翻訳『悪女が恋に落ちた時』64話のネタバレと感想|アリエルは嘘をつき続ける


漫画版『悪女が恋に落ちた時』のネタバレと感想です。64話のストーリーについて紹介します。

前回、令嬢たちに意地悪をされたアリエル。途中でルペルシャに助けられるも逃げ出し、あろうことか「皇女にいじめられた」と嘘をつきました。とんでもない子ですね。

その後どうなったのか、ストーリーを簡単にまとめました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

アリエル視点|嘘を重ねて、自分を正当化しつづける

嘘つきなアリエル

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

突然バラを切り落としたラビロフ。彼はすぐ笑顔に戻りますが、その急変ぶりを見たアリエルは戸惑います。

そして遠くない位置にある木の上から、その様子を眺める2人組がいました。

「皇太子はあの変な女が好きなのか?本当におかしな趣味だな」

会話を盗み聞きしていたヘレイスは顔をしかめ、隣にいるダニエルはその率直すぎる言葉に苦笑します。

そして一方。

アリエルは泣きながら、自分をいじめた令嬢たちについて再び話し始めますが・・・

彼女の言葉は嘘だらけ。金髪の令嬢や裂けた目の令嬢がいたなど、事実とは違うことばかり言います。

するとその時、ヘレイスが木から飛び降りてアリエルの前に姿を現しました。

「俺の記憶にそんな奴はいなかったが?夢でも見たんじゃないのか」

嘘を指摘されたアリエルは焦りながらも、盗み聞きするなんてひどい!勝手なことを言わないで!と怒ります。

その反応に、ヘレイスはうんざりした顔をします。

理解できない人種を見たような目つきで、そこには好感ではなく嫌悪が宿っていました。

ひよこ
ヘレイスは原作と違って、アリエルを好きにならないんだね。
白うさ
それはそうだよ。嘘つきな子ってすごく印象悪いし。

ラビロフの冷たい一面を知る

ラビロフはこっちにおいでと言い、アリエルを慰めます。そしてヘレイスから、1枚の紙を受け取りました。

それは“ルペルシャの噂の出所”について情報が書かれた紙。

その内容を見たラビロフは、恐ろしく冷たい笑みを浮かべます。傍にいたアリエルは、彼の表情を見てギョッとしました。

 (妖精さんの表情、とても怖くて冷たい…私が知っている妖精さんとは違う。今まであんな顔したことなかったのに…)

しかしアリエルが話しかけると、ラビロフはすぐ優しい笑顔に戻ります。紙に書かれた内容について質問しても、最近は害虫が多いから…と答えるだけ。

そのためアリエルは「いつもの”妖精さん”に戻った」と思い、安堵しました。

・・・

舞踏会の会場へと戻る途中、アリエルはもう一度ルペルシャに会おうと考えます。

というのも皇女に会って以来、やたらと彼女のことを思い出してしまうのです。

ひよこ
皇女が相手じゃ、そう簡単に会えないでしょ。
白うさ
ラビロフに頼むとか?でもどっちみち、ルペルシャにとっては迷惑だよね。

ルペルシャ視点|ダニエルと合流するも、ガイルに見つかり怒られる

ガイルの小言

一方その頃。一足先に宮殿内へと戻ったダニエルは、廊下でルペルシャと合流します。

するとそこにガイル(ラビロフの側近)がやって来て、小言を言いました。

「殿下、ここにいたのですね。ずっとお二人だけでそうしていると、舞踏会に来た意味がないと言いませんでしたか?」

静かに怒りながら、ネチネチと注意するガイル。ルペルシャは内心で「小言大魔王!」と思いつつも、素直に謝ります。

しかしその時、ダニエルが間に入ってルペルシャを擁護しました。おまけに彼が無表情で凄むものだから、ガイルは怯んで何も言えなくなります。

その様子を見たルペルシャはプッと笑うも、すぐに優しく微笑んでフォローしました。

「心配しないでください、ガイル。気を使ってくれてありがとう」

するとガイルは背を向け、素っ気ない態度を取りますが・・・

しかしこの時、ガイルの頬は赤く染まっていました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』65話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』64話のネタバレと感想

64話のネタバレ感想①おや?ガイルの様子が…

ネタバレ感想

今回のラストシーン、意味深でしたね。

ルペルシャを見かけるたびに小言を言うガイル。傍から見れば嫌みったらしい男に見えます。でもルペルシャに微笑まれた後、ガイルは顔を真っ赤にしていました。

もしかすると、ガイルもルペルシャに惚れたのかもしれませんね。

なにせ今までのストーリーを振り返ると、結構な人数がルペルシャ信者になっていますから。

メインキャラに続けて、サブキャラまでも無自覚に落としていくルペルシャ。もう魔性ですよ。

64話のネタバレ感想②アリエルがいろいろ酷すぎる件

ひよこ
アリエルへの批判を含むので、嫌な人は読まないでね。

最初に言っておきたいのですが、私は漫画のキャラを嫌いになることって少ないんですよ。このキャラ性格悪いなとか、こんな事しちゃダメだよとか思う事はあっても、基本はそれで終わり。

作品を盛り上げるために、どうしてもいやな役割を背負う人っていますから。だからアリエルのことも、最初は「困った子だな」くらいに思ってたんですよ。

ただ63~64話を読んで、その感想が変わりました。

私、アリエルがものっっっすごく嫌いです。

自分が同情されたいから、他人の悪口を言ってもいい。まずこれがおかしい。善意で助けてくれた人を乏して罪悪感を感じないって、倫理観が欠けています。

そもそも嘘を重ねた結果、全く無関係の人が濡れ衣を着せられる可能性もあるんですよ。それを考慮してないのも問題。

おまけに嘘を指摘されたら、逆ギレして相手を責めるってどういうこと?おかしいでしょ?君、今いくつ?

何より、泣けばどうにかなるという甘えた考え方が嫌いです。こんな子が社交界に入ってきたら、遅かれ早かれ令嬢たちに嫌われたでしょう。

いくら甘やかされて育ったとはいえ、普通ここまで自分勝手には育ちません。アリエルは過保護な環境のせいでああなったのではなく、彼女自身に問題があるんだろうなと思いました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』65話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA