『悪女が恋に落ちた時』20~21話のネタバレと感想!カインの過去


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。20話~21話までのストーリーをまとめて紹介します。

夜中に散歩をしていると、庭でカインと鉢合わせたルペシャ。見かけによらずシャイな彼に、優しく微笑みかけますが…

今後、彼との仲は進展するのでしょうか?感想を交えながら、ストーリーを紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

20話ネタバレ

カインの正体

恋愛ラブストーリー風のイラスト

夜の散歩中、偶然にもカインと鉢合わせたルペシャ。笑顔で彼に挨拶をすると、どこかで怪我をしたり死んだりしないでほしい…と伝えました。

何を隠そう、カインの正体はヴァンパイアと人間のハーフ。

生まれのせいで心に闇を抱え、原作でも”暗い結末”を迎えていました。

おまけにカインは意外と気弱なため、ルペシャは心配していたのです。イケメンが傷つく姿など、見たくありませんから。

カインの悲しい過去

いつまでも元気でいてほしい。そう言って微笑むルペシャに、カインは”昔話”をします。彼はまじめな顔で、昔話についてどう思うか尋ねました。

カインの昔話

ある日、望まれない子供が生まれました。その子はいつも1人きりでしたが、初めて友達ができて大喜びします。
しかしある日、友達は言いました。お前の望みどおり友達になってあげたから、代わりに血肉と心臓を差し出せと。
子供はその願いに応じてしまい、大人になってから「利用されていた」と気付いたのです。

ひよこ
実はこれ、カインが子供のころの話だよ。友達=皇太子だね。
白うさ
皇太子、本っっっ当にろくでもないな!?

昔話を聞いたルペシャは、きっぱりと言いました。

その子はすぐに、相手から離れるべきです。本当の友達は、そんなもの欲しがりませんから。

その言葉にカインは目を見開きます。

ルペシャの願いを叶えようと決意したカイン

昔話を終えたカインは、唐突に「明日は私とユジンが同行します」とルペシャに告げます。

またこの時、何があっても皇女様の望みは叶うでしょうと言って、去っていきました。

ルペシャは言葉の意味がわからないものの、彼が自分を思ってくれたのだと察します。その事に、ふわりと笑いました。

そして翌日。

ルペシャに外出許可が出ました。ようやく皇女宮の外に出られるのです。もちろん周囲は反対しましたが、カインとユジンが説得をしてくれました。

ひよこ
おお!カインの宣言通りになったね!
白うさ
という事は、”他キャラに会いたい”という望みも叶うのかな?

 

はじめての外出に、ルペシャは大喜び。泣いて心配するロックスに、お礼を言いながら抱き着きます。

そして勢い任せに、ユジンとカインにも抱き着きました。

ぎゅうっと抱きしめられ、驚くユジン。カインに至っては、赤面しています。

外出許可が出たのは、カインのおかげ

ユジンによると、外出許可が下りたのはカインの努力あってのこと。周囲を必死で説得してくれたそうですが…

暴露されたカインは赤面。

一方ルペシャは、恥ずかしがるカインの可愛さに衝撃を受け…そのまま気絶しました。尊くて倒れたのです。

ひよこ
死因:尊死。
白うさ
ルペシャ大丈夫?二重の意味で。

突然倒れたルペシャを、周囲はひどく心配します。

そんな中、ルペシャは心に誓いました。後回しにしていたカインの問題を、すぐに解決しようと。

21話ネタバレ

カイン視点

カインは最初、ルペシャを利用するつもりでした。

何故なら、憎きラビエルに最もダメージを与えられるのが彼女だから。カインにとって、彼女は切り札だったのです。

しかし結局、ルペシャを利用できませんでした。彼女の眼差しに、か弱い母の姿が重なって見えたのです。

さらに実際にあったルペシャは、想像とは違い陽だまりのような人。彼女の温かい言葉で、カインの心は随分と軽くなったのです。

それこそ、命ある限りそばで仕えようと誓うほどに。

ひよこ
利用するつもりが、絆されちゃったか。
白うさ
二次元あるある。

ルペシャによるカイン攻略計画

カインを攻略するため、ルペシャは早朝に空地へと向かいます。この時間なら、彼は空き地でトレーニングをしているので2人きりで会話ができると思ったのです。

そして空き地に到着すると、そこには1人きりで剣をにぎるカインの姿が。彼女はルペシャの姿に驚きながらも、肌寒いからと自分の上着を貸してくれました。

その優しさと麗しい微笑みに、ルペシャはメロメロです。

白うさ
いや、逆に攻略されてるよね?

カインを攻略するため”魔法の言葉”を使う

カインによると、彼はこの空き地で”心”を鍛えていたそう。

彼の心には根深いトラウマがあり、慰められて消えるほど単純なものではありません。そのためカインは、心の修練を行っていたのです。

この事実は、もちろんルペシャも知っています。なにせ原作を読みましたから。そこで彼女は、カインの心を軽くする魔法の言葉を言いました。

「もし心が苦しいなら、ゆっくり休んだ方がいい」と。

実はこのセリフ、原作でヒロイン・アリエルが言っていた言葉。このセリフに彼は救われ、主人公に恋をしたのです。

つまり。

ルペシャが先にこのセリフを言えば、彼がアリエルに惚れることは無いのです。

⇒22話のネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』20~21話までの感想

20話感想|カインを早く保護してほしい件

ネタバレ感想

カインの正体は、なんとヴァンパイアでした。ただし純血ではなく人間とのハーフ。おまけに望まれない子供だったので、1人寂しく幼少期を過ごしたそう。

おまけに原作では、ラビエルに騙されて利用されて不幸になって…

カイン、不憫すぎません?一刻も早くラビエルから隔離しないと。保護案件ですよ。

ひよこ
ラビエルが自己中心的すぎて、ドン引きする。

というかカインは、人間の血とか見ても大丈夫なのでしょうか。血を見たらうっかり嚙みついちゃう…みたいな設定があったら、もう頭を抱えますよ。管理人が。

あんなに真面目でピュアな良い子が、不幸になるルートは見たくありません。ルペシャには、早急にカインを保護してほしいですね。

考察|ラビエルの儀式について

カインの昔話によると、彼は皇太子(ラビエル)に血肉と心臓を渡したようです。恐らく、何らかの儀式を行ったものと思われます。

心臓なんて超重要なものを使う儀式となると、ラビエルが行ったのは効果の強い儀式なのでしょう。

管理人のファンタジー知識だと、この手のパターンは服従・隷属系の儀式が多いイメージです。

心臓を渡す=命を握られる、と同意ですから。とりあえず、まともな儀式ではないでしょう。すごく邪法くさい。

しかも儀式を行う時、カインは笑顔で応じてしまいます。ラビエルの「友達になってやったから心臓をくれ」という残酷な願いに対して、ニコニコしながら答えるんです。

このシーン、地味にキツい。

ひよこ
ピュアすぎるよ、カイン!少しくらい疑いなよ!

この昔話を聞いたルペシャは「それは友達じゃない」と断言します。カインの話を真剣に聞き、相手から離れるべきだと主張しました。

ありがとうルペシャ。君は管理人の代弁者だよ。もっと言ってやれ。

そして彼女の言葉に、カインも感化されます。多分ルペシャの真剣さ・思いやりが、彼にも通じたのでしょうね。

だからロックスたちを必死で説得して、ルペシャの願いを叶えたのかなと思います。

⇒22話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA