【外科医エリーゼ】60話~最新話ネタバレ感想⑭戦争の行方

スポンサードリンク

ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。今回は60話から最新話までのストーリーについてまとめています。

 

前回、エリーゼは前世の記憶を元に”敵の本当の狙い”をみんなに伝えました。そこで、王子たちは作戦を立てましたが・・・

ここから先、どうなるのでしょうか?

 

感想と一緒に、ネタバレを見ていきましょう!

⇒『外科医エリーゼ』のネタバレ一覧はこちら

スポンサーリンク

60話

帝国軍の包囲攻撃

ネタバレ

エリーゼが宣言したとおり、敵は中央に向かって進軍してきました。

帝国側の中央軍15万に対して、敵の兵力は30万。2倍もの戦力差がありますが・・・

東西に兵士を潜伏させていたので、計画どおり敵軍を挟み撃ちにします。

白うさ
本来なら、帝国軍はここでボコボコにされてたよ。でも、挟み撃ちが成功して状況が変わったね。

 

帝国側が両サイドから攻めてきたことで、敵は隊列を崩します。

敵の司令官ルイ・ニコラスは状況を察し、ひとまず後退して戦列を整えるように指示を出しました。

ひよこ
ルイ・ニコラスは31話で初登場したキャラだね。エリーゼをダンスに誘って断られた、狡猾な男性だよ。

 

しかし、その時。

帝国軍からの銃弾がルイの額に当たり、大量の血が流れたのです。

ルイは膝をついて呻(うめ)きながら「この恥辱は必ず返してやる」と怒りに震えるのでした。

白うさ
今回の戦争で、参謀だったルイ・ニコラス。完璧な計画を立てたはずなのに負けちゃったから、怒り狂ってるね。
ひよこ
エリーゼさえいなければ、敵側が勝ってたんだよなぁ。

 

帝国軍は包囲攻撃を続けます。

正面と両サイド、そして後方からも攻めることにより敵軍の隊列を完全に崩壊させました。

 

そして翌日。

日が昇るまで続いた戦闘はようやく幕を下ろします。

勝利した帝国軍は、空に銃を向けて「皇太子殿下万歳!皇太子妃万歳!」と歓声をあげるのでした。

白うさ
この戦争は帝国軍の大勝利だね。

 

その頃のエリーゼ

一方その頃。

エリーゼのいる野戦病院は、負傷した兵士の治療により人手不足になっていました。

勝利したので被害は少なかったものの、戦争にケガは付き物。どんどん負傷者が送られてきます。

ひよこ
勝っても負けても、負傷者0人なんてあり得ないからね。本当に戦争って怖い。

 

エリーゼは医者として、ひたすら兵士の治療にはげみます。

「少しでも多くの患者が、家族の元に戻れるように」と、休む間もなく働き続けました。

 

5日後には大勝を記念した宴が開かれ、エリーゼも参加するように招待状がきていましたが・・・

エリーゼは「人手不足で治療を受けられず、命を落としていく患者もいる状況です。医者である私が抜けることなどできません」と言い、宴にさえ参加しません。

夜も寝ずに働き続けました。

スポンサードリンク

61話

エリーゼは宴にさえ参加せず、野戦病院で看病をつづけます。

それを知った王子は「状況が状況だが、まずは自分の身もいたわるべきではないか」と心配し、野戦病院にお祝いの食事を送りました。

また、エリーゼを休ませるために「必ず急速の時間をとるように」との伝令も出します。

白うさ
王子が優しくて感動する!
ひよこ
強制的に有給を取らせようとする上司みたいだね。

 

王子のねぎらいによって、野戦病院の食卓には豪華な食事が並びました。

この時ばかりはエリーゼやグレアムも参加して、病院のメンバー全員で食事を楽しんだのですが・・・

そこに突然、王子が現れます。

 

誰もが「なぜ王子がここに!?」と驚きますが、王子の訪問理由は単純です。

エリーゼが本当に休んでいるか、確認しにきたのです。

白うさ
心配しすぎて、ついに野戦病院まで来ちゃったね。
ひよこ
過保護かよ・・・って言いたいところだけど、エリーゼを放って置いたら過労死するかもしれないからね。これは仕方がないね。

 

王子はエリーゼの隣に腰掛けて「私のことは気にせず自由に楽しんでくれ」と言いますが、みんな王子の目的を察します。

1人が「そろそろ患者の様子を見に行く時間なので」と言いつつ部屋をでると、他のメンバーも次々に部屋を出て行きました。

 

食卓に残ったのは、エリーゼ・王子・グレアムの3人のみ。

王子がグレアムに「そなたは診る患者はいないのか?」と聞くと、彼は眉をひそめました。

ひよこ
これは単なる質問じゃなくて「エリーゼと2人きりになりたいから出て行け」って意味だろうね。
白うさ
ええ、怖っ・・・
ひよこ
ここにきて、まさかの王子VSグレアム。

 

王子の意図を察したのか、グレアムは「皆が私の助けを待っているようですので、これで失礼します」と席を立ちます。

歯をギリィと噛み締めながら、グレアムも部屋を出て行きました。

 

とうとう、王子と2人きりになったエリーゼ。

「では私もそろそろ・・・」と席を立とうとすると、王子にガシっと手を掴まれます。

そして「そなたは残っていろ。私を一人にするつもりか?」と引き止められました。

⇒ネタバレ感想の続きはこちら(62話~)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA