『悪女が恋に落ちた時』50~51話のネタバレと感想!ルペルシャの恋愛講座


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。50話~51話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回の最後で、ダニエルは気絶したルペルシャを介抱しました。しかしその現場をユジンに発見され、とんでもない勘違いをされますが…

この先どうなるのでしょうか?感想を交えながら紹介しきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

50話ネタバレ

ダニエルは変質者と間違われる

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

眠るルペルシャを横抱きにして運ぶダニエル。しかしユジンは痴漢と勘違いし、彼を睨みつけました。

対峙するダニエルとユジン。2人の間には、嫌悪な空気が流れますが…

ダニエルは冷静に、気絶した女性を介抱しただけだと説明します。そして微笑みながら、彼女の体をユジンへと渡しました。

・・・

ユジンは丁重にルペルシャを抱きかかえ、大事そうに運びます。その背を眺めながら、ダニエルは思いました。

ユジン・デ・ボルタン卿は、随分と切なげな目で主人を見るんだな…と。

また同時に、ルペルシャのことも様子見しようと考えます。今日こそは処分しようと思っていたけれど、想像以上に彼女が興味深かったのです。

ひよこ
なおこの間、ルペルシャは一切目を覚まさなかったよ。
白うさ
男達がこれだけ騒いでるのに!?

ラブレター講座①アリエルからの返事

45話にて、ルペルシャの恋愛講座を受けたラビロフ。その時にアリエル宛の手紙を出したところ、ようやく返事が届きました。

そのためルペルシャは再びラビロフの屋敷を訪れ、返事に目を通しますが…

ここで予期せぬ事態が発生します。

アリエルは幼い頃から今に至るまで、ずっと「ラビロフ=妖精さん」という認識だったのです。

そのため手紙には「瞬間移動して今すぐ私に会いに来て!」と無理難題が書かれていました。

それを指摘すれば、彼は困った顔でため息をつきます。その様子に、ルペルシャは笑っていけないと思いつつも顔がゆるみました。

白うさ
アリエルが予想以上の世間知らずだった。
ひよこ
ピュアを拗らせるとこうなる。

ラブレター講座②正体を明かしましょう

そこでルペルシャは、正体を明かすよう提案します。

花を一輪添えた手紙を出して、自らの素性を明かしつつ建国祭に招待すればいいとアドバイスしますが…

女心のわからないラビロフは、なぜ花を添えるのかと怪訝な顔をします。

彼女はその反応に苦笑いしつつも「その方がロマンチックだからですよ」と説明してあげます。すると彼は、素直にアドバイスに従いました。

というのもこの男、難しい顔をしながら脳内では「妖精さんが皇太子様だなんて幸せ(ハート)」と微笑むアリエルを想像していたのです。

ラブレター講座③文章はロマンチックに!

さっそく手紙を書こうとするラビロフに、ルペルシャは熱心にアドバイスをします。

文章を書くときは、丁寧かつ親しく。そして何より、ロマンチックに書くのが条件ですよ!

彼はその熱意に気圧されながらも、頬を染めてわかったと返事をしました。

そして一方、ルペルシャは皇太子の希少なデレを見て驚きます。また同時に、今なら契約書(※)にサインしてくれるだろうと考えました。

※ルペルシャが作成した、彼女の隠居に関わる契約書のようです。詳しい内容は今のところ不明。

ルペルシャは契約書を渡す

ルペルシャが契約書を渡すと、ラビロフはさっそく目を通します。

そして読み終えるとニヤリと笑い、目を細めて「この契約書に後悔はないか?」と尋ねました。

急に笑いだす彼に、顔を青くするルペルシャ。契約書に問題はないはずなのに、なぜ笑われるのか理解できなかったのです。

とはいえラビロフは、否定的な反応は見せていません。そのため彼女は、後悔はありませんと力強く返事をしました。

・・・

ルペルシャが退出した後。執務室にはラビロフと、少し前にやって来た側近・ガイルだけが残ります。

そして静かになった部屋で、ガイルは「契約書にはどんな文章が書かれていたのですか?」と尋ねました。嫌な予感がしたのか、その顔には冷や汗が浮かんでいます。

そんな中ラビロフは、無言で契約書を見せてくれますが…

内容を読んだガイルは「これは…!」と目を見開きました。

白うさ
待って待って。何が書かれてたの?
ひよこ
ルペルシャ曰く「問題のない内容」らしいけど…

51話ネタバレ

※準備中

⇒52話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』50~51話までの感想

50話の感想①アリエル編

ネタバレ感想

アリエルは真正のピュア娘で、想像以上の世間知らずでした。

小説のヒロインに相応しく、良くいえば純粋無垢。しかし外の世界を知らず屋敷の中で育ったせいか、度をこした世間知らずです。

そのためアリエルは、今もなおラビロフのことを妖精だと信じている様子。しかも妖精は瞬間移動ができるという、謎の設定つき。

多分、絵本か何かでそういうシーンがあったのだと思いますが…

とりあえず、過剰なほどの箱入り娘だとわかりますね。

白うさ
妖精=瞬間移動ができるという謎の思考回路。

50話の感想②契約書について

ルペルシャは今回、ラビロフに契約書を渡していました。彼女によると、内容に問題はないとの事ですが…

なぜかラビロフは、契約書の内容を見てニヤニヤと笑います。さらに側近のガイルも、文章を見て驚いていました。

という事は、彼らにとって予想外の内容が書かれていたのでしょうね。

例えばルペルシャにとって極めて不利だとか、前代未聞の条件が書かれているとか、内容が穴だらけ(つまり簡単に約束を破れる)とか。

いろいろと可能性は考えられます。そして内容がとても気になります。

⇒52話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA