翻訳『悪女が恋に落ちた時』65話のネタバレと感想|アリエルが衝撃的な告白をする


マンガ版『悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。65話のストーリーについて、ネタバレと感想を紹介します。

前回アリエルは、なぜかルペルシャのことを気にしていました。悪女だと罵るくせに、彼女のことが頭から離れないようです。

今後はどうなるのでしょうか?ストーリーを簡潔にまとめました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

会場へと戻ったルペルシャは、貴族たちに挨拶をして回る

ガイルから注意された結果

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ガイルから人前に出るよう注意されたものの、ルペルシャは貴族文化に慣れていないため舞踏会でどう振る舞うべきかわかりません。

そこで無難に、適当に話をしながら複数のグループをあちこち移動することにします。

またついでに、困っている人がいれば助けてあげようとも考えました。

貴族たちは今回もルペルシャの噂をするが…

首都の貴族たちは噂に明るいため、今回の舞踏会でもルペルシャにまつわる話をします。しかしその内容は、これまでの皇女のイメージとはかなり違うものでした。

「皇女様が、困っている令嬢を助けたそうよ」

「老若男女の差別なく会話を交わして、その上ずっと微笑を浮かべていたのだとか」

その噂を聞いたある貴婦人は、どうせデマだろうと疑いますが・・・

その時、目の前でルペルシャが令嬢を助けているシーンを目撃します。

ドレスの裾を踏んで転びそうになった令嬢を、ルペルシャが支えていたのです。それを見た貴婦人はとても驚き、また他の貴族たちも『まるで別人になったみたい…』と感心しました。

ひよこ
ルペルシャは現状、人助けをしつつ万人に差別なく話しかける皇女に見えてるよ。
白うさ
周囲にはそう見えるだろうね。実際、ルペルシャはいい子だし。

舞踏会の最中、アリエルが衝撃的なセリフを放つ

アリエルが放った、衝撃的なセリフ

会場内で、ルペルシャがダニエルと話している時。

そう遠くない位置から、アリエルがこちらを見つめていることに気付きます。

しかも彼女がこちらに近づいてくるので、ルペルシャは慌てました。

(まさか、さっきのことで濡れ衣を着せる気じゃないでしょうね?すべて皇女様のせいだと言って泣いたり…うわっ!考えただけで疲れる!!)

あっち行って!と内心で悲鳴をあげるルペルシャ。しかし予想に反し、アリエルは瞳をキラキラと輝かせながら言いました。

「あの、殿下…さっき私を助けてくれましたね」

アリエルは頬を染めて俯きなが、もたもたと何かを伝えようとします。しかし関わるとろくな事がないので、ルペルシャはわざと冷たい態度を取りました。

「まさか、ありがとうとでも言うつもりですか?さっき助けた時、手を振り払って出て行ったのだから、別の用事があるのでしょうね。言ってください。何の用事ですか?」

こう言えば、アリエルはすぐに泣いて会場の外に飛び出すでしょう。悪女の噂がもっと広がるかもしれませんが、仕方がありません。

しかしその予想はまたもやは裏切られ、アリエルは泣くどころか力いっぱいに主張しました。

「私はあの時、殿下の美しさに慌ててただけです!!!」

アリエルの態度が急変する

予想外のセリフに混乱するルペルシャ。しかしアリエルはお構いなしに続けました。

「今やっとわかりました!殿下が助けてくださった瞬間、私は光を見た気がしました。令嬢たちが私を侮辱した時、唯一、殿下が私を救ってくださったのですから!」

つまりアリエルは、あの時ルペルシャに怯えて逃げたのではなく、美しさに驚いてつい走り去ってしまったのです。

白うさ
えぇ…さっきまでルペルシャの悪口言ってたのに、変わり身が激しくない?
ひよこ
でも嘘はついてない様だね。本心から慕ってるみたい。

アリエルの主張を聞き、ルペルシャは困った顔をします。

加害者として追い込まれるよりはマシですが、アリエルには近づきたくないのです。

なぜならラビロフが嫉妬するかもしれませんし、ユジンやカインたちが原作のように危険に陥るかもしれませんから。それだけは絶対に防がなければなりません。

そのためルペルシャは、もう一度冷たい態度を取ることにします。腕を組み、見下すような視線をアリエルに向けて言いました。

「私はそういう賛辞をもらうためにお嬢様を助けたのではありません。それから、そんなに泣かないでください。格下に見えますよ」

⇒『悪女が恋に落ちた時』66話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』65話のネタバレと感想

65話のおさらい|アリエルの態度が急変する

ネタバレ感想

アリエルは前回まで、ルペルシャの悪口を言ったり責任転嫁したりと酷いことばかりしていました。

しかし65話ではアリエルの態度が一変し、急にルペルシャのことを褒め称えます。

裏があるワケではなく、純粋に慕っている様です。64話でルペルシャの手を振り払ったのも、ただ驚いただけとの事。

とはいえアリエルと親しくすれば、ラビロフの嫉妬を買うかもしれません。

そうなっては今までの苦労が水の泡。そのためルペルシャは、彼女にわざと冷たくあたって自分から引き離そうとします。実際はそれほど怒っていませんが、懐かれても困るので冷たい態度を取り続けたのです。

65話のネタバレ感想|アリエルの態

今回、アリエルの態度が急変しましたね。一体何が起きたのか、ルペルシャ大好きっこに変身しました。泣きわめくよりはマシな状況ですが・・・

皆様、お気づきでしょうか。

アリエルは一度も「ごめんなさい」と言っていません。自分の行動について言い訳するだけで、ルペルシャへの非礼を一度も詫びていないのです。

アリエル、君そういう所だよ。

とはいえルペルシャに指摘されたのだから、次回あたりで最低限の謝罪はするかも…いやわかりませんね。アリエルですから。

⇒『悪女が恋に落ちた時』66話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA