翻訳『悪女が恋に落ちた時』67話のネタバレと感想|突然現れたアリエルに困惑する


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。67話のストーリーを紹介します。

前回のラストでは、皇女宮にアリエルがやって来ました。ルペルシャは冷たい態度を取り続けたのに、アリエルはまだ懲りていない様ですね。

この後どうなるのでしょうか?ストーリーを簡単にまとめました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

アリエルは突然、連絡もなしに皇女宮を訪問する

アリエルの用事

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

連絡もなしに突然やって来たアリエル。聞けば彼女は、ルペルシャと一緒に朝食を食べたいと思い来訪したそうですが…

ルペルシャはうんざりした顔で、冷たく言い放ちました。

「お嬢さん、私たちは昨日初めて会った仲です。違いますか?無礼ですよ」

無作法だと指摘するルペルシャ。

しかしアリエルは反省するどころか、恥じらいながら頬を赤らめています。ルペルシャとの距離があまりに近いため、照れたようです。

白うさ
アリエル、お話聞いてあげて???
ひよこ
完全に恋する乙女だね。都合の悪いことは一切聞こえてないみたい。

アリエルはルペルシャに惚れてしまう

どうやら昨晩ゼンが言っていた通り、アリエルは本気でルペルシャに惚れてしまった様子。

さらにアリエルは頬を染めながら、何かを言いかけますがーーこの展開に、ルペルシャは顔を真っ青にしました。

 (うわっ!これは初恋の人に告白する展開じゃない?あぁ、ダメ…こんな話を聞いてしまったら、私はお兄様に殺されちゃう!!誰か助けて!!)

脳裏に浮かぶのは、嫉妬に狂ったラビロフの姿。アリエルに告白されたと知られれば、ラビロフは怒り狂うかもしれません。

が、しかし。

その瞬間、アリエルは忽然と姿を消しました。

目の前にいたはずなのに、魔法のように消えてしまったのです。そして不思議な状況に戸惑っていると、背後から男性の声が聞こえました。

「困っているように見えたので」

振り向くと、そこに立っていたのはダニエル。

ダニエルが魔法を使い、アリエルを皇太子邸に瞬間移動させたようです。

白うさ
ルペルシャが困っていたから、ダニエルが魔法でアリエルを飛ばしてくれたんだね。
ひよこ
ちなみにアリエルは現在、皇太子邸で混乱しているよ。

ルペルシャは予想外の事態に驚きながらも、笑顔でお礼を言います。なにせアリエルの突飛な行動のせいで、本気で困っていましたから。

そしてエマにも、次からはアリエルが来ても通さないように指示しました。

ラビロフに呼ばれ、ルペルシャは宮殿を訪ねる

ラビロフからの呼び出し

ラビロフに呼ばれ、ルペルシャは宮廷へと向かいます。そして執務室を訪れると、彼は真剣な顔で言いました。

「あの小説…本当に燃やしてしまいたい」

アリエルが小説『雪のお姫様とカエルの王子様』にハマってしまい、ラビロフは手を焼いている様子。つまり彼は、小説に嫉妬しているのです。

しかし以前とは違い、ラビロフからは殺気を感じません。それどころか彼は恥じらいながら尋ねました。

「どうしようか、妹?このままでは本1冊に関心をすっかり奪われてしまう。他に作戦があれば早く言ってくれ」

怒るでもなく殺気を出すでもなく、殊勝に相談するその姿。

それを見たルペルシャは驚きました。あれほど執着心の強かった男が、良い方向へと変化したことに気づいたのです。

元々のラビロフは、ヒロインへの愛情よりも所有欲のほうが強い執着男でした。けれど今の彼は、ルペルシャに助けを求め、きちんと悩んでいるのです。

また彼は、ルペルシャに対しても『妹』として接するようになりました。

(人が変わるのは難しい事だけど、もしかしたら不可能な事じゃないのかも。少なくとも、互いの関係は変わるのかもしれない)

ルペルシャはそんな事を考えながら、今まで通りにアリエルに接すれば大丈夫だとアドバイスをしました。

いい方向へと変化したラビロフ

またこの時ラビロフは、ルペルシャの『悪評』にまつわる問題が解決したとも言います。

「宮殿と貴族の間に流れていた噂はかなり収まった」

それを聞いたルペルシャは喜び、微笑みながらお礼を言います。このまま上手くいけば、またイケメン達・・・もといユジンやカインたちと一日中一緒に過ごせるようになるでしょう。

とはいえ、問題の全てが解決したワケではありません。まだ厄介事が残っています。

『一番の難関はお兄様…いや皇太子だ。前よりマシになったとはいえ、彼が私を殺さないとは言い切れない』

なにせラビロフは、アリエル絡みだと何をするかわかりません。だからルペルシャは問題を解決するため、率直に質問しました。

「お兄様、今も私を殺す気がありますか?」

ここまで来たら、もはや正面突破しかないと考えたのです。

⇒『悪女が恋に落ちた時』68話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』67話のネタバレと感想

67話のネタバレ感想|ラビロフがやや可哀想な件

ネタバレ感想

67話のラストでは、ルペルシャが思い切った行動に出ました。

ラビロフの真意を確かめるため、真っ向から「今でも私を〇す気がありますか?」と質問をしたのです。この主人公、本当に大胆ですね。

そして以前のラビロフなら、きっとこの質問に冷笑で答えたのかなと思いますがーー

67話で触れた通り、彼は変わりました。もちろんいい方向に。今のラビロフは相手のことを思いやれるし、ルペルシャのことも妹として見ています。

実際、彼女の悪評を消すために色々と動いてくれましたから。ちゃんと”お兄ちゃん”してるんですよ。

なのにルペルシャは、ラビロフにあの質問をしてしまいました。いやこれ、ラビロフは何て答えるのでしょうね。兄としてショックを受けないか、少々心配です。

⇒『悪女が恋に落ちた時』68話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA