【結婚商売】6話のネタバレと感想|失礼なメイドに対し、ビアンカが罰を与えた結果


漫画『結婚商売』の6話のネタバレと感想です。

主人公のビアンカは廊下を歩いている途中、メイドが自分の悪口を言っているのを聞いて激怒します。そしてメイドに罰を与えますが、そのとき夫のザカリーが現れました。

この状況を前にして、ザカリーはどんな反応をするのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

>『結婚商売』ネタバレ全話はこちら

メイドのアントを折檻している最中、ザカリーが現れる

タイミング悪くザカリーが現れる

結婚商売ネタバレと感想

(まさかこのタイミングで伯爵が現れるなんて…)

よりによって折檻している最中にザカリーが現れたので、ビアンカは険しい顔をします。

しかしその一方で、メイドのアントは顔を輝かせました。心の広いザカリーなら、きっと自分を助けてくれると思ったのです。

ひよこ
ザカリーは自分の小麦を盗んだ人でも許してあげる、心が広い領主様なんだ。
白うさ
この時代なら厳しい罰を受けるのが妥当なのに、本当に優しい人なんだね。

そしてこの時、アントの嬉しそうな表情を見たビアンカは“ある勘違い”をします。

というのもアントがザカリーの情婦(愛人)だと思い込んだのです。

そのためビアンカは彼をキッと睨みますがーーー

予想に反してザカリーは、ビアンカを心配して医者を呼ぶよう執事長・ヴァンサンに命令しました。というのも彼女は力いっぱい鞭を振ったため、手の平が血まみれになっていたのです。

しかしビアンカは悔しさのあまり、憎まれ口を叩きます。

「私は結構です。医者は伯爵様の大切なあの子の顔のために呼んでください。あの子が伯爵様の情婦ですよね?」

そして彼女は険しい顔のまま、カツカツと足音を立てて去って行きました。

伯爵様がついにキレる

ビアンカが去った後、ザカリーは事情を説明するよう命令します。

するとアントは、自分はただ一生懸命床を拭いていただけですと嘘をつきますが…その瞬間、彼女の顔はひきつりました。

ザカリーは顔に青筋を立てながら「だったらどうして俺の妻が、お前を俺の情婦だなんて思ってるんだ?」と冷たい目でアントを睨みつけたのです。

そして彼はヴァンサンに後処理を任せると、震えるアントを置き去りにしてその場を去って行きました。

ひよこ
この後、ヴァンサンはアントを解雇したよ。理由は口が軽すぎるから。
白うさ
妥当な処分だね。

関連:LINEマンガ『義家族に執着されています』のネタバレはこちら

ビアンカは自室で1人、治療すらせず痛みに耐えていた

孤独な伯爵夫人

自室に戻ったビアンカは、ベッドに寝転がりながら1人で手の痛みに耐えていました。5年前に乳母のジャンヌが亡くなってから、彼女には頼れる人がおらず傍にメイドすら置かなかったのです。

そして悔しげな顔をしながら、今頃ザカリーはアントのことを慰めているのだろうかと想像しますがーーーその時、扉をノックする音が聞こえます。

ビアンカを心配した年若いメイドが、手の治療をするために蒸した薬草を持ってきたのです。

このメイドはただの下女であり、掃除をするために雇われた子です。しかし1人で寂しく痛みに耐えるビアンカを遠くから見ているうちに、心配して薬草を持ってきたようです。

若きメイド・イボンヌの優しさに触れる

若いメイドは、ビアンカの手に優しくタオルをあてて治療します。その温かさにビアンカは、嫁いだばかりのころ乳母・ジャンヌに言われたことを思い出しました。

『いつか奥様の心をくみ取れる人が現れるでしょう。そんな人が現れたら、奥様から手を掴んで欲しいとおっしゃってください』

そのためビアンカは少し照れながらも、明日も同じように治療をしてほしいとお願いします。

すると若いメイドーーーイボンヌは満面の笑みを浮かべて、もちろんです!と元気よく答えました。

私だけの武器

それはそれとして、ビアンカの心はいまだに不安でした。ザカリーに愛する女性がいるなら自分とは子供を作らないだろうと考えて思い悩みます。

(どうすれば生き残れるのかしら?ビアンカ?)

するとその時イボンヌが、わあ素敵!と声をあげます。彼女は床に落ちていたレースーーービアンカが刺繍したものーーーを見て、とても感動したようです。

それを見たビアンカは、何かに気付いたらしくニヤリと笑いました。

(そうだわ…私には「アレ」があるわね)

後継者や扶養してくれる人がいなくても、自分の力になってくれる武器があることに気付いたのです。

⇒『結婚商売』7話のネタバレはこちら

まとめ|結婚商売6話のネタバレと感想

ネタバレ感想①ビアンカの行動は妥当だったか?

ネタバレ感想

当時の時代背景から考えると、ビアンカの罰の与え方(=むち打ち)はよくある方法でした。

私達のような現代人からすれば乱暴かつ非常識なイメージですが、時代が時代なのでこういった処罰もありなのでしょう。

そして当然ですが、今回の非はアントにあります。

メイドという立場上、口を慎むべきであり仕える人について軽口を叩くのはNG行為です。それが悪口であればなおの事。

なお執事長のヴァンサンも、ビアンカの行動については「奥様の役割の範囲内である」と判断したようです。つまり、誰がどう見てもアントが悪いんですよ。

軍部長・ロベルもそういった事情を知っていれば、ビアンカの行動を止めなかったでしょう。

ネタバレ感想②無実(?)のザカリー

今回、ザカリーは結構かわいそうな立場にいますね。彼は恐らく、浮気なんてしていないと思われます(まだ明記されていないので、あくまで予想ですが)

にもかかわらず、妻を心配したら「どうせ愛人がいるんでしょ!」とあらぬ疑いをかけられたわけですから。かなり可哀想。

99%誤解だと思うので、早いところ誤解を解いて仲良し夫婦になってほしいですね。

⇒『結婚商売』7話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA