『再婚承認を要求します』78~79話ネタバレと感想!離婚話が公表される


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。78話~79話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回のラストでは、クイーン(ハインリ)がようやくナビエの元に到着しました。離婚まであとわずか…という状況ですが、この先どうなるのでしょうか?

感想を交えながら、ストーリーを紹介していきます。

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

『再婚承認を要求します』78話ネタバレ

手紙の内容に、ナビエは違和感を覚える

再婚承認を要求します
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

翌日の朝。

目を覚ましたナビエは、ベッドに入ったままハインリからの手紙に目を通します。そこには次のように書かれていました。

私はすぐ傍まで来ているので、直接お会いしたいです。明日、エルギ公爵の部屋でお待ちしています。

手紙を読んだナビエは、違和感を覚えました。

従者のアルティナが帰還したのは、わずか数時間前。どうやってハインリは、この短時間で東大帝国までたどり着いたのでしょうか?そもそも、なぜエルギ公爵の部屋にいるのかも謎です。

白うさ
A:鳥になって飛んできたから。
ひよこ
気付きそうで気づかないね。

そしてふと、隣にいるクイーンの首元を撫でてやります。

パチリと開いた瞳は美しい紫色で、それを見たナビエはハインリの笑顔を思い出します。何だか嬉しくなって翼に口づければ、クイーンは顔を真っ赤にしました。

緊急国政会議

その日、ソビエシュは緊急国政会議を開きます。

ナビエにも必ず参加するよう通達があったので、離婚の話をする気なのでしょう。

・・・

白く上品なドレスを着て、謁見室の皇后席に座るナビエ。

すると隣の国王席にいるソビエシュは、彼女を見るなり申し訳なさそうな顔で「すまない」と謝りました。そして何かを言いかけますが…

ナビエは「謝罪を受ける気はありません」と一刀両断。視線すら合わせません。

ソビエシュは慌てて弁解するものの、大神官の登場によりその言葉は遮られました。

ソビエシュは離婚を発表する

離婚

大神官が目の前まで来ると、ソビエシュはナビエとの離婚を発表しました。

すると当然ながら、貴族たちはこぞって反対します。考え直してください皇帝陛下。これはあんまりですと。

しかしソビエシュは、決定事項だと言って貴族たちの主張を一蹴しました。

・・・

謁見室から出て、ナビエが廊下を歩いている最中。柱の陰からラスタがひょっこりと顔を出します。そして彼女は、沈痛な面持ちで告げました。

皇后陛下はラスタを嫌っていますが、ラスタは皇后陛下を嫌っていません。あなたが出て行った後も、ずっと覚えていますね。

しかしナビエは「覚えていなくて結構です」と言い放ち、さっさとその場を去りました。

ハインリはナビエを慰める

その後ナビエは、一人でエルギ公爵の部屋を訪れます。

すると部屋から出てきたのは、嬉しそうに目を細めるハインリ。彼は「ずっと待っていました」と言ってナビエを招き入れると、緊張した面持ちで両腕を広げました。

ナビエは一瞬ポカンとするものの、何も言わずハインリの胸に身を預けます。

すると彼はぎゅうっとナビエを抱きしめ、彼女の首筋に顔をうずめながら言います。すべて聞きました…と。

その言葉ひとつで、ナビエは彼の心中を察します。

ハインリは心の底から、ナビエを心配しているのでしょう。彼女を想い、我が事のように胸を痛めているのです。

だからナビエは、彼の背をやさしく撫でながら「私は大丈夫です。あなたが来てくれたから」と告げました。

ひよこ
ナビエとの結婚は嬉しいけど、でも彼女が離婚で傷つくのは嫌なんだろうね。
白うさ
複雑な心境だね。

ハインリの決意と告白

ハインリはそっと体を離し、ナビエの前に跪きます。そして彼女の手の甲にキスをして言いました。

あなたが1人でいる時間を、少しでも短くできれば良い。

その言葉に「あなたなら可能でしょう」と言って微笑むナビエ。その顔は、離婚を言い渡された直後とは思えぬほどに穏やかでした。

『再婚承認を要求します』79話ネタバレ

ハインリとの会話①エルギ公爵はどこに?

ハインリはナビエを席に座らせると、手ずからお茶を淹れてくれました。

この部屋には現在、ナビエとハインリが2人きり。そこには部屋の主・エルギ公爵がいないので、彼女は不思議に思いますが…

ハインリによれば、事前にエルギ公爵を追い出したそう。彼は本当に浮気者なので、ナビエに近寄らせたくないのだと言います。

その言葉を聞いたナビエは、2人の関係に疑問を持ちました。友人同士なのに、お互いがいない場所ではなぜいつも悪口を言い合うのかしら…と。

ひよこ
そういえば、エルギもハインリの悪口を言ってたね。
白うさ
この2人が友達かどうかすら怪しいよ。利害の一致で一緒にいるだけかも。

ハインリとの会話②今後の作戦

ハインリの淹れたお茶を飲みながら雑談している最中。

ナビエはふと、ソビエシュのことが頭に浮かびます。彼の性格上、ハインリが離婚法廷に出席できないよう邪魔をするかも知れません。

そのことを伝えれば、ハインリは得意げな顔で答えます。

心配しないでください。”準備”は上手くいっているので、あなたは離婚が承認されたらすぐ再婚を申し込めばいい。私がそのタイミングに合わせて登場すれば、みんな仰天するでしょう。

その言葉に、釣られて微笑むナビエ。またこの時彼女は、以前から気になっていた質問をしました。

あなたは私の手紙を読んでから”ここ”に来たんですよね?なぜこんなに早く移動できるのですか?

するとハインリは目を反らし、曖昧に笑いながら「今は話せません」と答えます。

しかし結婚後に打ち明けるというので、ナビエはそれを承諾しました。きっと機密事項だから話せないのだろうと考えたのです。

ハインリとの会話③結婚後にしたいこと

ハインリは相変わらず緩んだ表情のまま「結婚後、一番最初にしたいことは何ですか?」とナビエに尋ねます。

しかし質問した瞬間、彼は真っ赤になって慌てました。

というのも、初夜の話と勘違いされたらどうしようと焦ったのです。そのため彼は、いかがわしい質問ではないと必死で否定しますが…

一方でナビエは動揺した素振りも無く、ただ静かな声で「…帳簿をはやく見たいです」と答えました。

ひよこ
帳簿を見たい=皇后としての仕事をしたいって事かな?
白うさ
皇后という役割がないと、落ち着かないんだろうね。

皇后宮にて、ナビエは1人きりで過ごす

皇后宮に戻ったナビエは、窓際に立ちザアザアと雨の降る様子を眺めていました。

離婚法廷が開かれるまで皇后宮の外に出られないため、彼女はひとり自室で過ごさなければなりません。

というのも150年前。

当時の皇后が離婚する直前に皇帝殺害を企てた(もちろん失敗した)ため、それ以来は離婚法廷が開かれるまで皇后と外部との接触が禁止されたのです。

離婚裁判前にソビエシュが訪れる

するとナビエの元に、ソビエシュが訪れます。

別れの挨拶でもしに来たのですかと聞けば、彼は悲しげに「離れている時間は短い」と答えました。

ソビエシュにとって、離婚はあくまで一時的なもの。いずれナビエを皇后へ復帰させる算段です。しかし、当の本人はその計画を知りません。

そのためナビエは、珍しく嘲笑を浮かべて言いました。離婚をすれば私たちは他人になります…と。

するとソビエシュは焦って「しばらく離婚をするだけで私たちは他人になりはしない」とナビエに手を伸ばしますが…

彼女はその手に触れもせず、ふいと顔を反らし部屋の奥へと去って行きました。ナビエの内面を閉める感情は、もはや空虚感よりも怒りが勝っていたのです。

ーーーそして数日後。

ついに決戦の日、離婚裁判の幕開けです。

⇒80話ネタバレはこちら

78~79話の感想

78話の感想①ナビエの心境

ネタバレ感想

78話ではとうとう、ソビエシュが離婚を発表します。

そして当然ながら、貴族たちは猛反対。非のないナビエと離婚するなど有り得ない話であり、そもそもラスタに皇后が務まるワケありません。

けれど離婚は決定事項で、ソビエシュの一方的な通知により会議は終了しました。

そしてこの間、ナビエはいつも通り鉄面皮でしたが…

内心では、きっと悲しんでいたと思います。こうなると頭では理解していても、いざ現実になると辛いものですから。

そもそも、あの状況で辛くない人はいません。周囲の視線も痛かったでしょう。

78話の感想②ハインリの英断

個人的には、ハインリが間に合って本当に良かったなという印象です。

彼がいたからこそ、ナビエの傷も多少軽減されたのかなと思います。

もし集会後にナビエが1人きりだったら、ダメージはもっと大きかったはず。それこそソビエシュが側室を迎えたときのように、1人泣いていたかもしれません。

78話の感想③ラスタについて

なんでこの子は、毎回余計なことばかり言うのかなあ。

本編でラスタは「ずっと皇后陛下のことを覚えていますね」と言っていましたが、あのタイミングで彼女が言うのは悪手なんですよ。火に油を注ぐだけです。

79話の感想

離婚裁判の直前に、ソビエシュが皇后宮を訪れます。

しばらくナビエと会えなくなるから、彼は寂しかったのかもしれません。また、自分と同じくナビエも悲しんでいると考えたのでしょう。

ソビエシュの台詞から読み取れるように、彼にとっての伴侶はナビエだけ。ラスタはあくまで側室であり、伴侶にはなれません。

しかし残念ながら、この時すでにナビエの心は離れていました。

ソビエシュの顔を見ても、悲しいどころか怒りが込み上げてくる状態。もう彼のことを伴侶だとは思っていません。

というか、すでにハインリと再婚の約束もしてますから。もうナビエにとって、離婚は通過点でしかありません。

でもソビエシュは、それを知らないんですよ。もう夫婦仲が修復不可能なのに、ナビエがいずれ自分の元に戻ってくると信じています。

自業自得とはいえ、今後の展開を考えるとちょっと可哀想。

というか再婚の話を聞いたら、彼は確実にブチ切れるでしょうね。絶対に再婚を邪魔するはずです。

⇒80話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

4件のコメント

初めてコメントさせていただきます!
いつもいつもありがとうございます。
今回はもう、御身体の具合が悪くなってしまったのかしらと、まるで友人の体を心配するような気持ちで、心配しながら更新をお待ち申しておりました。
なには、ともあれ、更新、ありがとうございます。

心配して頂いてありがとうございます!管理人はピンピンしてるので大丈夫ですよ!
更新状況については、韓国のサイト次第なので気長にお待ちいただけると嬉しいです。

更新して頂けて良かったです!

ラスタは、人間の、しかも女性の嫌なところを凝縮したような女性ですね。(私も女性)
もっと相手の気持ちを汲み取って、うまくバランスを取れば、こんなことにならなかったでしょうに。
最終話のネタバレも読ませて頂いたので、終着点が分かっていますが、そんなことにはならなかっただろうに……と。

強欲、人のものを奪うこと、嘘をつくことは、時と場合によると言う人も居ますが、このお話はそういう人の愚かな行いの顛末を描いてくれていますね。

これから楽しみしています。宜しくお願いします。

相談もせずに離婚を決めても自分が呼び戻せばまた元に戻れると思っているのかしら?
でも戻った時には他人の子供を育てさせるんだよね?嫌いな女の子供をね。
どうしてそんな酷いことを小さな時から一緒にいた妻に出来るんだろうね。
ハインリがいて本当に良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA