『義家族に執着されています』41話のネタバレと感想|契約結婚について暴露した結果


漫画『義家族に執着されています』の41話のネタバレと感想です。

前回ペレシャティは、自分が回帰者であることをラピレオン家の人々に明かしました。当然ながら彼らは困惑し、さらに使用人のダニエルが話を立ち聞きしてしまいます。

果たしてこの混乱は収まるのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

>『義家族に執着されています』ネタバレ全話はこちら

契約結婚について暴露した結果、ダニエルが話を聞いてしまう

使用人のダニエルは取り乱す

義家族に執着されていますネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

「大公妃殿下が出て行くですって?私の聞き間違いですよね?」

モルトン子爵の息子・ダニエルは、震える手で割れた茶器を拾いながらペレシャティに問いかけます。

しかし彼女は目を逸らして返事すらしないので、彼は今の話が事実だと理解します。そして同時に、それは絶対にダメです!と叫びました。

すると大声に気付いたモルトン子爵も駆け付けて、一体どうしたんだと息子に駆け寄りますがーーー

「大公妃殿下がこの屋敷を出て行くと!父さんも一言言ってください。行かないで下さいと!」

ダニエルはよほど衝撃を受けたらしく、叫びながらモルトン子爵にすがります。

この人間味のない家にせっかく暖かな人が入ってきたのに、1年後にはいなくなると知ってショックだったのです。

ひよこ
ダニエルはペレシャティを気に入ってたから、余計に悲しいのかな。
白うさ
こんな惨状になるなんて…

そして一方、その話を聞いたモルトン子爵もまた冷や汗をたらします。しかし彼のほうは冷静で、息子を引きずって部屋を出て行くのでした。

ラピレオン家の人々も、混乱を隠せずにいた

父親に連れ出される間も、出て行かないでほしいと必死で叫ぶダニエル。その光景を見ていたペレシャティは、あまりのことに顔を真っ青にします。

なお執務室に残されたラピレオン家の人々も暗い顔をしていて、まるでお通夜のような状況です。

そんな中、真っ先に言葉を発したのはセルシアでした。

「この結婚に何かあるとは思ってたけど、1年契約だったの?」

するとグローリアも困惑した顔で質問します。

「私が聞いた話では、あなたは大公家の仕事を積極にこなしていたそうだが。今回の件について収拾させたのもそうだし。それは一体どうして…」

しかしその最中、フィニアスがその場を収めます。今日はここでお開きにして、今の話について各自考えを整理すべきだと提案したのです。

すると皆は納得して、それぞれ立ち上がりますがーーーテルデオは座ったままで、その手は震えていました。

モルトン子爵とダニエルの会話

執務室を出た後、モルトン子爵はダニエルを叱りました。

しかしダニエルは全く反省しておらず、それどころか「私は人間なのでこんな環境で長く働けません」とまで言い出します。彼はもう、ペレシャティがいなかった頃には戻れないのです。

そして彼はモルトン子爵にも、自分が聞いた話―――ペレシャティが1年後に屋敷を出て行くことーーーを説明します。

するとモルトン子爵は神妙な顔をしながら、息子に言い聞かせました。

「お前は勘違いをしているようだが、ペレシャティ様は大公家の家臣ではない。ここで働くためにて結婚したのではないのだ。それから声を抑えなさい。もし誰かが聞いたら…」

しかしその時、ドサッと何かが落ちる音がします。

振り向くと、そこにはセルフィウスが立っていました。

「ペレシャティ様が、出て行く?」

セルフィウスの足元には、猫のお面が落ちています。しかし彼はそれを拾いもせず、ただ呆然と立ち尽くしていました。

白うさ
あああ…一番聞かれちゃダメな子に聞かれたよ‥・
ひよこ
相当ショックだろうね。大好きなお姉さんが1年後にいなくなるんだから。

翌日、ペレシャティとテルデオは2人きりで話をする

テルデオは思いつめていた

ペレシャティは事務仕事をこなしながら、昨日の出来事を思い出していました。

というのも彼女が事情を明かした後、テルデオはひどく思いつめた表情をして席から動こうとしなかったのです。

するとその時、ちょうどテルデオがやって来ます。彼は気になる事があるそうなので、ペレシャティは人払いをしてから客席に案内しました。

テルデオは初めて会った時のことを謝罪する

2人きりで向かい合って座ると、それまで無言だったテルデオがふと口を開きました。

「…遅くなったが、初めて会ったときに君を無下に扱ったことを謝りたい」

予想外の言葉に目を丸くするペレシャティ。するとテルデオはうつむきながら続けました。

自分のせいで2回も毒を飲ませてしまった。おまけに2回目は故意だったので、自分の都合だけでそんな事をしてはいけなかった。彼はそう語ります。

またアイレットの件については、ペレシャティが進言しなければ分からないままだったでしょう。そのため彼は謝罪だけでなくお礼も言いますが、顔は伏せられたままで両手はぎゅっと握られています。

「実は…君にどう謝罪すればいいのか分からない。君が昨日言ったことが本当なら…」

そしてテルデオはようやく顔を上げると、ペレシャティの顔を真っすぐに見ます。

すると彼女は驚いて目を丸くしながらも「大丈夫ですから」と彼を気遣うのでした。

⇒『義家族に執着されています』42話のネタバレはこちら

まとめ|義家族に執着されています41話のネタバレと感想

41話のおさらい|ラピレオン家は大混乱に陥る

ネタバレ感想

ペレシャティは自身が回帰者(つまり未来から過去に戻って来た人間)であることを明かし、さらにテルデオとの結婚が1年間の契約結婚であることも説明しました。

その結果、話を聞いてしまったダニエルは取り乱し、ラピレオン家の人々もショックを受けます。

特にテルデオは尋常ではない落ち込み方をしていました。マンガ版を見ると分かりますが、絶望したような顔をしています。

とはいえ彼のこの反応は仕方がないでしょう。

なにせ好きな女性(推定)が、自分たちの毒のせいで命を落としたのですから。責任感が強く優しい彼だからこそ、なおさら傷ついたと思われます。

ネタバレ感想|カミングアウトするのが一足遅かった?

ペレシャティは上記のシーンで、冷や汗をダラダラ流していました。こんな惨状になるとは思っていなかったのでしょう。

恐らく彼女は「契約結婚についてはいつか打ち明けることになるし、今言っておこう!」くらいの気持ちでカミングアウトしたと思われます。ラピレオン家の人々は冷静なので、理解してもらえると考えたのでしょう。

けれど、そう思っているのはペレシャティだけでした。彼女はこの屋敷に馴染みすぎた・・・つまり皆に好かれすぎたのです。

だからこそダニエルが発狂するわ一族は頭を抱えるわで、大混乱に陥ったのでしょう。個人的にはカミングアウトするのが一足遅かった印象です。

⇒『義家族に執着されています』42話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA