【外科医エリーゼ】125~126話ネタバレ感想㊺陛下の手術


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。125話・126話について紹介しています。

前回のラストで、エリーゼはついに”陛下が倒れた原因”を探り当てました。そして手術の準備を進めますが、陛下を助けられるのでしょうか?

感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ125話ネタバレ

手術をするかどうか、判断はリンデンに委ねられる

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

駆け付けたリンデンに、エリーゼは状況を説明します。

陛下はまだ生きているものの、容態は悪いこと。肺塞栓症の手術をすれば助かる可能性はあるが、リスクが高いこと。

そして、もしエリーゼの考えが間違っていれば責任を負わなければならない事を伝えました。

白うさ
めちゃくちゃ危険だね!
ひよこ
病名が確定してないのに手術するワケだから、もし違ってたら大事件だよ。

 

それを聞いた上で、リンデンは「手術を進めろ」と言います。

助けられる可能性があるならどんな方法でも試すべきだし、政治的な問題は後から対処すればいい。それに何より、私はあなたを信じている。

リンデンの真摯な言葉に、エリーゼは手をギュッと握りしめます。

そして毅然とした態度で「最善を尽くします」と言い、手術室へと向かいました。

肺塞栓症の手術がスタート

手術室に入ると、エリーゼは助手と共にすぐさま手術を開始します。メスで陛下の胸部を裂くと、宙に血が飛び散りました。

エリーゼが内部を探したところ、奥側に”肺動脈を防いでいる塊”を見つけます。エリーゼの推測どおり陛下は肺塞栓症で、そのせいで中々回復しなかったのです。

エリーゼは塊をピンセットで取り除き、処置を行いました。

白うさ
おお、手術成功!
ひよこ
手術の過程はザックリ省いてるから、詳しく知りたい人は本編を読んでね。

 

またこの時、エリーゼは陛下の体内に”別の塊”も見つけます。それは陛下の病気の原因と思われる物質でした。

これを見たエリーゼは、フレミングが残した薬品を利用すれば治療ができるかもしれないと考えます。

以前ほどの体力は戻らないにしろ、それでも治療を続けて健康になってくれれば、いつか再びリンデンに笑いかけてくれる日も来るでしょう。

外科医エリーゼ126話ネタバレ

陛下の治療と今後について

エリーゼが手術したことで、陛下は嘘のように回復しました。

しかし、今はまだ体の状態が悪く意識も戻っていません。目覚めるにはまだ時間がかかるでしょう。また、長生きするためには今後も続けて薬品治療をしなければなりませんが…

けれど無理をしなければ、陛下は気楽に過ごせるようになるのです。

エリーゼはその事をリンデンに伝えると、彼は安堵の息を吐きながら「ありがとう。本当に…」と礼を言いました。

するとエリーゼは彼の手を取り、少し照れながら言います。

私たちは愛する者同士なのだから、「ありがとう」なんて他人行儀な言葉は使わないでほしい…と。

その言葉にキュンとしたリンデンは、その場でエリーゼを抱きしめました。

白うさ
注:ここは病院です。
ひよこ
以上、今回のイチャイチャシーンでした。

ミハイルは毎晩、陛下のお見舞いに来ていた

未だ目覚めず、寝室で眠り続ける陛下。

ミハイルはその傍らに立ち、陛下の顔をじっと眺めていました。彼は毎晩、陛下を訪ねてきては苦しげな表情で見つめ、そして部屋を去っていたのです。

しかし今晩は、部屋を去る前にエリーゼと遭遇します。

エリーゼが彼の背後から声をかけると、ミハイルは寂しそうな顔で感謝の言葉を伝えました。

そして真剣な表情でエリーゼを見つめると「無理をせずに、元気に過ごしてくれ」と言い残して、去っていきました。

エリーゼは伯爵の地位を得る

現在、エリーゼは子爵の地位を得ています。しかし今までに様々な活躍を見せたため、伯爵の地位を与えられる事になったのです。

白うさ
伯爵ってスゴイね。
ひよこ
陛下の命を助けてるからね。

 

使者からその話を聞いたエリーゼは、あんぐりと口を開けます。

18歳で伯爵の地位を授かるなど、前例のないこと。そのためエリーゼは顔を青くして、自分には過ぎたことだと主張しますが…

使者によると、エリーゼを伯爵にすると言いだしたのはリンデンらしいです。ほかの貴族も反対せず、むしろ快く賛成してくれたそう。

それを聞いたエリーゼは、諦めたような表情で笑いました。

⇒127話のネタバレはこちら

125~126話の感想

125話の感想

ネタバレ

今回のエリーゼも男前でした!

個人的には「最善を尽くします」のシーン(手術を開始する直前)が好きなので、ぜひ本編を読んでみてください。エリーゼが格好いいです。

そして嬉しいことに、125話では陛下の生存フラグが立ちましたね。前世では糖尿病で亡くなった陛下ですが、今生では長生きしてくれるかもしれません。

前世では陛下が亡くなった後、クロレンス家・チャイルド家・皇室のどの勢力からも死人が出て、結果ボロボロになりましたが…

陛下が生き延びることで、争いのストッパーになってくれるかもしれません。

⇒『外科医エリーゼ』の相関図はこちら

126話の感想

126話はイチャイチャ回。前回までのシリアスが嘘のように、エリーゼとリンデンの間にはハートが飛び交っています。

白うさ
温度差で風邪ひきそう。

というか背景をよく見たら、この2人は職場の廊下でイチャイチャしてるんですよ。周囲の人たちは多分、見てみないフリをしてるのでしょうね。部屋に戻ってからイチャイチしなさいよ…!

 

そしてラストでは、エリーゼが伯爵にランクアップすることが判明。こんなに若い女の子が伯爵だなんて、この国では前例がありません。

なのでエリーゼは全力で拒否しますが、どうやら満場一致で決まった事のようです。今さら覆すのは無理でしょう。

つまりエリーゼの肩書は、外科医・皇室医師・時期皇后・伯爵(←New!)に増えたワケですね。

改めて聞くと、とんでもない設定です。チートにも程がある。

⇒127話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA