【外科医エリーゼ】93~94話ネタバレ感想㉚医者になる夢が叶ったエリーゼ


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。93話~94話までのストーリーについてまとめています。

陛下と王子の計らいより、エリーゼは医者を続けられることになりました。

みんな幸せになる方向でストーリーが進んでいますが、この後はどうなるのでしょうか?

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ93話のネタバレ

陛下の独白

白うさ
今回、エリーゼの出番はなし。王子とレン(エリーゼの兄)がわちゃわちゃするだけの回だよ。

エリーゼが帰った後、陛下は自室に戻ります。

そして亡くなった妻・イブリン(元皇后で王子の母)の写真を見ながら、ひとりで呟きました。

あの日の悲劇依頼、私は1日も幸せを感じたことが無い。これから王子(リンデン)とミハイルの間に起こる悲劇を、私は止めることができない…と。

妻の写真を見ながら、陛下は悲しそうに懺悔を続けるのでした。

白うさ
これから王子とミハイルが敵対するってこと?
ひよこ
不穏な気配が漂ってるね…

 

王子、レンに嫉妬する

一方その頃。

遠方にいる王子は、エリーゼのことを思い出していました。いつ会えるのか、元気にしているのかと物思いに耽っています。

そこにノックの音が響き、レン(エリーゼの兄)が入室してくるのですが…

王子はレンをじっと見つめ「エリーゼから届いた手紙を読ませろ」と要求します。

エリーゼは王子にだけ手紙を出していなかった(92話参照)ので、代わりにレン宛の手紙を読もうという魂胆です。

 

レンは王子の発言に「?」と思いながらも、エリーゼからの手紙(レン宛)を持ってきて渡します。

その手紙にはロンドの様子やクリス(もう一人の兄)の近況が書かれていたのですが、王子は「自分のことが書かれていない」と落ち込んでしまいます。

白うさ
王子がかわいそう!
ひよこ
まあレン宛の手紙だし、王子のことは書いてないだろうね。

 

さらに王子は、レンが返事を書いていないと知って密かに怒ります。

その結果。

王子はレンに酒を飲ませ、酔い潰してしまいました。

白うさ
なんでや!レン悪くないやろ!
ひよこ
完全にとばっちりだよ。

 

酒を飲み始めたものの、レンはビール数杯でダウンして眠ってしまいました。

そこで王子は、次にミハイルの元へと向かいます。

 

ミハイルと王子、酒を飲む

ミハイルはその時、ちょうど同僚たちと酒を飲んで酔っ払っていました。

そこに「一杯飲まないか」と現れた王子に、一同は驚愕します。

外科医エリーゼ94話のネタバレ

王子、ミハイルと酒を飲む

王子とミハイルは別室に移動し、2人きりで酒を飲み始めます。

ミハイルは”ウォッカ”を飲みつつ、いつかエリーゼと一緒に東方を旅行したいと語りました。

エリーゼの名前が出た途端、王子は「気分が悪くなる冗談はやめろ」と機嫌を悪くします。

 

しかしミハイルは、一緒に旅に行く約束をしたと言って引き下がりません。

そして笑顔のままで「冗談だと思うなら、エリーゼに手紙で聞いてみればいいだろう」と言って、王子を挑発します。

もちろん、王子にはエリーゼからの手紙が届いていません。それを知ったうえで、ミハイルは挑発しているのです。

白うさ
王子VSミハイル。
ひよこ
煽りスキルについては、ミハイルが優勢だね。

 

この言葉にイラッとした王子は、ミハイルのグラスに酒をドバドバ注ぎます。

激励と称した嫌がらせに、ミハイルは「こんなの暴力だ!」と訴えますが…

その時、ミハイルはくすっと笑いました。

 

王子とこんな会話をするのは久しぶりだと、子どものような笑顔を零します。

そして同時に、僕が本当にエリーゼを好きだと言ったらどうするのかと、王子に問いかけます。

王子はしばし沈黙した後、憮然とした表情で「命を懸けろ」と言い放ちました。

 

その頃の皇室十字病院

一方、その頃の皇室十字病院(エリーゼの勤務先)には、手術の依頼が届いていました。

依頼によると、貴族派の”ロント男爵家”から病人が出てしまったようです。

白うさ
貴族派って、エリーゼの家と仲が良くないよね?
ひよこ
そうだよ。でも他の病院では治せないから、エリーゼに依頼したんだ。

 

しかし、エリーゼのスケジュールは手術の予定でビッシリ。

唯一スケジュールが空いているのは、王子が帰還する日だけです。

白うさ
王子に会うため、この日だけは空けておいたんだね。

 

そこで仕方なく、エリーゼは王子の帰還日に手術を行うことにしました。

傍にいたグレアムは戸惑った表情を見せます。彼の眼は「本当にいいのですか?」と言いたげでした。

しかしエリーゼは「手術を早めにスタートすれば、王子のお迎えには遅れないでしょう」と言い、毅然とした態度で振る舞います。

 

グレアムの心情

別室に移動したグレアムは、1人で書類を眺めていました。

そして彼には珍しく、ぼーっとした顔でエリーゼのことを考えます。

ひよこ
そういえば、グレアムもエリーゼに惚れてたね。
白うさ
モテモテだなぁ。

 

グレアムは、今の状況に不満などありません。

エリーゼの隣で、彼女のすばらしい手術を見ていられる…それはグレアムにとって幸せなことでした。

しかし。

好きな女性のことをただ眺めることしかできないのは、やはり辛いようです。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA