冷え性が寝るときの服装や格好は?パジャマや足元グッズの選び方

スポンサードリンク
Pocket

ベッドに入ろうとすると、急に足が冷えてくる・・・そんな経験はありませんか?このページでは全国の冷え性の女性の為に、寝る時にできる対処法をまとめました!体を冷やしにくい正しい恰好や、寝る時用靴下の正しい選び方について、私の経験談も交えてわかりやすく解説しています。

冷え性になるのは普段の格好が原因?

人はなぜ冷え性になる?

風邪

東京の足湯カフェで人気のお店は?新宿/渋谷/上野のおすすめ

そもそも、なぜ人の体が冷えるのでしょうか?まずは原因から知っておきましょう。

本来、私達の体には全体に血液が行きわたっていますよね。しかし、血行の巡りが悪くなってしまうと、一部に血行が回らないことがあるのです。これが、冷えの原因ですね!

特に足が冷え性になりやすいのは、心臓から離れた位置にあるためです。小学生の理科の授業を想い出してみて下さい。心臓の役割は、全身に血液を送り出すこと(ポンプの役目)でしたよね?そのため、離れた位置にある手足は冷えやすいのです。

体を冷やさない対処法

寝る時に、いつも足元が冷える・・・という人は、生活から改善してみましょう。生姜や冬野菜・チーズ・ココアなどは体を温める効果を持つため、食べると冷え性に効果があると言われています。

「冷え性効果のある食べ物やお茶」については下の記事で説明しているので、興味のある人はそちらをご覧くださいませ(^^♪

冷え性におすすめと逆効果のお茶は?ノンカフェインやホットミルクは効く?

また、水分(常温)をしっかり補給し、適度に運動をして筋肉を動かすことも大切だといわれています。体を動かすことで、結構の流れがスムーズになります。

寝るときのパジャマや服装

スポンサードリンク

基本的な冷え対策についてわかったところで、ここからは本題に入りましょう!「寝る時の服装」についてですね。

結論から言いますと、寝る時のパジャマや格好は、体の締め付けが少ない服が望ましいです。最初にお話しした通り、体を締め付けると血行が悪くなるためですね。

仮に、温かいけれど体にぴったりフィットした服装を着てしまうと、血行が悪くなって逆に体が冷えてしまう可能性があります。

つまり。寝る時はフリースよりもパジャマを着て、体にゴムの後が残らないようにした方が良いという事ですね。

足元対策!靴下はどれを選ぶべき?

靴下が冷え性にNGな理由

睡眠時間

生姜湯は一日何杯でいつ飲むと冷え性に効果的?タイミングと量は?

靴下を履きながら寝ると、足首を締め付けて血行が悪くなってしまうため、できれば履かずに寝た方が良いでしょう。また、デメリットとして、体温調節が上手くできなくなるという点も挙げられます。

しかし、靴下はピッタリと足に密着しているものが多いので、熱がこもって逃げられなくなります。

そのため、必要以上に汗をかきやすく、そのかいた汗が足の体温を吸収して外に逃がそうとするために、かえって足を冷やすことになってしまうのです。

引用元:http://www.cecile.co.jp/genre/g3-1-IN-SC-3A/article119/

足元グッズを賢く選ぶには

スポンサードリンク

寝る時には、靴下を履かない方が良い・・・わかっていても、中には「足が冷えてどうしても眠れない」という人もいるはずです。現に、私がそうでした。

私は北海道に住んでいるのですが、氷点下だと布団と毛布だけじゃ冷えを防げません。という訳で、あまりに寒い日には靴下を履いて寝ていました。結果的には、靴下アリの方がすやすやと眠れています。

私は靴下のおかげで快適な睡眠を手に入れたので、デメリットばかりではありませんよね(^^♪

ただし、寝る時の靴下には選び方があります。下で紹介するような、締め付けがなく履き心地の良い靴下を選ぶのがベターでしょう。

①締め付けの少ない素材を選ぶ

例)レッグウォーマーなど(商品詳細ページ

②放温性に優れている素材を選ぶ

◆保温性に優れていれば、寝ている間にかいた汗も上手に処理してくれます。シルク素材の靴下が理想的ですが、値段が少々お高めなので、オサイフと相談してから決めても良いでしょう

例)シルクの靴下など (睡眠靴下への商品ページ)

私の一番のおすすめはコレ!

嬉しい女性

玉ねぎヨーグルトの食べ方や味は?アレンジレシピのおすすめまとめ

上の2つを試してみても眠れない人は、私の秘密兵器を試してみて下さい!

私の一番のおすすめは、湯たんぽです。寝る1~2時間前から足元に入れておけば、布団全体が温かくなるため、「布団の中が寒い」と感じる事はほぼありません。あれは、真冬の救世主です。

お湯を沸かして入れるだけなので、電気代も低コストです!湯たんぽがあれば、私は氷点下の日だろうと台風が来ていようと安眠できます。

まとめ

「冷え性すぎて、夜に眠れない・・・」そんなあなたは、下の3つのポイントを試してみて下さい。冷えの原因を排除すれば、症状が軽くなるかもしれません。

【寝る前】

  • 水分と運動時間を取る
  • 冬野菜など、体を温める食べ物を食べる

【寝る時】

  • 体を締め付けない格好で寝る
  • 靴下を履く時は、シルク製の物を選ぶ

 

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA