翻訳『再婚承認を要求します』外伝53のネタバレと感想|子供たちの決断


『再婚承認を要求します』の外伝53『子供たちの決断(1)』のネタバレと感想です。

前回、シシがお姫様ではないとレイルに盗み聞きされました。もし大公の耳に入れば、逆切れされそうな状況ですが…

シシは無事に屋敷を脱出できるのでしょうか?続きをまとめました。

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

⇒女性向けの韓国漫画まとめ

リルテアン大公視点|シシが王女ではないと知る

勘違いに気付いた結果

再婚承認を要求します外伝
以下の文章は『再婚承認を要求します外伝』のネタバレであり、原作を翻訳したものです。8割意訳かつ概要のみ紹介しています(詳細を載せたら多分、権利元から苦情が来るので)

シシの話を立ち聞きしたレイルは、すぐさま父親の元へと向かいます。

そしてシシがお姫様ではないことを報せると、リルテアン大公は「けしからん!」と怒りに肩を震わせました。大公にとっては、シシが王女を詐称したも同然だったのです。

しかしその直後、大公は考え直します。

レイルの話によれば、本当の王女はシシの友人だそう。かといってシシを怒鳴りつけて王女は誰かと聞いても、彼女は義理を守ろうと口を開かないはずです。そもそもシシは自分からお姫様ではないと明かしたので、王女の地位に欲がないのでしょう。

そこまで考えて、大公は卑劣な笑みを浮かべます。

それならシシと王女の立場を逆にすればいいと考えたのです。

白うさ
相変わらず、やり方が卑怯だね。

ソビエシュ視点|子爵夫人からシシが家出したと聞く

傷心のソビエシュ

エベリーを呼んで足を治療したソビエシュは、宮殿に戻るとすぐ部屋に閉じこもりました。

彼がたまに出かける場所は、モテと会ったあの庭だけ。その場所で彼は、娘を見抜けなかった瞬間を何十回も思い出しては後悔したのです。

するとある日、ヴェルディ子爵夫人が謁見したがっていると部下から連絡が入ります。

ソビエシュは誰とも話をしたくないので断りますが、部下によれば子爵夫人はとても切羽詰まっているそう。

そのためソビエシュは、子爵夫人を連れてくるよう命じます。そんなに急いでいるなら、ただ事ではないと思って。

そして彼女から聞いた話は、意外なものでした。

シシが家出したと知る

「シシが家出をした?」

ヴェルディ子爵夫人は恨みがちにソビエシュを見ながら、陛下が連れ去ったのですかと追及します。しかし彼が無関係だと知ると悲しい顔をして、シシが『私は陛下の娘ではない』という手紙を残して去ったことを伝えます。

それを聞いたソビエシュは驚き、騎士に命じてシシの行方を捜索させました。

捜索の結果

捜索の結果、シシはリルテアン大公の屋敷にいると判明します。

そのためソビエシュはすぐ大公の家に騎士を送り、シシを探すよう命じました。

大公は何か企んでいるに違いありません。しかし意外にも、大公は素直にシシを返しました。

・・・

ソビエシュは、久しぶりにシシと再会しますがーー彼女は以前と違い、ぎこちなく挨拶をするだけ。自分が皇帝の娘ではないと知って決まりが悪いようです。

彼はあえて親しげに接しますが、シシは力なく笑うばかり。彼はシシが傷ついていることに気付くも、どうしてあげればいいのか見当がつきません。

するとその時、シシはうつむきながら呟きました。

「いたずらに混乱させてごめんなさい。でもあなたはすぐ本当のお姫様に会えるでしょう。リルテアン大公様も、お姫様を探したがっていて…」

その言葉にソビエシュは固まります。大公の狙いが、モテであることに気付いたのです。

ひよこ
この時、ソビエシュの反応を見たシシも何かがおかしいと理解したよ。
白うさ
本当に賢いねこの子。

ソビエシュは「知らせてくれてありがとう」とシシにお礼を言うと、馬車でヴェルディ子爵夫人のもとへと送ります。

そして彼女が去るとすぐに、近衛兵にリルテアン大公を連れて来るよう命令しました。

王女を探すな

しばらくすると、近衛兵がリルテアン大公を連れて来ました。大公は自分が呼ばれた理由に気付いていながらも、何のご用事でしょうか?と潔白のフリをします。

その態度がソビエシュの神経を逆なでしますが、彼は落ち着いた態度で命令しました。

「王女を探すな」

その言葉に大公は驚いてビクッとしますが、一時は姪だった子を探しているだけだと言い訳をします。また同時に、国民がお姫様を懐かしんでいるから安心させたいのだと主張しますが…

大公の言葉を、ソビエシュは真っ向から否定します。

「王女が実際に現れたら、多くの人はその子を王女ではなく囚人にしようとするだろう。どこに行ってもあの子は見せ物になる」

だから探すなと忠告すれば、大公は了承の返事をします。

しかしソビエシュは、それが偽りの返事だと気づいていました。なにせ大公は、必要ならいくらでも嘘をつく人ですから。

そこでソビエシュは、大公にしばらく宮殿で過ごすよう命令しますが…

結局のところ、大公の部下たちが“お姫様が生きている”という噂を流してしまいます。

なお黒幕は太功妃であり、噂を流すことでソビエシュに圧をかけて夫を解放させる気なのでしょう。

ソビエシュは決断を迫られる

宝石をすげ替えたのが大公側の人々だろうと疑われる最中に起きた、カイ皇子の暗殺未遂事件。にもかかわらず大公側は厚かましくラリに求婚し、今度はモテまで巻き込もうとしています。

もはやこれ以上目をつぶってやるワケにはいかず、ソビエシュは決断を迫られました。

白うさ
これは逮捕案件。
ひよこ
けど証拠が無いんだよ。だから逮捕すると、ソビエシュが世間から非難される可能性があるね。

モテ&ラリ視点|ラスタの娘だと打ち明ける

モテの告白

西大帝国に帰ったモテは、ケルドリックの助けでラリに会うことに成功しました。

そして自分がラスタの娘であることをラリに明かしますが…

現在ラリは、ヨンヨンに冷たくされて落ち着かない状態。おまけにモテがとんでもない告白をしてきたので、ラリはさらに頭の中が複雑になりました。

ラリの返事

真実を知れば、ラリは自分を嫌うかもしれない。モテは覚悟はしていたものの、無言でしかめ面をするラリを見ると怖くなります。

するとその時。

ラリはゆっくりと口を開き、少し考えてみると言いました。そしてモテの怖気づいた表情に気付くと、彼女の肩をポンポンと叩きます。

「急にあなたを憎んだりはしない。けど現実的な問題があるから。言ってくれてありがとう」

そしてモテと別れた後、ラリは悩みながら自分の部屋へと歩いて行きました。

・・・

ラリはモテが欲しいと思っていました。闇市であった時、図体の大きい輩を一度に制圧する姿が気に入ったのです。それに見知らぬ人を助ける正義の心も好きでした。

けれどラリがモテを引き取れば、いくら秘密にしようとナビエに会うことになるでしょう。

ラリはそれが心配で悩んでいたのです。

ヨンヨン視点|ラリに言った言葉を後悔する

ヨンヨン視点

同じ時刻、ヨンヨンもまた悩んでいました。ラリに厳しい事を言い過ぎたかもしれないと後悔して落ち込んでいたのです。

そんな息子の姿を、マッケナはかわいいと思いますが…けれど彼は、ミニハインリが嫁になることを望んでいません。

すると父親の心など知らないヨンヨンは、すばやく立ち上がります。どうやら彼は、“ラリにつきまとう人間”に用事があるようです。

⇒『再婚承認を要求します』外伝54はこちら

『再婚承認を要求します』外伝53のネタバレと感想

感想①シシが破滅フラグをへし折ってる件

ネタバレ感想

前回に引き続き、シシがファインプレーを連発していますね。

まず1つ目は、王女の地位に欲を出さなかった点。そして2つ目は、大公がモテを探しているとソビエシュに伝えた点。シシは持ち前の賢さで、破滅フラグを片っ端からへし折っています。

管理人は彼女がラスタやアレイシアのようにならないか心配していましたが、全く問題ありませんでしたね。

感想②現状、ラリが板挟み状態

これは管理人の推測ですが、ナビエは大人の事情に娘を巻き込まないはずです。

ラリがモテを引き取ったとしても、それが娘の選択でありモテに実力があるなら受け入れたのではないでしょうか。

そもそも親の確執なんて子供には関係ないと思うんですよ。大人たちの事情のせいで、子供の交友関係や行動範囲が制限されるのは防ぐべき。それをやってしまうと、子供の将来にも影響しますから。

しかしラリ視点だと、どうしても母親の心境を考えてしまうのでしょうね。大好きな母親が傷つかないかとか、不快にならないかとか。ラリは賢い子だから尚更、いろいろ考えてしまうと思います。

個人的には、まだ子供なのに親の立場とか心境まで考えなければならないのが辛いです。王族なのである程度は仕方がありませんが…

⇒『再婚承認を要求します』外伝54はこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

3件のコメント

更新ありがとうございます。
シシも常時泉に拐われてきた貴族の子だったようなので、元々賢い子だったのかもしれませんね。
常時泉てそう考えると今は善人に混じってナビエ様のもとにいますが、罪作りな集団でしたね。
ラリは、ハインリもそうですが信用できる者や身内に対してはとても愛情深く気持ちを思いやれるんだと思います。
マッケナは振り回されてプンスカしてるときもありますが、矢で撃たれた後はマッケナを心配してネックレス回収にクロウを東に送っていたのを私、忘れてません。
その点ナビエ様の方が色々割り切った性格をしてると感じます。
割り切ってなければ東に子供達を遊びに行かせたりしないでしょう。
今が幸せだから、ですが。
ラリが望むなら、たとえそれがラスタの子でも割り切るタイプだと思います。
そして、ソビエシュ。
ソビエシュがまだメンタル病みなのか単にやる気を失っているのかはわかりませんが、ソビエシュが考えることって、一見自分より周りの事を優先して考えてるようで、結局目の前の事しか見えてないから結局周りを巻き込んでしまう、そんな人だと思うんです。
国民感情でラスタやグローリーエムに同情が集まっているという今、悪いのはソビエシュ、そして読者と違って国民はソビエシュがラスタとラスタの子を優先してナビエ様やコシャールに何をしたか、どんな計画を立てたか知らないので、国を捨て(ざるを得なかっ)たナビエ様やハインリ、子供達、代理人をしている父母まで非難が広がったりしたら嫌だなと思います。
モテの事を一番に考えたら結局誰かが犠牲になり、でも犠牲はひとりでは終わらない。結局振り回されてそこから犠牲が広がっていく。
そんな気がしてザワザワします。
彼は策士では無いので。

訂正です。
彼は策士では無いので ではなく
彼は策士かも知れませんが私が理解できる策士ではないので
です。

>マリさんへ
コメントありがとうございます。
ソビエシュについては私は意見が少し違うのですが、マリさんのお気持ちはわかります。
あと、私もソビエシュは策士ではないと思っています。愚かな人では無いけれど、策士と呼ぶには視野が狭いイメージです。
強いて言うなら、策士はエンジェルさんでしょうか笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA