【外科医エリーゼ】84/85/86話ネタバレ感想㉖逃走中ついに追手が!


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の84話~86話までのストーリーについてまとめています。

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ84~85話ネタバレ

逃走中、仲を深める2人

エリーゼネタバレ

前回に引き続き、エリーゼと王子は逃走中。雪が積もったウクラ山脈を進んでいきます。

そして道中、食料調達のために王子が鳥を捕まえて調理するのですが…ここで王子は料理下手という事実が判明しました。

鳥を焼いただけなのに、なぜか非常にマズイ焼き鳥が完成したのです。

 

「さすがにコレは不味すぎる!」と思ったエリーゼは、焼き鳥を再調理します。

王子が持ってきた調味料を借りて、少し味を整えれば・・・あら不思議!おいしい焼き鳥の完成です。

白うさ
エリーゼは前世で1人暮らししてたから、料理スキルが高いみたい。
ひよこ
本来、貴族は料理なんて出来ないだろうけど…エリーゼは転生してるからね。

 

エリーゼのおいしい料理を食べて、王子も感心します。

そして「私にも料理のやり方を教えてほしい。ロンドに戻ったら料理を習って、毎日そなたに料理を作ってやる」と、新婚夫婦のようなセリフを言い出しました。

この甘いセリフを聞いて、エリーゼは思わず顔を赤らめます。

 

仲睦まじい様子で、逃走劇をつづける2人。

夜は洞窟で寄り添いながら眠り、いつしか笑顔で会話をするようになっていました。

ひよこ
完全に両想いって感じだね。もう早く結婚しちゃいなよ!
白うさ
っていうか王子、サバイバルに強すぎない?王族だよね?

 

迫る敵兵。その中にいたのは…

エリーゼと王子は、その日もウクラ山脈を歩いていました。

しかし途中で、王子はピタッと足を止めます。敵の気配に気づいたようです。

 

王子は物陰に隠れつつ、気配のする方向を望遠鏡で確認すると・・・

そこにはルイ・ニコラスの姿がありました。

ルイ・ニコラスの右腕は切り落とされ、包帯でぐるぐるに巻かれています。見るからに負傷している様子ですが、それでも自らエリーゼたちを追ってきたのです。

白うさ
ルイも来てるの!?しつこすぎない!?
ひよこ
しぶとすぎる…ジェイ〇ンかな?

 

追手はすぐ近くまで迫っています。エリーゼと王子がここで捕まれば、今までの努力は水の泡。2人は走って逃げようとしますが…

その先には、敵兵が待ち伏せしていました。

敵兵は2人を見つけるなり、ガンガンと銃を発砲します。敵兵の会話から、生け捕りではなく射殺するよう指示を受けているとわかります。

ひよこ
本来なら、エリーゼと王子は人質にするべき。だけど、ルイが「2人を射殺しろ」と指示したみたいだね。

 

エリーゼを銃弾から守りつつ、王子は能力をつかって再び逃走しようとします。

しかし敵兵も必死で、2人を逃がすまいと発砲を続けました。

外科医エリーゼ86話ネタバレ

王子は能力を使って反撃し、敵がひるんだ隙に姿を隠します。しかし、能力を使った反動で再び体調を崩しました。

ゴホゴホと咳をし、さらに吐血する王子。

その苦しそうな様子を見て、エリーゼはとうとう耐えられなくなりました。そして、激しい口調で思いの丈をぶつけます。

 

殿下だけでも逃げてください。

殿下一人ならここを抜けられます。

殿下が怪我をすることも、辛い思いをすることも、死ぬかもしれない今の状況も、全てが嫌なのです。

だから、一刻も早くここから逃げてください。

白うさ
きゃあ!エリーゼ大胆!
ひよこ
実質、告白したようなものだね。

 

なりふり構わず、自分の気持ちを吐露するエリーゼ。そこに、敵の重々しい声が聞こえました。

エリーゼと王子の眼前に立っていたのは、黒上の中年男性。敵軍の”三騎士”にあたる実力者です。

それに引き換え、今の王子は体力も少なく弱っています。三騎士に勝てるかどうか難しい状態でしたが…

王子は剣を振りかざし、三騎士と兵士たちを相手に戦います。

残りの体力が少ないため、王子は危険な技を使って一度に全員を攻撃しました。

白うさ
エリーゼを逃がすために、王子は残りの力を振り絞ったんだね。

 

王子は敵を全員倒したものの、能力を使いすぎたために血を吐いて倒れます。

エリーゼはすぐさま駆け寄り、王子を抱き起しますが…

敵兵の中の1人はまだ生きていました。敵兵は血を流して倒れていますが、最後の力を振り絞り、王子に向かって銃を撃ちます。

 

王子が撃たれる―――!

敵兵に気づいたエリーゼは、王子に覆いかぶさります。そして王子を守るため、身代わりとなって銃に撃たれたのです。

 

森の中、バンっと響く銃声。

エリーゼは右肩を撃たれ、そこから大量の血を流しています。王子はそんなエリーゼを抱きしめて、必死に呼びかけました。

エリーゼの顔は青ざめ、意識はおぼろ。それでも、懸命に何かを伝えようとしています。

「リンデン」

「あなたにお伝えしたいことが…」

「私…あなたを…」

そこまで言いかけて、エリーゼは意識を手放しました。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA