【外科医エリーゼ】80~81話ネタバレ感想㉔屋敷から脱出


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の80話~81話までのストーリーについてまとめています。

王子たちは敵陣へと向かいましたが、その後どうなったのでしょうか?

白うさ
前回のラストは「手紙の情報を利用して、敵を一網打尽にしよう!」って話だったよね。
ひよこ
そう簡単に戦争が終わるのかなあ・・・

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ80話のネタバレ

以下の文章は、『外科医エリーゼ』の原作サイトを管理人が翻訳したものです。翻訳ミスなどあれば、後日修正いたします。

エリーゼと王子は再開し、互いに抱きしめ合います。それを見たルイは、部下に「(銃を)撃て!」と命令しますが・・・

王子は「能力」を使えます。

銃で撃たれるより先に、ルイを風の刃で切りつけました。

王子はルイを気絶させた後、エリーゼを抱きかかえて窓から逃走します。

 

エリーゼを抱きかかえたまま、王子は人のいない路地裏へと向かいました。

そして用意しておいた馬に乗り、シンフェポリを脱出しようとします。

馬1匹に2人で乗るので、当然ながら体は密着。エリーゼは頬を赤らめました。

 

すると、そこに追手(ルイの部下)が駆け付けます。

追手はエリーゼたちを捕まえようとしますが、王子が能力を使って動きを封じます。

しかし。

その先には、眼帯をつけた初老の騎士がいました。馬に乗って待ち伏せしていたのです。

この騎士はユーゴー中将

共和国軍の精鋭であり、胸甲騎兵隊司令官であるオーラナイトです。

ユーゴー中将も、王子と同じように特殊能力を使えます。銃を撃ってもオーラで弾かれるため、王子は剣で戦いますが・・・

ユーゴー中将は強く、王子は苦戦します。

白うさ
2人とも馬に乗って戦っているけど、王子はエリーゼを抱きかかえた状態なんだよ。
ひよこ
守りながら戦わなきゃならないし、不利な状態だね。

 

苦戦する王子ですが、状況はすぐに一変しました。

エリーゼが銃を撃ち、ユーゴー中将の左肩を撃ち抜いたのです。

肩を撃たれ、ユーゴー中将の動きが止まります。その隙に王子は能力を使い、ユーゴー中将の意識を奪いました。

気を失ったユーゴー中将は、馬から落ちてしまいます。

 

強敵を倒したエリーゼ&王子は、そのまま逃走。

先にあった門をくぐり抜け、シンフェポリを脱出しようとします。

外科医エリーゼ81話のネタバレ

エリーゼ&王子はようやく城門までたどり着きました。

しかし城門は閉ざされていて、人の手では開けられそうにありません。さらに敵兵にも追いつかれ、エリーゼは焦ります。

すると王子は目を閉じ、城門へ手をかざします。王子の手がほのかに光ると、城門にはピキピキとひびが入り…

なんと城門が消滅しました。

ひよこ
王子は能力を使って、門を壊したんだね。
白うさ
えええ!?こんなことまで出来るの!?

 

城門を突破した2人は、馬に乗ったまま森の中を逃げ続けます。

しかし途中で、王子が吐血。口から血をこぼし、息切れもしています。

王子によると、吐血したのは超常能力の反作用。つまり能力の使いすぎです。

王子は「時間がたてば治る」と言いますが、エリーゼは治療するために引き止めました。

心配そうなエリーゼの表情を見て、王子は「私のことを心配してくれているのか?」と微笑みました。医者として患者を思う気持ちだろうが、それでも嬉しいものだと。そう言って穏やかに笑ったのです。

逃走ルートの変更

敵が迫っている以上、一刻も早く移動しないと捕まってしまいます。そのため王子は治療せずに先を急ぎました。

ここから先は、南西側にある”ウクラ山脈”という険しいルートを通ることになります。北側から行けば近道になるものの、ここは敵兵が密集しているので、王子はあえてウクラ山脈を通ることにしたのです。

白うさ
王子は能力を使えるんだから、北側を強行突破すればよくない?
ひよこ
王子1人ならともかく、今はエリーゼと一緒だから無理だよ。強行突破したら、エリーゼが怪我しちゃうよ。

その頃のシンフェポリ

王子とエリーゼが、北ではなく南西へと向かったーーーその連絡は、シンフェポリにもい届いていました。

負傷したユーゴーは、その連絡をうけて「兵のいないウクラ山脈から逃走する魂胆だろう」と王子の狙いを見抜きます。

しかし、このまま王子を逃がすワケにはいきません。ニコラスが負傷している以上、このままいけば敗戦確定。

勝つために唯一残されたチャンスは、王子を捕らえることです。

そこでユーゴーは、可能な限りの兵力をウクラ山脈に投入しました。

王子が低体温症に…

その頃、王子とエリーゼは洞窟の中で休んでいました。というのも、王子が低体温症になってしまったのです。

王子の顔色は悪く、呼吸をするのも苦しそうな状態。しかし王子は「私は大丈夫だ。そなたは大丈夫か?ここはかなり冷えるが…」と言って、エリーゼを気遣います。

自分のことは後回しで、どこまでもエリーゼを優先する王子。それを見たエリーゼは、顔をゆがめて泣きそうな表情をしました。

さらに王子はゲホゲホと咳き込みます。それでも「時間が経てば自然に治る」と平気なように振る舞うので…

ついに、エリーゼが怒りました。

「何を言ってるんですか!一刻も早く治療をしなければなりません!」エリーゼは王子の脈拍と体温を確認し、炎症を抑える薬を飲ませます。

王子は少し驚きながらも、言われるがまま治療を受けました。

白うさ
なんでエリーゼは薬を持ってるの?
ひよこ
薬を持ってきたのは、実は王子なんだ。エリーゼは体調を崩しやすいから、万が一に備えて大量の薬を持ってきたんだよ。

 

薬を飲んだせいか、低体温症のせいか。王子はボーっとしながら「そなたが心配してくれるなんて夢みたいだ」「夢ならこのまま覚めないでくれ」と本音をこぼします。

そして「すぐによくなって、そなたを守るから」と、穏やかに笑うのでした。

⇒ネタバレのつづきはこちら

▽単行本も発売中▽

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA