【外科医エリーゼ】115~116話最新話ネタバレ感想㊵決闘の結果


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の115・116話についてまとめています。

前回のラストでは、メルキト伯爵がドリスン伯爵に決闘を申し込みました。怪我人が出そうなストーリーですが、この先でしょうなるのでしょうか?

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ115話ネタバレ

街中にて、貴族2人が決闘!

メルキト伯爵は決闘を申し込むと、懐から銃を取り出します。ドリスン伯爵はそれを承諾し、2人は銃を持ったまま互いに背を向けたました。

こうなった以上、心臓を撃ち抜いてこの機会に消してしまおう…

2人共、内心ではそう考えていたのです。

白うさ
決闘って何をするの?
ひよこ
互いに背を向けて歩き、20歩目で振り向いて銃を撃つんだ。西部劇でよく見るアレだよ。

 

民衆が息をのんで見守る中、2人の決闘がスタートします。

1歩・2歩と進んでいき…

20歩目に差し掛かったとき、2人が振り向いたのはほ同時。しかし、撃つのが早かったのはメルキト伯爵でした。

ドリスン伯爵は弾丸に撃ち抜かれ、腹部が真っ赤に染まります。

勝利の笑みを浮かべるメルキト伯爵ですが…

その瞬間、メルキト伯爵の左胸が撃たれました。

重体のドリスン伯爵が、最期の力を振り絞って銃を撃ったのです。2人はドサッとその場に倒れこみ、どちらも瀕死の状態になりました。

エル侯爵が駆け付ける

決闘が終わり、ざわつく広場。

そこに駆け付けたのは、エリーゼの父親・エル侯爵でした。

エル侯爵は、血を流しながら倒れる2人を見つけると血相を変えて、すぐさま病院に運ぶよう指示します。

この大事な時期に、両派閥の重要人物が亡くなったとなれば大問題。だからこそ、必ず2人を助けなければなりません。

決闘の経緯については、立会人のランスル子爵(たまたま巻き込まれた)がエル侯爵に説明してくれました。

瀕死の2人は、病院へと運ばれるが…

病院へと搬送された、メルキト伯爵とドリスン伯爵。エル侯爵は、すぐさま治療が始まると思っていたのですが・・・

医師は、2人とも手術ができない状態だと答えました。

メルキト伯爵は心臓を損傷。ドリスン伯爵は肝臓を貫通しているため治療が不可能なのです。

どうすればいいんだと頭をかかえるエル侯爵。

すると医師は「治療できそうな医師に心当たりがある」と言います。

その人こそ、皇宮侍医であり皇室十字病院の首席教授・エリーゼです。

外科医エリーゼ116話ネタバレ

エリーゼ、病院に駆けつける

連絡を受け、すぐさま病院へと駆け付けたエリーゼ。

他の医師から聞いたところ、メルキト伯爵とドリスン伯爵は2人とも危険な状態のようです。それこそ血圧が下がっていて、すぐに死亡する可能性さえあります。

エリーゼは顔を青くしますが、冷静に2人のレントゲン写真を確認しました。

患者を助けるための条件とは?

騒ぎを聞きつけ、リンデンやミハイルも病院へと駆け付けました。伯爵2人が重体とあり、院内の医師たちもざわついています。

白うさ
王子2人が駆け付けるって、珍しいね。
ひよこ
メルキト伯爵とドリスン伯爵は、重要人物なんだよ。つまり死んだらヤバイ。

 

その場にいる全員が、エリーゼに注目して「2人は助かるのか」と問いました。貴族も医者も、誰もがみな深刻な顔をしています。

そんな中、エリーゼは困った表情でしばし沈黙すると…

「私が直接手術すれば、2人とも治療できる」と答えました。可能性は高くないものの、助かる見込みはあるのです。

しかし同時に、問題もありました。

2人とも重体なので、どちらもすぐに手術する必要があるのです。

ひよこ
つまり、助かるのはどちらか1人だけ…と。
白うさ
選択肢がエグイ!!

 

これを聞いた貴族の1人は、メルキト伯爵を助けてほしいと叫びました。けれどその一方で、別の貴族はドリスン伯爵を助けるべきだと抗議します。

困惑するエリーゼを他所に、貴族たちの言い争いはエスカレートしていきますが…

その時「やめないか!」と声が響きました。

リンデンとミハイルが貴族たちを一括し、エリーゼを守るように立ちはだかったのです。

そして更に、エリーゼの邪魔になるから出て行けと言って、貴族たちを病院から追い出しました。

エリーゼの決断

エリーゼの邪魔にならないよう、リンデンとミハイルも病院の外へと出ます。

静かになった院内で、エリーゼは必死に考えました。どうするのが最善か。どうにかして2人とも助ける方法は無いものかと。

そして考えた結果、エリーゼは…

手術室を2つ使い、患者2人を同時に手術することにします。

エリーゼがメルキト伯爵の手術をし、その間、ドリスン伯爵が死なないようグレアムにダメージコントロール(応急処置)をしてもらおうと考えたのです。

エリーゼの作戦
  1. エリーゼがメルキト伯爵の手術をし、かつ30分以内に終わらせる
  2. その間、グレアムはドリスン伯爵のダメージコントロールをする
  3. エリーゼは①が終わり次第、ドリスン伯爵の本格的な手術を行う
ひよこ
グレアムの実力が試されるね。
白うさ
グレアムがんばれ…!

 

2人同時に手術をするので、当然ながら手術は困難。しかしどちらの命も助けるために、エリーゼはこの方法を選択したのです。

⇒ネタバレのつづきはこちら

115・116話の感想

全体的な感想

ネタバレ感想

久しぶりに、医者としてのエリーゼが登場します。

今回の患者は、貴族派のメルキト伯爵。エリーゼを陥れようとする悪人の1人ですね。

エリーゼにとっての利益を考えれば、ドリスン伯爵を助けるのが正解ですが…彼女は医者なので、敵も味方も関係なくきっちり治療してくれます。医者の鏡ですね。

メルキト伯爵を助ければ、貴族派からのエリーゼに対する印象もアップするはず。上手くいけば、貴族派からも認められるスーパー皇后になれるかもしれません。

グレアムが無茶振りされた件について

今回の手術は、グレアムの負担がかなり大きいですね。グレアムは優秀な医師とはいえ、そもそもこの世界は医療技術があまり進んでいません。

エリーゼは現代の医療知識があるからまだしも…エリーゼとグレアムには、相当な知識差があるんですよ。

そんな状況の中、いきなりハードモードな手術を任されたグレアム。グレアムは本編で冷や汗を流しながら「マジか」という表情をしていました。

グレアムがんばれ…!

115話の補足

そして解説では省きましたが、エリーゼに手術依頼が入った時…エリーゼはリンデンと同じ部屋で、イチャイチャしていました。

厳密には、忙しくて中々会えたないためリンデンがエリーゼの仕事場に押し掛けてきたのですが、最終的には2人でイチャつきます。

そんな感じで、2人は相変わらず仲良しです。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA