【翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す101話のネタバレと感想|ローハン国王と散歩をする


マンガ版『悪女は砂時計をひっくり返す』の101話のネタバレと感想です。

アリアは祖母・バイオレットに会うため庭園へと向かいます。しかしそこにローハン国王が現れ、なぜか彼と一緒に散歩をすることになりました。

彼はいったい何をしに来たのでしょうか?続きを読んでみましょう。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

突如現れたローハン国王と、庭園を散歩することに

ローハンの訪問理由

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ローハンに散歩に誘われたアリア。

しかしアリアは乗り気ではなく、忙しい国王がここにいる時間なんてあるのですか?とジト目で質問すると、彼はさも心配そうな顔で言いました。

「お嬢様がクロア王国に来てから、全く部屋の外に出ないと聞いたので心配で…」

せっかくクロアに来てくれたのだから悪い印象は残したくない…というのがローハンの言い分。しかしその態度がふざけているので、アリアは相変わらず冷たい目で彼を見るのでした。

ひよこ
この場面でローハンは舌ペロしてたよ。
白うさ
それは胡散臭い。

愛されるのが下手な人

庭園を散歩しながら、ローハンは笑顔で話します。

「侯爵夫人は孫娘ができて嬉しいのでしょう。まだ慣れないだけで、お嬢様ももうすぐ本当の家族愛を感じる…」

しかしアリアは、私にはよく分かりません…と彼の言葉を遮ります。そして自らの本音を語りました。

ただ自分のことだけを考えながら生きてきから、家族という理由だけで愛されるということが理解できないのだと。

するとローハンは意外な顔をして、アリアの耳元で言いました。

「お嬢様はなかなか可愛いことを言うのですね。愛されるのが下手な人のようだ」

突然近づいて来たローハンに警戒し、すぐさま距離を取るアリア。一方で彼はおかしそうに笑ってから少し真面目な表情をします。

「実は私は、侯爵夫人の気持ちが理解できるのです。私もお嬢様の存在そのものに感謝していますから」

そしてローハンはアリアに手を差し伸べると、しばらく座って話しがしたいと言いました。

同時刻、アースは第六感が働いたのか「アリアお嬢様に危機が迫っている気がする!」と叫んでいました。勘が良すぎる。

ローハン国王の昔話を聞き、アリアは自分の気持ちに気付く

ローハンの昔話

「実は私は散歩よりも、こうしてゆったり座るのが好きなんです」

ベンチに座りながらそう話すローハンは、いつもと違い落ち着いた表情をしています。そのためアリアは内心、あのうるさい男と同じ人なの?と意外に思うのでした。

ひよこ
うるさい男…
白うさ
ひどい言い草。

そして彼は先ほど話していた件――バイオレットの気持ちがわかるという話の続きをします。

というのもローハンが初めてアースに会った時。アースは貴族派が雇った暗殺者から逃げてきたため血まみれで倒れていて、その惨状を見たローハンは思いました。

帝国の王子がこんな状態なら、自分がクロアの国王になった時は戦争や経済圧迫などで面倒な状況になっているだろう…と。

しかも以前のアースは、帝国のことは皇太子が解決すべきだと言って外部の助けを借りようとしなかったのです。

しかしある時から、アースの雰囲気が変わります。それはアリアのおかげであり、その時アースに会ったことでローハンの未来も新しく変わったのです。

そしてその後はアースの力が強くなり、平和条約が締結されて全てが一気に進みました。

ひよこ
つまり結果的に、アリアのおかげでローハンの未来もいい方向に変わったと。
白うさ
なるほど。だからローハンはアリアに好意的なんだね。

アリアは自分の心に向き合う

そして昔話を終えたローハンは、優しげな顔で言います。

「これはお嬢様が意図したことではなくても、私の立場からすれば感謝と敬愛しかありません。そして人は救われたら好意を隠せないのです。だから侯爵夫人と私は似ていると思いますよ」

そして同時に、彼はこれほど迷うアリアは珍しいとも言います。すると彼女は、ためらった訳ではないと言い淀みますが…

この時、アリアはようやく気づきました。

なぜ今まで、バイオレットに何も聞かずに避けていたのか?それは彼女がくれる感情がとても暖かかったから。

家族ゆえの無条件的な愛であれ、予期せぬ救いに対する好意であれ、その感情に理由をつけず受け入れてみたかった。

けれど善意にあふれた感情を受け入れることに慣れていないから、アリアは思わず逃げてしまったのです。

自分の気持ちに気付いたアリアは唇を噛みしめます。そして同時に、どうしてそんな行動を取ってしまったのかと自問自答しますが…

その時、背後で聞きなれた声がしたためアリアは硬直しました。

『それは復讐だけを考えて、生きてきたから当然じゃないですか』

ミエールの幻影が現れて、アリアに優しく語りかけるのです。

『私を殺しておいて、今まで復讐のために人を利用して、自分の本性が明らかになるのを恐れながら生きてきたではありませんか』

そしてミエールの幻影は、その手をアリアの首に絡ませながら言います。

『そんな恥ずかしい感情は似合いませんよ。お姉様は本物の悪女なのに』

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』102話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』101話のネタバレと感想

101話のネタバレ感想|最後のミエールについて

ネタバレ感想

101話の最後でミエールが登場しましたね。もちろん本人ではなく、アリアの深層心理が見せた幻覚(または亡霊?)ですが。

しかし幻覚とはいえ、アリアの首に手をかけるあたり物騒さが伺えますし、何なら道連れにしたがっているように見えます。死してなおアリアの邪魔をするあたり、ミエールの質の悪さを感じます。

あれだけ憎み続けた相手ですから、アリアも簡単には忘れられないのでしょう。

しかし逆に言えば、ミエールのことを『過去』として認識できた時、アリアは復讐やしがらみから解放されるはず。

そのためにも祖母のバイオレットと向き合って(できれば実父や祖父ともちゃんと話をして)前向きになって欲しいですね。そして帝国に帰って、早いとこアースと幸せになって欲しい。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』102話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA