【外科医エリーゼ】66~67話ネタバレ感想⑰手術後の2人は?

スポンサードリンク

ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。今回は66話から67話(最新話)までのストーリーについてまとめています。

前回、エリーゼは手榴弾の摘出手術を成功させました。

アルバートもみんな無事でしたが、これからどうなるのでしょうか?

白うさ
ようやく手術が終わったね。みんな無事で何よりだよ。
ひよこ
本当に爆発しなくて良かったよね。

感想と一緒に、ネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

スポンサーリンク

下記クリックで好きな項目に移動

66話

アルバート手術(手榴弾の除去)が終わり、エリーゼは一安心します。

ミハイルと2人で手術室を出た後、いつもの服装に着替えて休もうとするのですが・・・

 

そこに、カツカツと足音が響きます。

現れたのはガルト准将という男性。ガルト准将はミハイルを捕まえるために来たようです。

白うさ
えええ!?ミハイルって何かしたっけ!?

 

ミハイルの罪名は「総司令官暴行罪」。

アルバートを手術する直前に、ミハイルは王子を気絶させています(63話参照)

そのため、暴行罪が適用されました。

ひよこ
63話で、王子は「エリーゼに危険な手術なんてさせられるか!」と怒っていたよね。その時に、ミハイルは王子を気絶させて黙らせたんだ。
白うさ
あー!例の首トン事件か!
ネタバレ

【外科医エリーゼ】62~63話ネタバレ感想⑮ついに危険な手術が

 

総司令官暴行罪により、ミハイルは営倉(規律を破った兵士を閉じ込める場所)へと連れて行かれることに。

ミハイルは「行きたくない!」と駄々をこねるものの、ガルト准将はちゃちゃっと縄をかけて連行します。

 

そして、今回はエリーゼにも罰則があります。

罪名は「上官に対する命令不服従」。

王子の制止をふりきって手術したため、エリーゼも謹慎処分を受けることになったのですが・・・

 

エリーゼが通された場所は、豪華でキレイな部屋。おまけに浴槽とお手洗いもあります。

謹慎とは思えないほどのビップ待遇です。

ひよこ
謹慎って言ってるけど、実際は「ゆっくり休んでね!」ってことだろうね。
白うさ
うん、知ってた。王子はエリーゼが大好きだからね。

 

さらにガルト准将によると、王子は「ご苦労だった」と言っていたそうです。

この言葉を聞いて、エリーゼは頬を赤くします。

ガルト准将自身も「個人的にあなたのことを尊敬している」と、ねぎらいの言葉をかけてくれました。

 

ガルト准将が出て行った後、エリーゼはパジャマに着替えてベッドに座ります。

そして布団に寝転がり「陛下ってこんなに優しかったっけ?」「なぜ私のことを心配してくれるの?」と疑問に思いながら、眠りにつくのでした。

67話

前回に引き続き、エリーゼは謹慎処分中です。

与えられた部屋で待機する生活が続きますが・・・

部屋は豪華で食事は毎日お肉。

謹慎中とは思えないような優雅な生活を送っていました。

 

そして三日目。

なぜか部屋のクローゼットに男性用のパジャマが入っていることに気づきます。

白うさ
え、ここって誰の部屋なの?
ひよこ
どう考えても、客用の部屋じゃないよね。

 

その日の夜。

エリーゼが風呂から出ようとすると、部屋に男性の影を発見します。

「キャアアア!」と悲鳴をあげますが、男性の正体は王子でした。

実はエリーゼが謹慎している部屋は王子の部屋だったのです。

 

王子の部屋だと知ったエリーゼは、部屋から出て行こうとします。

しかし、王子が引き止めるので逃げられません。

エリーゼは「まさか私の体が目当て!?」と顔を赤らめるものの、すぐに前世のことを思い出して「そんなはずはない」と自分の考えを否定します。

前世で夫婦だった頃、王子はエリーゼに見向きもせず他の女性にも興味が無い様子でした。

そのため、エリーゼにとって王子は「色恋に興味がない男性」という位置づけなのです。

白うさ
今はエリーゼに恋愛中だけどね。
ひよこ
まあ、エリーゼは気づいてないから・・・

 

王子が「私のことは気にせずゆっくり休め」と言うので、エリーゼはソファで寝ようとしますが・・・

王子が「一緒にベッドで寝ればいいだろう」と言い出したため、慌てて拒否します。

⇒ネタバレの続きはこちら

▽単行本も発売中▽

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA