【外科医エリーゼ】74~75話ネタバレ感想㉑ルイと王子の作戦とは?

スポンサードリンク

ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の74話~75話までのストーリーについてまとめています。

前回、ルイ・ニコラスは悪逆非道な行いがバレてしまい、国民から大バッシングを受けました。

白うさ
このまま戦争が終わればいいけど、まだひと悶着ありそうだよね。
ひよこ
エリーゼと王子の恋愛も気になるね。

その後、彼らはどうなったのでしょうか?感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

スポンサーリンク

74話

水面下での戦い

ルイ・ニコラスの悪逆非道な行いはマスコミによって暴露されました。

国民からの大バッシングにより、ルイは屋敷に引きこもり続けますが・・・

反省するどころか、エリーゼを逆恨みして復讐することばかり考えています。

ルイは怪しげな笑みを浮かべ、「今に見てろ」と次の悪だくみを計画します。

白うさ
またひと悶着ありそうだね。またエリーゼが危険な目にあったらどうしよう!
ひよこ
大丈夫。きっと王子が守ってくれるよ!

 

ルイが悪だくみをする一方で、帝国軍では王子がルイの動向を探っていました。

というのも、王子は「また奇妙な策を準備しているのでは?」とルイを警戒していたためです。

しかし、策を用意しているのはルイだけではありません。

王子もまた「戦争を終わらせるための計画」の準備をしているようです。

白うさ
王子の計画って何だろうね?
ひよこ
今の時点ではわからないけど、後から王子の計画が判明するんだろうね。

スポンサードリンク

その頃のエリーゼ

その頃のエリーゼは、戦場で巡回治療(医者が直接部隊に訪問して治療すること)をしていました。

ひよこ
巡回治療とは、病院に来れない兵士のための治療だよ。

今まで帝国軍には巡回治療を行う医者がいなかったので、エリーゼは兵士たちから感謝されますが・・・

エリーゼが巡回治療をするのは、人道的な理由だけではありません。

実をいうと「王子に会いたくないから巡回治療をしに行く」という個人的な理由も混ざっていました。

 

前世での記憶があるエリーゼは、たとえ結婚しても王子を絶対に愛さないと決心していました。

けれど、エリーゼはすでに王子に惹かれています。

さらに、王子に対して「迷惑です」と拒絶してしまったため悩んでいたのです(71話参照

 

エリーゼがため息をついていると、兄・レンが現れます。

巡回治療にきたのはレンがいる部隊。久しぶりに兄の姿を見て、エリーゼは顔を綻ばせました。

そして「お兄様は悩みがある時どうしますか?」とレンに相談を持ち掛けます。

すると、レンは急に「銃を出してみろ」と言い出し、その場でエリーゼに射撃訓練をさせました。

白うさ
なんの説明もなく訓練がはじまるから、周りの兵士もザワつくよね。
ひよこ
レンは根っからの軍人だなあ・・・

レンに指示され、エリーゼは銃で木の枝を撃ちぬきます。

それを確認すると、レンは「悩みを解決するのは射撃と同じだ」という話をはじめました。

 

生きていれば、悩みなんていくつも出てくる。

けれど、それから逃げていては絶対に解決できない。

だからこそ、そういう時はまっすぐ見て正面からぶつかっていく。

それは銃を使って標的を狙う時と同じだ。

 

この話をするために、エリーゼに射撃訓練をさせたようです。

なんとも軍人らしいアドバイスを残して、レンは去っていきました。

電子書籍

鬼滅の刃(きめつのやいば)電子書籍レンタルが安いサイトは?まとめ買いはお得?

75話

ルイ・ニコラスの非道な作戦

ルイ・ニコラスが住む屋敷。

そこでは、ルイと部下が怪しげな会話をしていました。

部下の男性が「必ずしもこの作戦をつかわなければならないのですか?」と問えば、ルイは「他に良い方法でもあるのか?」と苛立った様子を見せます。

帝国軍に復讐するため、ルイは戦略を考えたようですが・・・

この時点では、ルイの戦略は謎のまま。何を企んでいるのか不明です。

白うさ
今度は何を企んでいるのやら。
ひよこ
部下が困った顔をしているから、今回もヤバい作戦なんだろうね。

 

ルイは自室にピエール中尉を呼び出しました。

そして今回の作戦を伝えるのですが、その内容はとても残酷なもの。

どうやらピエール中尉を囮にして、残酷な作戦を行うようです。さらに、その作戦の過程でピエール中尉は死ななければなりません。

作戦を聞いたピエール中尉は青ざめますが、ここで拒否すれば殺されるでしょう。そのため、仕方なく囮役を引き受けます。

 

ルイに指示されたとおり、ピエール中尉は夜道を馬に乗って駆け抜けます。

しかし死にたくないので、指示に従うふりをして二軍団まで逃げようとするのですが・・・

途中で帝国軍に見つかり、彼の逃亡は失敗に終わります。

死にたくないと願いながらも、このままでは捕虜となりどんな扱いを受けるかわかりません。そのため、ピエール中尉は持っていた手紙を飲み込んで自害しました。

帝国軍の兵士たちは「手紙に重要なことが書かれているかもしれない」と考え、ピエール中尉の腹を裂いて手紙を取り出します。

白うさ
うわぁ残酷・・・
ひよこ
飲み込んですぐなら、時間もたっていないから文字が読めると判断したんだね。

 

手紙には、敵軍が両面合同攻撃をする実行日について書かれていました。

いつ・どんな攻撃をするのか詳細が書かれていたため、とても重要な内容です。

これを見た帝国軍の兵士たちは会議を開き、王子を含めた上層部で対策を考えます。

上層部の貴族たちは「手紙の情報を利用して敵を待ち伏せし、一気に攻め入ろう」と提案します。この方法なら、敵軍に大ダメージを与えることができるのですが・・・

王子だけは「本当にこれでいいのか?」と疑問を持っていました。

状況的には絶好のチャンスですが、なぜか嫌な予感がしていたのです。

 

そこで王子は、エリーゼを探して意見を聞くことにしました。

王子はエリーゼと話すため、彼女が勤務する野戦病院へと向かいます。しかしエリーゼは外出中だったため、王子はそのまま出征してしまいます。

⇒ネタバレのつづきはこちら

▽単行本も発売中▽

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA