『悪女が恋に落ちた時』68話のネタバレと感想|ラビロフの心境が変化する


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。68話のストーリーを紹介します。

前回の最後でルペルシャは、ラビロフが自分をどう思っているのか質問しました。それもかなり率直な言葉で。

ラビロフは現状、彼女に好意的ですが…いったい何と答えるのでしょうか?続きを見てみましょう。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

ラビロフの本心を知るため、ストレートな質問をする

質問への答え

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

「まだ私を殺す気がありますか?」

その質問にラビロフは、微笑を浮かべて「ない」と答えますがーーその表情はどこか不穏そうに見えます。

そのためルペルシャは少し警戒するも、ひとまずは胸をなでおろしました。

そしてアリエルとの恋路については、そろそろラビロフ一人で決めるように勧めます。

あまりにルペルシャが介入しすぎると、逆に良くないと思ったのです。

「私がアリエルさんに最大限、冷たく接します。その時、お兄様が優しくなぐさめてあげたら彼女の心も動くでしょう」

しかし彼は、なぜか浮かない表情をして黙り込んでしまいます。そしてふと、不思議そうに質問しました。

「どうして殺さないという言葉を、そんなにまっすぐに信じるのか。嘘ならどうするつもりだ」

ラビロフは恋路のことより、ルペルシャのことが気になっている様子。すると彼女はにこりと微笑み、さも当然のように答えました。

「お兄様を信じているからですよ」

するとその反応が予想外だったのか、ラビロフは変な奴だな…と呟きます。しかし言葉とは裏腹に、その顔はどこか嬉しそうでした。

白うさ
あっ、これは妹に信頼されて喜んでるパターンじゃない?
ひよこ
ラビロフが初めてルペルシャに対してデレたね。

ルペルシャは物語が『変化』したことに気付く

サブキャラたちの現状

ルペルシャの答えに納得したらしく、ラビロフは次の話題に移ります。今まで彼が、カイン・ユジン・ヘレイスの3人と一緒に行動していたことを打ち明けました。

ひよこ
4人で一緒にルペルシャの噂を調査してた件だね。

するとその事実を知ったルペルシャは、顔を青くして冷や汗をダラダラ流します。

というのも今まで彼女は、ラビロフとイケメンたちが接触しないよう必死で根回ししていました。しかし、その苦労が無駄になったと気付いたのです。

彼らが顔見知りになったことは知っていたものの、ただ意見を交わすくらいだと思っていました。だからこそルペルシャは、当然ショックを受けますがーー

しかしこの時、あることに気付きます。

現時点で、イケメンたちは誰一人としてアリエルに惚れていないのです。

むしろアリエルをあざ笑ったり、不愉快そうにしたり…好意的とは言えない反応をしています。

白うさ
みんなアリエルに興味が無いね。

(なぜだろう?原作みたいに魅了されたり惚れたりしなくても、好感すら持たないとは予想できなかった…)

それはルペルシャと彼らが親しくなったせいなのか、それともアリエルが変わったせいなのか。訳が分からず、彼女はぐるぐる悩みました。

ラビロフの言及

ラビロフはさらに、ルペルシャの病気についても言及します。そのため彼女は、お兄様が気にする事ではありませんよと明るく弁解しますが…

内心、この状況が妙だと感じていました。

いくら親しくなったとはいえ、ラビロフは本来アリエルのことでなければ首を突っ込む性格ではありませんから。

白うさ
妹が心配なんだよ。
ひよこ
でもルペルシャ本人は、それに気付いてないんだろうね。

するとラビロフは手を組みながら、静かに聞きます。

「妹は一体何を望んでいるんだ?」

というのも彼視点では、ルペルシャの目的がわからないのです。彼女は皇位も財産も地位も欲しがりませんから。

そして彼は、ルペルシャと交わした契約書――アリエルとの恋愛を手助けする代わりに自由を保障するという契約――について語りました。

「妹、知ってるか?自由というのは解釈によって意味が変わる曖昧な言葉だ。しかし、それに比べて恋愛を助けるという条件は具体的に明示されている。だから妹は必ず守らなければならない」

その言葉に、冷や汗をたらすルペルシャ。一体何が言いたいのかと警戒しているとーー

ラビロフは例の契約書をヒラリと持ち上げ、淡々と言いました。

「一言でいうと…妹との契約を、私は守る必要がない」

⇒『悪女が恋に落ちた時』69話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』68話のネタバレと感想

68話の感想|ラビロフの兄ムーブ

ネタバレ感想

契約を守る必要がない!とラビロフが衝撃発言をしたところで、68話は終了しました。

彼の言葉から察するに、ルペルシャは契約書を作るときにミスをしたようですね。

「今後は互いに接触しない」などの具体的な条件を書かずに「自由を保障してほしい」という曖昧な文言を使ったのでしょう。

となるとラビロフの言う通り、彼は契約書の内容を無視することができます。だって、何を以って”自由”とするかは人によって違いますから。

ルペルシャにとっては「自由=無干渉」だとしても、皆がその解釈をしてくれるとは限りません。

白うさ
ツメが甘いよルペルシャ!

しかしラビロフは、ルペルシャに危害を加える気は無いのでしょう。ここまで散々妹を心配していますし、今回なんて珍しくデレましたから。

恐らく68話ラストのセリフは、妹に「もっと警戒心を持ちなさい!」と忠告しただけかな…と思います。

⇒『悪女が恋に落ちた時』69話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA