翻訳『悪女が恋に落ちた時』63話のネタバレと感想|アリエルを助けるが予想外の事態に


漫画『悪女が恋に落ちた時』のネタバレと感想です。63話のストーリーを紹介します。

前回のラストで、アリエルは怒って会場を飛び出しました。そしてルペルシャは、ラビロフに脅されて彼女を追いかけますが…

この先、どうなるのでしょうか?ストーリーを簡潔にネタバレします。

⇒『悪女が恋に落ちた時』ネタバレ一覧はこちら

アリエルは妬まれ、令嬢たちに因縁を付けられる

アリエルの救助に向かう

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ラビロフに脅されたので、ルペルシャは仕方がなくアリエルの元へと向かいます。

原作通りならアリエルは、他の令嬢たちに失言をしてしまい酷く責められるでしょう。

そのためルペルシャは、そうなる前に彼女を適当に連れ出すことにしました。

アリエルを妬む、4人の令嬢

会場の外では、4人の令嬢たちがアリエルを責めていました。

「皇太子様は誰にでも公平に接する方なので、パートナーになったからといって有頂天になってはいけませんよ」

令嬢たちはアリエルを妬み、言いがかりをつけます。

その現場を目撃したルペルシャは、その辺にしたらどうですか?と令嬢たちに注意し、アリエルを背に庇いますが・・・

アリエルはすでに皇女の悪評を知っていたらしく、ルペルシャを警戒します。

また令嬢たちは反省せずに、これは私たちの問題なので皇女様には関係ないと言い訳します。さらにそれだけでは飽き足らず「皇女様は宮殿から追い出されるそうですね」とルペルシャのことをあざ笑いました。

(私を前にしてあんな言葉が出るなんて…知ってはいたけど、本当に礼儀がないのね)

令嬢たちがあまりに失礼なので、ルペルシャは呆れます。しかし彼女たちのセリフはどれも原作と同じ。マニュアル通りに動くエキストラたちなので、腹も立ちません。

なのでルペルシャは令嬢たちの言葉をサラリと聞き流し、戸惑うアリエルを連れてさっさとその場を立ち去ります。

令嬢たちはえっ…?と狼狽えるも、ルペルシャは振り返りもしませんでした。

アリエルを救出した後

「緊張しないでください。怖かったでしょう?」

避難した後、ルペルシャはアリエルに微笑みかけますが・・・

アリエルは震えていて、お礼も言わずに泣きながら走り去ってしまいます。

残されたルペルシャは、口をぽかんと開けて頭に疑問符を浮かべました。

白うさ
え?なんで逃げるの?
ひよこ
ルペルシャが怖かったとか?けど、それにしても不自然だね。

自分の思い通りにならず、アリエルは泣きじゃくる

城の庭園で泣きじゃくる

城の庭園で、アリエルはしゃがみ込んで一人で泣いていました。

「怖かった。悪女皇女、絶対に関わりたくなかったのに…私が泣いたら、全部解決するんだから!誰か助けてなんて言ったの?」

それにアリエルは惨めだったのです。なにせパーティー中、みんな皇女だけを見ていましたから。まるでアリエルのことなど眼中にないと言うように。

するとそこに、心配したラビロフが迎えに来ます。

何があった?と手を差し伸べる彼を見て、アリエルは『妖精さんなら私の気持ちをわかってくれるはず!』と考えます。

そして涙ながら、みんなに無視されて悲しいの…と言いました。

白うさ
誰も無視なんてしてないよ!?
ひよこ
パーティーで注目されなかったのが、無視されたように感じたのかな?

するとその時、酷く恐ろしい声が聞こえます。

「誰がお前を無視したんだ?詳しく言ってみろ」

アリエルが顔を上げると、目の前には静かに怒るラビロフがいました。

ただ悔しさを理解してほしかっただけなのに、予想とは違う反応をされて戸惑うアリエル。そして少し悩んでから、事実とは違うことを話しました。

「ルペルシャ皇女殿下が私を無視したの」

もちろんルペルシャは無視などしていません。しかしアリエルは、皇女のせいで自分が傷ついたのは事実だから…と嘘をつきました。

どうせ皇女は悪女だから、これくらいの悪口は言ってもいいと思ったのです。

が、しかし。

その言葉を聞いたラビロフは戸惑います。そして困った顔をしながら、誤解があったのだろうと彼女を宥めました。

アリエルは皇女に責任転嫁をする

ラビロフが自分の話を信じてくれないので、アリエルはますます不機嫌になります。いつも自分の肩を持ってくれる彼が、違う人のように見えたのです。

そして彼女は涙をこぼしながら、傍に生えていたバラをいじりますがーーその時、手にトゲが刺さってしまいます。

するとラビロフは慌てて心配したので、その優しい表情を見たアリエルはいつもの彼だと安心しますが・・・

次の瞬間。

ラビロフは剣を抜き、彼女を傷つけたバラを一刀両断しました。

⇒『悪女が恋に落ちた時』64話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』63話のネタバレと感想

補足|4人の令嬢は、本来なら破滅していた

ネタバレ感想

アリエルに絡んだ4人の令嬢たちは、本来ならラビロフに報復される運命でした。

小説どおりにストーリーが進めば、アリエルは泣きながら会場を飛び出したためラビロフが激怒し、彼女たちは家門ごと滅ぼされていたのです。

けれどルペルシャが介入したことで運命は変わり、4人の令嬢たちは破滅ルートを回避しました。

感想|幼稚すぎるアリエル

今回の話で、アリエルの性格がはっきりわかりましたね。元々幼い性格というイメージはありましたが、予想以上に幼稚な子でした。

助けてもらったのにお礼を言わない。自分が注目されないと駄々をこねる。泣けば解決すると思っている。そして挙句の果てに、嘘をついて自分を正当化する。

あまりにワガママすぎます。これじゃ幼稚園児ですよ。

こういう性格の子には関わらないのが一番ですが、ルペルシャの立場上、完全に距離を置くのは難しいでしょうね。この先、アリエルが嫉妬して逆恨みしなければいいのですが・・・

⇒『悪女が恋に落ちた時』64話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA