『悪女が恋に落ちた時』24~25話のネタバレと感想!へレイスの企み


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。24話~25話までのストーリーをまとめて紹介します。

平民に変装し、城下町に降り立ったルペルシャご一行。サロンの売却手続きは問題なく進み、次は酒場へとやって来ました。

今後ルペルシャは、イビエン令嬢と会えるのでしょうか?感想を交えながら、ストーリーを紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

24話ネタバレ

護衛2人の懸念

恋愛ラブストーリー風のイラスト

ルペルシャは目を輝かせながら、カウンターで一番人気の”月光酒”を注文します。護衛2人は席に座りながら、その様子を眺めますが…

カインは不安そうに、彼女の正体がバレるのではと呟きます。

その問いにユジンは、今まで外出できなかったから嬉しいのだろうと答えました。ルペルシャを見つめるその顔は、どこか寂し気です。さらに彼は、ルペルシャの吐血量が多いことも指摘しました。

深刻な表情で、ルペルシャの先行きを心配する2人。

しかし当の本人は、月光酒を前にして満面の笑顔。ニコニコしながら、酒を運ぶのを手伝ってほしいと2人を呼びました。

ユジン&カインとの親密度がUP!

テーブルに戻った3人は、仲良く酒を飲みます。

その際にユジンは、少し照れながら「ファーストネームで呼んでほしい」と告げました。

今までルペルシャは、彼のことを”ボルタン卿”と呼んでいました。しかし今後は”ユジン”と呼べるのです。またこの時、カインも頬を染めながら「名前で呼んで欲しい」と言います。

その言葉に、ルペルシャは涙目。大好きなイケメン2人と親密になれて、感動したのですが…

男2人は、この反応を見て誤解します。今まで友達を作れなかったのだろうと同情しました。

白うさ
いや違うんだよ。イケメンに喜んでるだけだよ。
ひよこ
まあ、2人の誤解は仕方がないよ。客観的にはそう見えちゃう。

酒場で聞いた、残酷な噂話

するとその時。

近くのテーブルから、ルペルシャの悪口が聞こえます。若い男2人が「極悪皇女が亡くなるらしい」「それは喜ばしいことだ」と噂をしていたのです。

その残酷な言葉に、呆然とするルペルシャ。大好きな”お姉さま”を侮辱され、ひどく傷つきますが…

そんな時。

カインが彼女の目の前に跪き、自らの手でルペルシャの耳を覆いました。悪口が聞こえないように、気遣ってくれたのです。

なおユジンはその隙に、噂をしていた男たちを締め上げました。

白うさ
連携プレーが素晴らしいね!
ひよこ
流れるようにシバくね。

情報ギルド長・へレイスの登場

ルペルシャ一行が酒場を出るとき。その様子を、情報ギルド長のへレイスがこっそり見ていました。

へレイスは短い金髪と緑の瞳をもった、やんちゃそうな少年。彼は気丈なルペルシャを見て、泣かせてみたいと興味を持ったのです。

そんな彼に話しかけるのは、黒フードの男。へレイスはその男を見るなり不機嫌になり、俺の縄張りに入るなと忠告しました。

帰り道、ユジンは「なぜ怒らないのか」と質問する

酒場を出た後、ユジンはルペルシャのことを心配します。なので彼女は、2人がいるから大丈夫だと答えました。

しかしその後、ユジンは一言も発しません。そのためルペルシャは失言したのかと焦り、彼になぜ喋らないのかと質問します。

すると彼は、困惑しながら「なぜ怒らなかったのですか?」と聞き返しました。

25話ネタバレ

酔ったユジンは、本音を打ち明ける

酒場で男たちに侮辱された時、なぜ怒らなかったのか。その問いにルペルシャは「大した事ではないから」と答えました。

そもそも原作のルペルシャは、真の悪女でした。だから悪評を聞いたとき、不快でしたが怒るほどでは無いと考えたのです。

悪評を否定すれば、ルペルシャの人生を否定することになりますから。

それに、どう頑張っても噂話をなくすのは不可能。彼らは今後も、ルペルシャを悪く言うでしょう。だから彼女は微笑みながら「私は大丈夫」と告げますが…

するとユジンは、酷く不安そうな表情に。冷や汗をかきながら、大丈夫なワケがないと反論しました。

なぜ陰湿な嫌がらせに対して慣れているのか。なぜ自らを過酷な状況に置くのか。彼は顔を覆いながら、嘆くように言葉を紡ぎます。

ユジンは思わず、ルペルシャを抱きしめた

ユジンの質問に答えられず、焦るルペルシャ。すると急に、彼にぎゅっと抱きしめられました。

ルペルシャは突然のことに赤面し、内心で悲鳴をあげます。さらにこの時、脳内ではバラの花が咲いて夢見心地でした。イケメンからの抱擁はご褒美ですから。

一方ユジンは、切なげな表情。分不相応な話をして申し訳ないと謝罪します。

しかしルペルシャは、彼のことを部不相応だなんて思っていません。ニコリと笑いながら、彼を宥めますが…

運が良いのか、悪いのか。ユジンの上着をがっちり掴んでしまい、彼の胸元が露わになります。

その結果。ルペルシャは至近距離でカインの逞しい胸板を見てしまい気絶しました。

白うさ
オタクはね、すぐに気絶するんだよ。
ひよこ
というかユジン、相当に酔ってるね。

帰り道、何者かに奇襲される

気絶したルペルシャを、横抱きにするユジン。そしてカインは少し離れた位置から、複雑な表情で2人を見ていました。

すると、その時。

弾丸のような石が飛んできます。石はオーラを纏い、明らかにルペルシャを狙ったもの。

しかし直撃する前に、カインが剣を抜いてその石を叩き落としました。

白うさ
おおおカイン強い!
ひよこ
忘れてたけど、帝国最強の騎士なんだよ。

 

ユジンとカインは険しい表情になり、ルペルシャを連れて早々に場を立ち去ります。

へレイスはその様子を、建物の影からこっそり見ていました。先ほどの石を投げたのも、実は彼の仕業です。

そして彼は淡々とした表情で「手に入れにくいものほど欲しくなる」と呟きました。

⇒26話のネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』24~25話の感想

24話感想

ネタバレ感想

ルペルシャたちは、随分と親密になりましたね。護衛2人をファーストネームで呼び、彼らもお忍び中は”リシャ”と愛称で呼んでくれます。

白うさ
仲良し最高。

ユジンに至っては、かなり過保護。ルペルシャの身なりを気にしたり、不快な思いをしていないか気遣ったり…

その姿はまさにセコム。”世話焼き”という言葉が似あう男です。また、ルペルシャを傷つける者がいれば即座にシバいてくれます。

一方カインは、シャイなので照れたり遠慮したりする事が多め。しかし彼もまた騎士なので、ルペルシャを気遣うシーンが増えました。

セコムが2人もいるので、ルペルシャは安心して散策できますね!

考察|情報ギルド長・へレイスについて

24~25話にかけて、新キャラが登場しましたね。

情報ギルド長・へレイスは、金髪&緑の目をした少年。言わずもがなイケメンで、やんちゃそうな印象。ジョ〇ョに登場しそうな外見のキャラクターです。

そして彼のセリフを聞く限り、一癖ある性格のよう。なにせ彼はルペルシャの笑顔を見て、泣かせたいと思うような男性ですから。

ヤバイ子ですね。

白うさ
ルペルシャ逃げて!

なお原作小説でも、彼はヒロインを泣かせたくて付き纏っていた様子。という事はルペルシャも今後、へレイスに狙われるのでしょうか?

その場合、原作を知るルペルシャがどう対応するのか見物ですね。

⇒26話のネタバレはこちら

作品情報
原作:Seo Gwijo/文:redgu・HJ/絵:DCBO/原題:악녀가 사랑할 때

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA