『悪女が恋に落ちた時』30~31話のネタバレと感想!ヘレイスとの買い物


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。30話~31話までのストーリーをまとめて紹介します。

ルペルシャが買い物を楽しんでいると、そこにヘレイスが現れます。彼はルペルシャを大層気に入り、直接会いに来たのですが…

今後、彼との関係はどうなるのでしょうか?感想を交えながら紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

30話ネタバレ

ヘレイスの再訪

悪女が恋に落ちた時ネタバレ

突然現れたヘレイスに、警戒するユジンとカイン。

しかしルペルシャは笑顔で、彼の来訪を喜びました。しかも「天使」と呼んで駆け寄るものだから、護衛2人は呆気に取られます。

ヘレイスはどうやらルペルシャに会いに来たらしく、一緒に遊ぼうと誘いました。

が、しかし。

ユジンとカインは当然ながら警戒し、彼を睨んでいます。明らかに険悪なムードで、立ち去れと言わんばり。

白うさ
相性最悪だね。
ひよこ
そらそうよ。不法侵入だもん。

4人は洋服店で買い物をする

ルペルシャは3人を宥めるため、3人で一緒に買い物に行こうと提案しました。

そして洋服店に入り、それぞれ欲しい服を選んだのですが…

ヘレイスが選んだのは、悪趣味でド派手な緑色のマント(しかもドクロマーク付き)

あまりのセンスの悪さに、ルペルシャは愕然とします。流石にこのまま外には出せないので、慌てて他の服を見繕いました。早くあのマントを脱いで!と、必死に願いながら。

そしてルペルシャの努力により、ヘレイスは黒のマントと白い服に着替えます。その姿はまるで王子様のようで、彼によく似合っていました。

それこそ、ルペルシャがあまりの美しさに拝むほど。

もちろん彼女はその服を購入し、ユジンとカインにも服を見繕います。更にそれだけでは留まらず、同行していたメイドにも洋服をプレゼントしました。

この場面でルペルシャは、かなり散財します。洋服を山ほど買い込み、護衛2人はそれを見て呆然とする程でした。

 

洋服店を出た後も、ルペルシャは散財を続けます。

あちこちを楽しそうに見て回り、ユジンやカインにもたくさん贈り物をするのですが…

その様子を見て、ヘレイスは尋ねました。なぜ自分のものは買わないのかと。

白うさ
あっ!そういえばルペルシャ、自分のものは買ってない!
ひよこ
自分のものは欲しがらないね。

ヘレイスの質問に、ルペルシャはキョトンとします。というのも彼女は、自分を着飾るつもりなど毛頭ないのです。

そのため「あなたたちの分があれば十分です」と答えました。

その答えに、ユジンとカインは困惑顔。一方へレイスは、へえ…と返事をして先を歩いてきました。

イビエン令嬢

そのころ街中では、掲示板の前に人だかりが出来ていました。というのも、皇宮で仕事を募集するという広告が貼られていたのです。

するとそこに、長いグレーの髪を束ねた女性が現れます。彼女は広告を見ようと近づくも、人だかりに押されて転び、さらに男にスカートを踏みつけられる始末ですが…

何を隠そう、彼女こそがイビエン令嬢。

ルペルシャが会いたいと願うサブキャラの1人です。

31話ネタバレ

原作におけるイビエン令嬢の人生

イビエンは幼いころから経営に関心がありました。

後継者である弟が生まれてからは学問の道を閉ざされましたが、それでも彼女は諦めず、弟の勉強を助けるフリをして経営の学習を続けたのです。

しかし両親はそれをよく思わず、彼女を婚約させようとします。

するとイビエンは家出をして、知人の家を転々とし、その後は皇宮のメイドになりました。そして、しばらくの間は下働きをしますが…

ある日、彼女にチャンスが訪れました。

イビエンの経理能力の高さは、偶然にも皇太子の目に留まったのです。そして彼女は皇太子の秘書に抜擢され、自身の能力を認めてくれた皇太子に恋をしました。

しかしイビエンの恋は実りません。

皇太子がアリエルと結婚した後、彼女はすべてを捨てて田舎暮らしを選んだのです。

ひよこ
イビエンは恋愛も夢も、両方を諦めたんだね。
白うさ
能力があるのに勿体ない!

イビエン令嬢の救済計画を立てる

原作での”イビエン令嬢”について思い出し、ルペルシャはため息をつきました。なぜなら彼女は才能があり、引退するには惜しい人だから。

そのためルペルシャは、イビエンの夢を手助けしたいと考えます。

時系列的に、現在イビエンは友人の家を転々としているはず。そこでルペルシャは数日前に求人広告を出し、経営者を募集したのです。

なにせ彼女は、原作で秘書になるほど能力のある人物。なので彼女に経営を任せれば、必ずや利益を出してくれるはず。

さらにその利益があれば、メイドたちの老後資金も賄えるでしょう。

ヘレイスVSカイン

ルペルシャが窓際に立ち、今後の計画を練っている時。またもやヘレイスが侵入し、ベランダに降り立ちました。

ルペルシャは笑顔で彼を歓迎しますが…

一方でヘレイスは、不満そうな顔。彼は泣き顔が好きなので、ルペルシャが笑顔だと不服なのです。

すると偶然カインも入室し、室内は険悪なムードになります。

ヘレイスは敬語も使わずルペルシャに話しかけるので、カインからすれば無礼な不法侵入者。それを抜きにしても、彼は危険な存在なのです。

ひよこ
カインは騎士だし、警戒するのは仕方がないね。
白うさ
不法侵入者だから、怒られても文句は言えない。

ヘレイスを追い出すため、カインは魔法で攻撃します。

しかしヘレイスはその攻撃を全て避けると「邪魔者がいないときにまた来る」と言って立ち去りました。

⇒32話のネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』30~31話までの感想

ネタバレ感想

主人公はもしかして、闇が深いのでしょうか?

30話にてルペルシャは散財したものの、自分のものを一切購入していません。人に与えてばかりです。ヘレイスがそれを指摘しますが、彼女は「皆の分があれば十分だ」と笑いました。

この反応、何だか違和感がありますね。久しぶりの買い物なのに、自分のものを何一つ購入しないって…

自分に対する興味が低すぎます。

いくら推しのコーディネートが楽しいと言っても、普通は少しくらい自分のものを買うはず。ましてや今は”ルペルシャ皇女”という超美人に転生したので、着飾る楽しみもあるでしょう。

でも今回、それが無かったんですよ。

そう考えると主人公は、自分自身への興味が全くないのか、もしくは自己評価が低いのかもしれません。

おまけに主人公がこんな調子だから、周囲も心配します。傍から見れば、この状況は「老い先短いから自分の分は買わない」と見えるでしょう。

ユジンとカインにとっては胃痛案件ですね。

⇒32話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA