皇帝の子供を隠す方法46話のネタバレと感想|エクレン伯爵はなぜか友好的な態度をとる


漫画『皇帝の子供を隠す方法』の46話のネタバレと感想です。

遺産の委任手続きが終わり、ようやくアステル達は東部に帰れることになります。しかし大神殿から帰る途中、エクレン伯爵に声をかけられました。

エクレン伯爵はアステルに何の用事があるのでしょうか?以下にストーリーの続きをまとめました。

『皇帝の子供を隠す方法』ネタバレ全話はこちら

最終回のネタバレはこちら

アステルが大神殿を出ると、エクレン伯爵に呼び止められる

エクレン伯爵の用事

皇帝の子供を隠す方法ネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

突然現れたエクレン伯爵に驚きながらも、アステルは礼儀正しく挨拶をします。

するとエクレン伯爵はどこか嬉しそうに微笑み、カレンベルク侯爵のお見舞い(※)をするため近々アステルたちの屋敷を訪問したいと言いますがーーー

明日の朝早くに出発する予定なので、アステルはその提案を断ります。するとエクレン伯爵は、後からプレゼントを贈りたいと言い出しました。

「つまらないものですが、ぜひ差し上げたいものがあります。見て負担になる物なら、気軽に断っても大丈夫ですよ」

彼はいい人そうに見えますし、他意はないようです。そのためアステルはやわらかく微笑み、お礼を言うのでした。

カレンベルク侯爵はド健康です。しかし以前アステルが「お爺様が体調を崩した」と嘘をついたため、その噂を聞いたエクレン伯爵は心配しています。

屋敷に戻ると、テオールはなぜか1人でかくれんぼをしていた

テオールがかくれんぼをする理由

アステルが屋敷に戻ると、なぜかテオールの姿が見えません。そこで部屋の中を探してみると、テーブルクロスの下にテオールと犬のブリンが隠れていました。

「おじいちゃんとかくれんぼしてたよ!」

ニコニコと笑うテオールの手には、おもちゃの兵隊が握られています。見ればそこかしこに兵隊が並べられているので、アステルは少し困ったように「城での暮らしの方が良かった?」と聞きますがーーー

テオールはぶんぶんと首を振り、自分の家が一番好きだと答えます。するとアステルはくすっと笑い、愛しい我が子を抱き締めました。

遺言状の委任も暗殺未遂事件にまつわる調査も終わり、あとはもう帰るだけ。愛しい我が子と、以前のように平和に暮らせるのです。

しかしこの時、アステルはカレンベルク侯爵の帰りが遅いことに気付きます。そこで探しに行こうとすると、テオールにむんずとスカートの裾を掴まれました。

「あ、ダメだよ。屋敷に悪いお客さんが来たから、そのお客さんが帰るまでは隠れてなきゃ!」

その言葉を聞いたアステルは、“悪いお客さん”が誰のことなのかすぐに理解します。

そしてテオールに部屋から出ないよう指示すると、急いで祖父のもとへと走り出しました。

ひよこ
首都でアステルたちを探している悪いお客さんなんて、1人しかいないよね。
白うさ
前回のラストで登場した、あの人かな?

望まぬ来訪者

カレンベルク侯爵のいる部屋に到着すると、そこには悪い客―――もといアステルの実父・レストン公爵が立っていました。

レストン公爵はアステルを見るなり嫌味を言いますが、それでも彼女は動じずに、用件だけ言ってさっさと帰るように言います。

「皇太子殿下の遺品を返してください。宰相の座を失ったあげく、娘から告発されて恥をかきたくはないでしょう?」

するとレストン公爵は怒って、アステルに手を上げようとしますがーーーその時、カレンベルク侯爵が彼女の前に立ちはだかりました。

「私の孫娘に毛先だろうと触れようものなら、お前のしぶとい命綱も切れると思え」

威圧感たっぷりに告げられたその言葉。それが脅しではないと理解すると、レストン公爵もさすがに冷や汗をたらします。

するとそこに、使用人からエクレン様が訪ねて来たと連絡が入ります。

その名を聞いた途端にカレンベルク侯爵は目を見開き、一方でレストン公爵は忌々しげな顔をしました。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』47話のネタバレはこちら

まとめ|皇帝の子供を隠す方法・46話のネタバレと感想

46話のまとめ|エクレン伯爵のはなし

ネタバレ感想

46話にして初めてエクレン伯爵が登場しましたね。

カレンベルク侯爵の反応を見たところ、エクレン伯爵と昔何かあったようです。ただの上司と部下というだけの関係では無かったのでしょう。

では悪い関係だったのかと聞かれれば、そうは見えません。

というのも46話の冒頭でアステルと会った時、エクレン伯爵はどこか嬉しそうにしていましたから。悪意ではなく、むしろ好意を抱いているように見えます。

この作品は人間関係がかなり複雑なので、彼らがどんな関係なのか気になりますね。

ネタバレ感想と考察

当たり前ですが、カレンベルク侯爵はレストン公爵のことを毛嫌いしています。嫌っているどころか、憎んでいるレベルです。

侯爵によれば、外孫であるアステルの父親だから手を出さないだけであって、そうでなければ容赦なく攻撃していたとの事。

非常にギスギスした関係ですね。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』47話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA