【52話】義家族に執着されていますのネタバレと感想|テルデオが甥を後継者にした理由とは?


漫画『義家族に執着されています』の52話のネタバレと感想です。

セルフィウスの現状を知ったテルデオは激怒し、さらに前回のラストでは「こんな事のために後継者にしたのではない」と苦しげな様子を見せていました。

この問題は解決するのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

>『義家族に執着されています』ネタバレ全話はこちら

テルデオは本心からセルフィウスの幸せを願っていた

互いの心がわからず、すれ違う家族

義家族に執着されていますネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

こんな事のためにお前を後継者にしたのではない…と憂うテルデオ。実のところ彼は、こんな家門を大事な甥に譲りたくないとさえ思っていたのです。

しかし、その想いはセルフィウスに伝わりません。

というのもセルフィウスは『テルデオは自分に興味がない』と勘違いをしているのです

だからこそ彼は、後継者として認められたくてずっと頑張ってきました。アカデミーで無視されても大した問題ではないと耐えてきたのです。

それなのにテルデオが悲しげな顔をするものだから、セルフィウスはこの時、どうしていいか分からなくなっていました。

「僕が大公閣下の目に留まっていないのは知っています。別邸に置いたのも、僕を見たくないからでしょう。知ってます、知ってますよ。でも、でも…ここまでしたのに認めてもらえませんか?」
「そうですね。いじめられました。けど、それが何ですか?耐えられるから通いました。アカデミーに通ったのも僕の選択でした。先生たちも何も知らないんですよ。僕は閣下が理解できません。いつものように進めればいいじゃないですか。どうしてそんな事をおっしゃるんですか?」
引用元:義家族に執着されています52話 セルフィウスの台詞

テルデオの本心

セルフィウスは自嘲めいた顔で「がっかりさせてしまって申し訳ありません」と謝罪し、また必要なら田舎に戻るとまで言い出します。

するとその時、テルデオは自分の本心を明かしました。

セルフィウスを後継者に決めたのは家族になってあげたかったからで、別邸に送ったのも良い環境で育つように望んだから。

全てセルフィウスのためにした事だと、彼はそう説明しました。

ひよこ
テルデオはそれが子供にとって一番いい環境だと思ったんだね。
白うさ
けどそのせいでセルフィは寂しい思いをしてきたから逆効果だよ。

しかし今さらそんな事を言われても、セルフィウスは納得できません。それにテルデオは昔、別邸に来た時セルフィウスに会おうともしなかったのです。

そのため彼は目に涙をためながら訴えますがーーーテルデオは「分かってやれなくて、すまない」と俯いて謝罪するだけでした。

競売はグローリアが進行し、パーティーは無事に終了する

競売はどうなった?

ペレシャティが部屋を出た時、競売はすでに半分ほど行われた後でした。イベントの進行は、管理人とグローリアが担当してくれたのです。

ひよこ
グローリアは公爵夫人たちから現状を聞いて、パーティーの司会を担当してくれたよ。
白うさ
優秀な人だから、すぐに状況を理解したんだろうね。

事情を聞き、グローリアも激怒する

パーティーが無事に終わると、ラピレオン家の大人たちは部屋に集まってイジメ問題について話し合います。モルトン子爵によれば、部屋に軟禁していた保護者と子供たちはひとまず送り返したそうですがーーー

グローリアはかなり苛立っているらしく、冷たい表情で命令しました。

「夜が明けたら通報しなさい」

⇒『義家族に執着されています』53話のネタバレはこちら

義家族に執着されています52話のネタバレと感想|すれ違う家族

義家族に執着されています52話のおさらい

ネタバレ感想

テルデオは甥のセルフィウスを大事にしていて、良い環境で健康かつ自由に育ってほしいと思っています。

養子にしたのは家族になってあげたちと思ったからで、打算はないようです。後継者がほしいから引き取ったのではありませんし、むしろ内心では「こんな家門を継がせるのは可哀想」とすら思っています。

テルデオは本当に、心からセルフィウスのことを案じているのです。

けれどテルデオは自分の気持ちを口に出さないので、その結果、セルフィウスは今まで辛い思いをしてきました。田舎で寂しく生活するのも、テルデオが会いに来てくれないのも寂しかったのです。

悲しいことに、テルデオが想像する最善がセルフィウスを苦しめていたワケですね。

家族を大切にしているのに、こんな風にすれ違うのは悲しいですね。

もし彼がセルフィウスを引き取る時、積極的に話しかけていれば違う結果になっていたのかもしれませんが・・・

多分、テルデオ側にも事情があったのかなと思います。

ネタバレ感想|セルフィウスを心配する大人たち

セルフィウスがいじめられていたと聞き、ラピレオン家の大人たちは全員ご立腹です。

テルデオは見てのとおり頭を抱えていますし、フィニアスは大公家相手に呆れたものだと静かに怒り、グローリアに至っては彼らを通報するよう指示しています。

グローリアは報復として、主犯の子供たちとその親を社会的に消すつもりなのかな…と思います。

大事な子供がこんな目に遭わされたのだから、彼女が怒るのも無理ないでしょう。グローリアは一門をとても大事にしている人なので尚更です。

そしてこれを機に、セルフィウスは自分が大事にされていることを自覚してくれれば良いのですが・・・

⇒『義家族に執着されています』53話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA