【外科医エリーゼ】97~98話ネタバレ感想㉜王子に会うため城へと向かう


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の97話~98話までのストーリーについてまとめています。

せっかく王子が帰還したのに、エリーゼと王子は中々会うことができません。

会えない日々が続き、耐えられなくなったエリーゼは自ら王子の元へと向かいますが…

その後、2人はどうなったのでしょうか?感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ97話のネタバレ

王子に会うため、エリーゼは城に向かう

王子に会うため、エリーゼは城へ向かうことに。

その姿は恋する乙女そのものですが、彼女は「医者として王子の体調も気になるから…」と言い訳をしながら、王子の元へと向かいます。

白うさ
エリーゼから王子に会いに行くのは、今回が初めてじゃない?
ひよこ
今までは王子を避けてたけど、もうラブラブだね。

 

しかし現在、王子は会議中なので会えません。

対応してくれたランドル卿は「来訪したことを伝えておきますか」と尋ねますが、エリーゼは断ります。

特別な用事ではないので、わざわざ伝えるまでもないと思ったのです。

白うさ
本来、エリーゼの立場なら入室できるよね。
ひよこ
うん。でも急用じゃないし申し訳ないって思ったんだろうね。

 

王子のことが気になったエリーゼは、ランドル卿に王子の状況を尋ねます。

彼によると、王子はあまりに多忙のため眠れていない様子(96話参照)

心配したエリーゼは、小さな袋を取り出しました。

袋に入っているのは、王子のために選んだお茶。

エリーゼはお茶の入れ方をランドル卿に伝えると、お茶を託して仕事に戻っていきました。

 

お茶を飲んだ王子の反応

お茶

その日の夜。

王子は仕事で疲れ果て、イスにもたれかかります。机の上には、山積みになった書類がありました。

白うさ
王子なのに社畜みたい…

 

ランドル卿は「疲労回復に効果があるお茶を準備します」と言い、緑茶を差し出します。

この緑色は、昼間にエリーゼがプレゼントしたもの。

そして緑茶を飲んだ王子は、驚いて目を見開きました。

このお茶を入れたのは誰かと尋ねると、ランドル卿は自分が入れたのだと答えます。

またその際に、緑茶はエリーゼからのプレゼントであり、指示通りに淹れたのだとも伝えました。

 

緑茶を飲んでときめく王子

王子はエリーゼの来訪を知って、胸が高まります。

用事もないのに、会いに来てくれた。自分のために茶を届けてくれた。

彼女の行動全てが、嬉しくてたまらなかったのです。

居ても立っても居られなくなった王子は、宮廷を出てクロレンス邸(エリーゼの家)へと出発しました。

しかし夜遅くだったので、当然ながらクロレンス邸は消灯。

みんな寝静まった様子です。

さて、どうしようか…

王子が窓を見上げていると、後ろから声をかけられました。

 

夜の逢瀬

振り向くと、そこにいたのはエリーゼ。

彼女もまた多忙だったため、夜遅くに家に帰ってきたのです。

ひよこ
エリーゼも残業か…
白うさ
こっちも社畜だった!

 

なぜ王子がいるのかと、エリーゼは驚いた様子。

王子は「仕事が終わって帰ってきたのか」と尋ねると…

エリーゼをぎゅっと抱きしめ、会いたかったと告げました。

抱きしめられたエリーゼは赤面しながらも、彼の背中に手を回します。

エリーゼもまた、王子に会いたかったのです。

白うさ
エンダアアアア!
ひよこ
イヤアアア…って言いたいけど、まだ早いよ?

 

なぜ自分の元を訪ねたのかと、問いかける王子。

エリーゼは照れながら、王子の体調が気になり確認しに行ったのだと言い訳します。

しかし、王子が本当にそれだけかと聞くと…

エリーゼは恥ずかしそうに、会いたかったのだと素直な気持ちを打ち明けるのでした。

原作マンガの翻訳について
エリーゼは本編で「会いたかったのです」と言っていますが、原作版を翻訳したところ「あなたがいなくて寂しい」と答えていました。

外科医エリーゼ98話のネタバレ

「会いたかったのです」

エリーゼの言葉を聞き、王子は驚きます。というのも、王子は「エリーゼに嫌われている」と誤解していたのです。

戦争がはじまる前、エリーゼと王子はぎこちない関係でした。

心配する彼に対して、エリーゼは「私的な感情を挟まないでほしい」と告げたことさえあります。

白うさ
そういえば言ってたね…
ひよこ
少なくとも、親密とは言えない関係だったよね。

 

しかし彼女は、王子を嫌ったことなどありません。冷たく聞こえるセリフも、客観的な事実を伝えているだけでした。

だからエリーゼは、笑顔で王子に伝えます。

あなたのことを嫌いだなんて、一度も思ったことはないと。

 

王子は目を見開き、頬を染めます。

そしてエリーゼの腕を取り、告白しようとしますが…

ここはクロレンス邸の門前。

兄のクリスとレンが登場し、王子の言葉は遮られてしまいます。

彼らはエリーゼが中々家に入ってこないため、心配して出来たようです。

そして2人の兄により、エリーゼは家の中へと連れて行かれてしまいました。

白うさ
身内のガードが固い!
ひよこ
お兄ちゃんだからね。妹が可愛いんだよ、きっと。

 

しかし数分も立たないうちに、エリーゼが再び王子の元へと戻ってきます。

王子が寒そうな格好をしていたので、帽子と外套を持ってきてくれたのです。

王子はエリーゼの額や頬に口づけ、会いたいときはいつでも私の宮に来ればいいと告げます。

できれば毎日会いたいと言う彼に、エリーゼもなるべくたくさん会いに行くと微笑むのでした。

 

貴族派の会議

ある日。

チャイルド家の一室では、貴族派による会議が行われていました。

そこにミハイルが入室すると、貴族の一人が説明をはじめます。

本日の議題は、エリーゼについて。

彼女は”次期皇太子妃”という身分であり、そのうえ若くして様々な偉業(戦争での功績・医療面での貢献など)を成し遂げています。

つまり彼女は現在、市民たちから最も支持される存在なのです。

そしてエリーゼを妻に迎えるため、リンデン王子の支持率も急上昇。彼女の功績は、本人だけでなく王子にも影響していました。

 

ただし、この状況は貴族派にとって脅威。

元々、貴族派はミハイルを支持しており、彼は高い人気を誇っていました。国民の支持率でいえば、リンデン王子よりもミハイルの方が上だったのです。

しかしエリーゼの存在により、支持率は今や逆転。

もしリンデン王子が皇帝になったら、貴族派は致命的なダメージを受けます。

また、とある貴族は「”あの日のこと”がある限り、リンデン王子が皇帝になれば貴族派を放っておかないだろう」と語りました。

 

その話を聞いて、ミハイルは皮肉めいた顔で語ります。

少なくとも3人は死刑になるだろう。母と叔父、そして私だ…と。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA