翻訳『悪女が恋に落ちた時』66話のネタバレと感想|好意的なアリエルに冷たく接する


この記事では『悪女が恋に落ちた時』66話のネタバレと感想を紹介しています。

前回ルペルシャは、冷たい態度でアリエルに接しました。好意を持たれても困るだけなので、あえて突き放したワケですが…

あの後どうなったのでしょうか?ストーリーを簡潔に紹介します。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

ルペルシャは冷たい態度を取り、アリエルに嫌われようとする

冷たい態度でアリエルを突き放す

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

「そんなに泣かないでください。格下に見えますよ」

ルペルシャは威圧感たっぷりに吐き捨てます。しかし次の瞬間、セリフ選びを間違えたことに気付きました。

(あれ?ちょっと待って。これ…私が書いた『雪のお姫様とカエルの王子様』に出てくるセリフじゃない?)

うっかり童話のセリフを言ってしまい、恥ずかしさのあまり内心で悲鳴をあげるルペルシャ。

また隣にいるダニエルもそれに気付きいたらしく、隣で笑いを堪えています。そして一方ではーー

『今のセリフは!ゆ、雪のお姫様…!』

童話のファンであるアリエルは、大喜びで顔を輝かせます。

雪のお姫様のような外見のルペルシャがこのセリフを言ったので、ひときわ感動したようです。

ひよこ
アリエルを突き放すつもりが、喜ばせるだけの形になったね。
白うさ
ルペルシャが作者だと知ったら、狂喜乱舞しそう。

そして結局。

ルペルシャは冷静なフリをしながら「お嬢さんは首都に来る途中、疲れが取れなかったようですね」と言い残し、ダニエルを連れてその場を去ります。

アリエルは何か言いたげに見つめていましたが、それには気づかないフリをしました。

雪のお姫様のはなし

「“雪のお姫様”と言いましたが、リシャが書いた小説ですよね?」

城の庭を歩いている最中、ダニエルがからかい交じりに質問します。するとルペルシャは苦笑いをしつつ、そうです…と返事をしました。

『雪のお姫様と蛙の王子様』

実はこの作品、最初は『白雪姫』のつもりで書いていました。しかしジェインの弟たちに読み聞かせている最中に「どうしてお姫様は、継母からいじめられても我慢ばかりしているの?」と質問されたため、ストーリーを大幅に変更したのです。

主人公はじっと王子様のキスだけを待つ白雪姫ではなく、雪のお姫様に。また王子様も成長型のキャラクターに変更しました。

ひよこ
『雪のお姫様』のモデルは、原作のルペルシャ皇女なんだって。
白うさ
それでアリエルはあんなに喜んでたんだね。目の前に推しそっくりな人がいたら誰だって喜ぶよ。

とはいえ、2人がキスでお互いを助け合うという設定だけは諦められません。

王子様は毒リンゴを食べて死んでいくお姫様に、永遠に人になれないことを甘受してキスを。それと同じように、姫も死んでいく王子に命がけのキスをする。お互いに救い合うキスの魔法。

(でも、それがアリエルを惑わすとは誰も思わないわよ!)

心の中で叫ぶルペルシャ。また同時に、原作のことを考えると実に皮肉だ…とも彼女は思います。なにせ原作のアリエルと本来のルペルシャは、犬猿の仲でしたから。

皇女宮に帰った後、ルペルシャはゼンに事情を話す

『最悪な可能性』を指摘される

皇女宮に帰ってくると、ルペルシャは着替えてベッドに寝転がります。今日はいろいろあったので本当に疲れたのです。そしてゼン(鷲の姿をした人工精霊)に、アリエルのことを愚痴りました。

「兄に好きな人がいるのに、私が兄の恋愛を台無しにしてしまったの。しかもその子、私のことを雪のお姫様だと言いながら追いかけてくるのよ」

しかし話を聞いたゼンは、困ったような顔をして言います。

「ご主人、そういうのを世間では…惚れたと言うのでは?」

アリエルが自分に惚れた。

予想外の指摘に、ルペルシャは顔を真っ赤にしてあり得ない!と叫びます。そしてパニック状態になりながらも、必死でその可能性を否定しました。

(別に優しくしたワケでもないし、原作と変わらずに接したのに!よりによってヒロインに好感をもたれるなんて!!)

けれど冷たく接したから、すぐ疎遠になるはず。どうか、どうかそうでありますように!ルペルシャは寝転がったまま、必死で祈りました。

白うさ
妙な状況になってきました!
ひよこ
どこかで物語の歯車が狂ったのかな?

望まぬ来訪者

そして翌朝。冷静さを取り戻したルペルシャは、テラスに立ちながら今後について考えました。

アリエルの行動パターンは十分に予想できます。きっと今頃は、妖精さんーーもといラビロフの庇護のもと皇居を探索しているでしょう。

そしてラビロフと遊ぶことに夢中になれば、いずれ自分への関心も冷めるはず。だからもし会っても大丈夫。冷静かつ残酷に振る舞えば、何も心配することはない。

ルペルシャはそう考えていたのですが・・・

その直後。

メイド長のエマが、申し訳なさそうに「来客がいます」と連絡しに来ます。そしてエマの背後に立つ人物を見た瞬間、ルペルシャは驚きました。

なんとアリエルが面会に来たのです。

⇒『悪女が恋に落ちた時』67話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』66話のネタバレと感想

66話の感想①歯車はどこで狂ったのか?

ネタバレ感想

今回は『悪女が恋に落ちた時』の66話について紹介しましたが、妙な展開になってきましたね。

本来なら天敵であるはずのアリエルが、なぜかルペルシャに好意を持ってしまいます。しかも前日に冷たく接したばかりなのに、わざわざ皇女宮へと訪ねて来ました(しかもアポなしで)

ルペルシャはただ隠居したいだけなのに、物語はどんどん予期せぬ方向へとズレていきます。それこそ歯車が狂ったような状況ですね。

ルペルシャ本人は現状について「どこで間違ったんだ」的なセリフを言っていましたが、管理人的には小さな差が積み重なって結果的に大きくズレたんだろうな…という印象です。

66話の感想②韓国マンガのお約束パターン

66話のラストでは、アリエルが予約も入れずに面会しに来ましたね。

相手はルペルシャ…つまり皇女なのに、男爵の娘がアポなしで突入。言わずもがなマナー違反です。普通は怒られますし、エマも渋い顔をしていました。

韓国マンガの女の子って、アポなしで突入する子がやたら多い気がします。特にアリエルのような、元ヒロイン枠はなおさら。

他作品だと『捨てられた皇紀』の美優や『接近不可レディー』のガブリエルなども、事前連絡なしで会いに行っては不興を買っていました。

もはやこのパターンは、韓国マンガのお約束展開なのかもしれませんね。

⇒『悪女が恋に落ちた時』67話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA