【外科医エリーゼ】123~124話ネタバレ感想㊹毒殺謀議


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。123話・124話について紹介しています。

陛下が倒れ、あらぬ疑いをかけられたリンデン。この機に乗じて、アルセム公爵はミハイルを即位させようとしますが…

エリーゼは、リンデンを守ることができるのでしょうか?

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ123話ネタバレ

毒殺謀議事件について会議が開かれる

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

陛下が倒れた件について、後宮では会議が開かれました。

会議の席には、ミハイル・エル侯爵・アルセム公爵など大貴族が並んでいます。

白うさ
あれ?リンデンはいないの?
ひよこ
リンデンは容疑者だから、今は軟禁されてるよ。

 

「毒殺謀議事件について論じよう」と、会議のスタートを告げるアルセム公爵。

その言葉に、貴族の1人は毒殺謀議だなんてとんでもないと反論します。陛下が倒れたのはあくまで持病のためであり、毒殺ではないと主張しました。

これに対してアルセム公爵は、それならなぜ陛下は祝杯を飲んでから血を吐いて倒れたのかと追及します。

血を吐くような持病ではないのだから、毒殺を考えるのが妥当だろう。それとも毒殺でない証拠でもあるのか?

アルセム公爵はそう言って、この場にいないリンデンを追い詰めました。

また、陛下の診療を担当したエリーゼの診断(毒の可能性は低いと言っていた)についても、リンデンの婚約者だから偏見が入ったのではないかと主張します。

しかしここで、エル侯爵が「毒を盛ったという確たる証拠もないだろう」と反論しました。

 

議論が躍る中、それまで黙っていたミハイルが挙手をします。いつもと違って無表情なミハイルは、静かな口調で告げました。

陛下もリンデンもいない今、この帝国で最終司法権を持った人が誰か?と。

この言葉に、エル侯爵は顔を青くしました。

白うさ
なるほど。現状、決定権を持つのはミハイルだね。しかも彼は貴族派だから…
ひよこ
エル侯爵は「リンデンに不利な判決になる」と怯えたんだね。

 

議論の結果、判決はーーー

ミハイルは淡々と、この事件は私が判決すると言います。その言葉に、皇帝派は冷や汗をたらしますが…

ミハイルは続けて「貴族派も皇帝派も、どちらも間違った話はしていない」とも告げました。

そして彼は、毒殺の真偽はこの場で決定できないと判決を出したのです。

ミハイルの意外な言葉に、エル侯爵が目を丸くします。

 

会議が終わった後、皇帝派の貴族たちは頭を抱えました。この問題を解決できなければ、リンデンは没落してしまうだろう…と。

結局、貴族派の攻撃を防ぐにはエリーゼが原因を解明するしかありません。

皇帝派の貴族たちは、ただ神に祈りました。

エリーゼは心臓マヒの原因を探るが…

その頃、エリーゼとグレアムは陛下の診察をしていました。

処置をしたものの陛下の容態はよくならず、原因はわからないまま。エリーゼはため息をつきました。

エリーゼが調べたところ、毒物が使われた可能性は低く、陛下の肺や心臓側に問題があると思われます。

しかし心臓検査と肺のエックス線検査をしたところ、どこにも異常はないのです。

(何を見逃しているのだろう)

悔しさに歯嚙みするエリーゼ。陛下が倒れてから寝ていないため、体はふらついています。グレアムに休憩するよう言われても、平気だと言ってエリーゼは休もうとしません。

そんな中、グレアムは言いました。

医師がそんなに苛立っては、適切な判断をするのは難しいでしょう。一睡もせず食事も取っていない状態で、まともな診療ができますか?

グレアムの強い視線に、エリーゼはたじろぎます。

さらに彼は、リンデンの元に行くよう促します。きっと王子はエリーゼを待っているだろうと言われ、エリーゼはリンデンが幽閉されている塔へと向かいました。

外科医エリーゼ122話ネタバレ

軟禁中のリンデンと面会

高い塔の、小さな部屋。リンデンはそこに軟禁されていました。

エリーゼがその部屋に訪れると、リンデンは待ちわびたという顔でエリーゼを抱きしめます。エリーゼもまた、瞳に涙を浮かべていました。

数日ぶりに会ったリンデンは、自分のことよりエリーゼの事ばかりを心配します。あなたまで体調を崩したら、私は耐えられないと言って、エリーゼの頬を包みます。

そんな彼に、エリーゼは陛下の状態を簡単に伝えます。そして今にも泣きだしそうな表情で

陛下の体調は良くなるでしょう。私が必ずそうしますから。最善を尽くして必ず、 必ず助けますから。

と伝えました。

とうとう陛下の状態が悪化

エリーゼが塔から出て、夜道を歩いている時。慌てた様子の男がかけ寄ってきて「陛下の状態が悪化しました」と報告しました。

エリーゼは急いで病院に戻り、状態を確認します。

まだ生きているものの、苦しそうに呼吸をする陛下。早く原因を解明しなければ、これ以上は持たないでしょう。しかし検査結果は正常で、やはり何が問題なのかわかりません。

エリーゼは必死に、今までのことを思い出します。

陛下は儀式のとき、4時間も無理に座っていました。そしてその後、喀血・胸痛・ショック・呼吸困難になったものの、検査上は問題なし。

ここまで考えて、エリーゼは”肺塞栓症”の可能性を疑いました。

もし肺塞栓症なら、治療するために胸部を開く必要がありますが…残念ながら、この時代の医療技術では肺塞栓症かどうか診断診断することはできません。

そもそもこの手術は、体調のよくない患者にとっては危険なもの。もし違う病気だったら、陛下の命に関わるでしょう。

迷っている間にも、陛下の血圧はどんどん低下していきます。グレアムは「あなたは最善を尽くしました」と言って、王子たちに危篤だと知らせるべきだと提案しました。

エリーゼはそれを承諾します。

が、しかし。

同時に「手術の準備をする」とも言いました。

危険は伴うものの陛下を助けられるかもしれないので、手術の準備をしながら王子を迎えるよう指示したのです。

⇒125話のネタバレはこちら

123~124話の感想

ネタバレ感想

ミハイルが無表情…!

124話のミハイルはずっと無表情で、口調も淡々としています。あんなに笑顔を絶やさない優しい人だったのに、まるで人形みたいになっていました。

多分、感情を殺しているのでしょうね。

兄のリンデンを思う気持ちはあるものの、アルセムに指示されて卑怯な方法でリンデンを追い詰めなければならない。

こんな状況では、いくらミハイルでも笑っていられないのでしょう。

しんどいですね。

白うさ
偉い人って大変!

 

そして125話では、陛下の病態が悪化。エリーゼはまたもや、危険な手術をすることになってしまいました。しかも看取る準備をしながら手術の準備もするという異例の事態。

これで失敗すれば、エリーゼもリンデンも一巻の終わりですが…まあストーリー的には、多分成功するのでしょうね。

⇒125話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA