【外科医エリーゼ】113~114話最新話ネタバレ感想㊴リンデンの本心


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の113・114話についてまとめています。

前回はリンデンが可哀想な状況でしたね。悶々とした状況で放置され、しかも翌日は寝不足。さらにエリーゼは、酔ったときの出来事を覚えていません。

白うさ
悲しい事件だったね。
ひよこ
我慢した王子はえらいよ。

そんな2人が次に訪れたのは、海辺の街。そこで海を見ながら談笑しますが…

今回、進展はあるのでしょうか?感想と一緒にネタバレを見ていきましょう。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ113話ネタバレ

リンデンからの贈り物

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

エリーゼとリンデンは、ベンチに腰掛けながら美しい海を眺めます。

そして談笑していると、リンデンはふと手のひらサイズの青い箱を取り出しました。

見るからに高級そうな青い箱を、リンデンはエリーゼに渡します。

そしてエリーゼが箱を開けると、中に入っていたのはキラキラ輝く指輪でした。

 

リンデンは少し頬を染めながら、真剣な表情で伝えます。

あなたも知っているとおり、私は会話が上手くないし感動させることもできない。美辞麗句も言えないから、そのまま単刀直入に伝える。

私と結婚してほしい。

プロポーズの言葉を伝えたリンデンは、指輪をエリーゼの薬指にはめました。

そして指輪を受け取ったエリーゼは、感動のあまり涙を流します。

 

プロポーズした夜、リンデンは…

プロポーズを終えた後、2人はいつも通りホテルへと戻ります。

夜になりエリーゼが眠ると、リンデンは部屋を抜け出してどこかに向かいました。

リンデンが辿り着いたのは、小さな墓地。

そこには、リンデンの母と姉が眠っていました。

彼は墓前にチューリップの花を添えると、墓に向かって「愛する人ができて、結婚することになった」と語りかけます。

 

そして同時に、母と姉を奪った貴族派に復讐するとも言いました。

首謀者である皇紀・マリエンも、アルセム公爵も、それに関わった貴族派も。1人たりとも許さない。

そう告げるリンデンの顔は、先ほどの優しい笑顔とは打って変わって、憎悪の念にまみれていました。

外科医エリーゼ114話ネタバレ

エリーゼはお茶を飲みながら、リンデンにプロポーズされた時のことを思い出していました。

そして同時に、これからの事について頭を悩ませます。

転生する前、リンデンは貴族派を処罰することで復讐を成功させました。

そしてその時、チャイルド家のユリエンや第二王子のミハイルなど、大勢の貴族が亡くなったのです。

その事を考えると、エリーゼの表情は沈んだものになりました。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA