餐会ではなく、貴族派の処遇を決めるための集い。そのため晩餐会には貴族派全員を出席させ、彼らの罪を糾弾するのです。

何が目的なのだろう…とクリスは不思議に思いますが、今日のリンデンは冷静そのもの。昨日受けたような、感情だけの命令ではないのだと察します。

ミハイルとマリエンへの処罰

リンデンはミハイルを呼び出し、2人きりで話をします。もちろん世間話をするためでなく、ミハイルとマリエンの処遇を決めるための面談です。

2人がテーブル席について向かい合うと、リンデンは落ち着いた様子で要件を伝えました。

私はマリエン皇紀を決して許せない。亡き母と妹のためにも、必ず断罪する。だからお前は、マリエン皇紀を連れてこの国を離れろ。彼女が生きている限り、二度とこの国に戻ってくるな。

マリエン皇紀とミハイル王子の追放。これがリンデンの下した判断です

これを聞いたミハイルは冷や汗をたらし、怪訝な顔をします。

というのも、彼が思うよりずっと優しい処遇だったから。むしろ「許す」と言っているようなものです。

しかしリンデンが深い憎しみを抱いている事は、ミハイルも十分理解していました。だからこそ、不思議で仕方なかったのです。

晩餐会で貴族派を糾弾する

パーティーの食事

晩餐会に出席した貴族派たちは、豪華な食事を目にしながらも緊張していました。このタイミングで開かれた晩餐会なら、裏があるだろうと勘繰ったのです。

ひよこ
タイミングとしては、アルセム公爵の葬式⇒晩餐会だね。
白うさ
不穏すぎる・・・

リンデンが会場に姿を現すと、メルキト伯爵が恭しく挨拶をします。伯爵もまた「嫌な予感がする」と警戒し、顔に汗を浮かべていました。

するとリンデンは無表情で、なぜ貴様らを呼んだか理由が気になるだろうと告げます。そしてクリスに命じ、貴族派たちの前に”フタのついた料理皿”を持ってこさせました。

怪訝そうな顔で、その皿を見る貴族派。メルキト伯爵がそのフタを取ると…

皿の上に置かれていたのは、何百枚もの書類。そこには貴族派の謀逆の証拠や、個人が犯した罪などが全て記載されていたのです。

外科医エリーゼ140話ネタバレ

貴族派に下された、最終判決

証拠書類を突きつけられ、慌てふためく貴族派。そんな中リンデンは、彼らに言いました。

本来なら、ここにいる全員を処罰して母の墓前に捧げたい。けれど帝国のためには、お前たちを生かしておいた方がいいだろう…と。

だからリンデンは、貴族派にチャンスを与えます。

ここでリンデンに忠誠を誓うなら、証拠書類はすべて燃やして無かったことにすると提案したのです。もし断るなら国法で厳しく処罰するぞ、という脅し文句を添えて。

この提案に貴族派は戸惑うものの、全員息をのみ深々とリンデンに頭を下げました。

貴族派は全員、リンデンへの忠誠を誓ったのです。

このシーンで一部の貴族(メルキト伯爵など)は、事件の主犯であるため財産と爵位を没収されています。命は許されたものの、彼らは平民に降格しました。

戸惑うリンデンに、エリーゼが告げた言葉

百願の宮(リンデンの母が亡くなった塔)の頂上から、リンデンは1人で空を見つめていました。

するとそこにエリーゼが現れます。

リンデンは「私は大丈夫だから戻れ」と言いますが…エリーゼは何も言わず、彼を抱きしめました。大丈夫だと言われても、そうは見えなかったのです。

話を聞けばリンデンは、自分の気持ちがよくわからない様子。

彼は復讐を願っていて、今もその気持ちは変わりません。なのに、なぜか”貴族派に恩赦を与える”という選択をしてしまったのです。そのことに、他でもない彼自身が戸惑っていました。

するとエリーゼは彼から体を離して言います。

亡くなった2人が何を望んでいたのか、私にはわかりません。けれど2人は、リンデンの選択を受け入れると思うのです…と。

家族ならリンデンの幸せを願うはずで、またエリーゼも彼の幸福を望んでいます。そう告げれば彼は目を細めて、心の底から嬉しそうに笑いました。

その後

その後、ブリチア帝国ではいろいろな事がありました。

1つ目はリンデンの戴冠式。この時から彼は12代目の皇帝となりました。

過去では貴族派全員を粛清してから皇位につきましたが、その運命が変わったのです。

2つ目はミハイル及びマリエンの国外追放。

しかしミハイルは悲しい顔などせず、まるで長旅にでも行くような様子でした。エリーゼが出航の見送りに来たときも、笑顔を浮かべていた程です。

さらにこの時、リンデンも見送りに来ます。彼は照れた顔で「近くに用事があった」と言いますが…弟のために駆け付けたのは明らか。

リンデンは「いつか時が過ぎたら戻ってこい」と再会を願い、右手を差し出します。ミハイルはその言葉に顔をほころばせ、兄弟はしっかりと握手を交わしました。

⇒141話のネタバレはこちら

139~140話の感想

139話の感想

ネタバレ感想

あれほど復讐を望んでいたのに、リンデンは誰1人として葬りませんでした。”葬らない”というより”葬れない”と表現するほうが適切でしょう。

アルセム公爵は自害してしまい、元凶であるマリエンはすでに廃人。それでも目的を果たそうと剣を振ったものの、最愛の嫁に止められて…

さらに母親との優しい記憶を思い出してしまい、彼はどうする事もできません。その結果、思わず口から出たのが「私はどうすればいい?」というセリフだったのでしょう。

長年の復讐計画が頓挫したので、やりきれない思いを抱えていたと思います。

ただし、彼が弱音を吐いたのはその時だけ。宮廷に戻ったリンデンは、ひたすら冷静…というか、模範的な皇帝でした。

簡単に言えば、断罪はするけど厳正なる処罰をするというスタンス。

マリエン&ミハイルには国外追放という厳しい罰を下したものの、随分と情けのある判決です。本来なら、2人まとめてコロコロしていた訳ですから。

晩餐会に呼ばれた貴族派にも、ちゃんと証拠書類を提示しました。前世では感情に任せてコロコロした彼ですが、今回は皇帝として適切な処分を行うのでしょう。

リンデン的にはモヤっとした心境でしょうが、何やかんやでエリーゼの願いが叶いましたね。

140話の感想

ハッピーエンドとは言い難いものの、全てが丸く収まりましたね。リンデンは不完全燃焼っぽいですが、次期皇帝として相応しい選択をしたのかなと思います。

前世での悲劇を繰り返すことなく、街が血に染まることもなく。そして彼自身、壊れることもなく。無事に皇位を継承できました。

多分、天国のレベッカとイブリンも喜んでいるはず。特にレベッカは、息子の手を汚してまで復讐を望むタイプではありませんから。

そして貴族派との確執が無くなった今。残った問題は、眠ったままの元皇帝がいつ目覚めるのか。この1点だけでしょう。

⇒141話のネタバレはこちら

作品情報
原作:yuin、絵:mini、原題:외과의사 엘리제、配信元:ピッコマ・kakaopage

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA