【結婚商売】11話のネタバレと感想|ヴァンサンによる職場見学ツアーがはじまる


漫画『結婚商売』の11話のネタバレと感想です。

前回ザカリーは、近々遠征に行くのでそのときビアンカも連れて行くと言っていました。とはいえこの時代、妻は屋敷で夫を待つのもの。そのため軍部長・ソヴールはとんでもない質問をしますが・・・

この質問にザカリーは何と答えるのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

>『結婚商売』ネタバレ全話はこちら

軍部長・ソヴールの直球すぎる質問に、ザカリーは赤面してしまう

なぜ妻を遠征に連れて行くのか?

結婚商売ネタバレと感想

「遠征先で子作りをするのですか?」

軍部長・ソヴールがとんでもない質問をするので、ザカリーは顔を真っ赤にします。そして視線をそらしつつ、この件と子作りは関係ないと答えました。

白うさ
思ったんだけど、ビアンカが遠征に行くのを嫌がったらどうするんだろうね?
ひよこ
実のところ、軍部長3人もそれを心配してるよ。ザカリーは拒否される可能性なんて考えてないけどね。

ビアンカは予定通り、ヴァンサンと一緒に領地の見学に行く

ビアンカは朝早くから見学に出かける

ザカリーの計画を知るはずもないビアンカは、数日後には風邪もすっかり治ったので家事を習いはじめます。

ヴァンサンと一緒に領地の見回りをするため、分厚いコートを羽織って朝早くから屋敷を出発しました。

アルノー領の地理について教わる

屋敷の外に出ると、ヴァンサンは人気のない道を歩きながらアルノー領の地理について説明します。彼によれば、ここは農畜産業と林業がすべて可能なありがたい土地らしいですがーーー

ビアンカはその説明を聞きながら、前世で屋敷を追い出されたときの出来事を思い出していました。

前世の記憶について
ビアンカは前世で、アルノー領の地理について全く興味を持ちませんでした。しかしたった一度だけ、屋敷周辺の地理についてヴァンサンに教わったことがあります。
ザカリーが戦死した少し後。彼の兄であるウィグ子爵に屋敷を追い出された日。
嘆き悲しむビアンカに、ヴァンサンは「東の方に歩いて行けば10日ほどでブランシュフォール家と縁のある家門の土地に出るはずです」と教えてくれました。

当時のビアンカは、この土地をうんざりだと思っていましたが…

何が何でも生き残ってやろうと決心してから眺めてみると、とても美しい土地であることに気付かされました。

ひよこ
決意してから見る光景はさぞ美しかったろうね。
白うさ
気持ち一つで、景色って変わるものだよね。

ヴァンサンは仕事を教えるため、いろいろな職場を案内する

まずは針房の見学に行く

領地について説明を受けた後、ヴァンサンは真っ先に針房(裁縫などを行う職場のこと)に立ち寄ります。

というのもビアンカが刺繍に興味があることを覚えていたらしく、衣服や旗などに入る刺繍について詳しく説明しますがーーー

その時、そう遠くない位置で誰かがぼそりと呟きました。

「あの女が伯爵夫人よねえ?城で働くアントって子をめちゃくちゃ叩いて追い出したんだって?」

針房で働く女性たちが、ビアンカを見て陰口を言いはじめたのです。

そのためイボンヌはオロオロしますがーーー当のビアンカは刺繍に夢中で、噂話など耳に入っていない様子。

さらに彼女は美しい刺繍を見つけて、それを作った針子(裁縫の仕事をする女性)に「明日、私のところへ来て」と指示しました。

というのも針子の器用さを見込んで、仕事を任せようと考えたのです。

次にロウソク工房を見学する

針房を見学した後、ビアンカ一行は精肉店とロウソク店の視察に行きました。

とくにビアンカはロウソクに興味津々で、工房に到着すると瞳をキラキラ輝かせながら作業風景を見つめます。

なおヴァンサンによれば、ビアンカが現在使っているロウソクは蜜蝋で作られた高級品であり、すすや匂いも少ないそう。

しかしそれを聞いたビアンカは『その貴重なものを私のために使っているって言いたいわけ?』と解釈し、不機嫌そうな顔をします。

すると失言に気付いたヴァンサンは、慌ててフォローしますが・・・

実のところ、彼女はそれほど怒っていません。ただ前世で自分に冷たくしたヴァンサンを、隙あらばいじってやろうと思っただけです。

・・・

ロウソク店の見学を終え、ビアンカは屋敷に戻ろうとします。しかしそのとき大きな木箱に足をぶつけていまい、中からは「いた!」と声がするではありませんか。

そこで護衛のガスパルが木箱の蓋を開けてみるとーーー中には、ナイフを持った少年が潜んでいました。

⇒『結婚商売』12話のネタバレはこちら

結婚商売11話のネタバレと感想|職場見学をしたときの裏事情について

結婚商売11話の補足|ビアンカ着込みすぎ案件

ネタバレ感想

ビアンカは風邪から回復したものの、今回の件によりイボンヌは「奥様はとても寒がり」と認識してしまいます。

その結果、ビアンカがいざ視察に行こうとすると分厚いコートを着せてしっかり防寒対策をしました。

しっかり着込みすぎて、傍から見るとフォルムが丸く見えるほどに。それこそビアンカ自身も、コートの重みで足取りがフラフラになるレベルです。

読者的には笑ってしまいますが、イボンヌは深く後悔したのでしょうね。優しい彼女のことだから「私の防寒対策が甘かったせいで奥様が風邪をひいてしまった…!」くらい思ったのかもしれません。

ネタバレ感想①ロウソクな興味津々な理由

ビアンカが前世で修道院にいたとき、ロウソクは貴重品なのでろくに配給されたことがなかったそうです。

そのため彼女はロウソクに興味津々で、作り方を自分で確認して覚えておきたいと思ったようです。

ネタバレ感想②ラストの少年は何をしていた?

結婚商売の11話、ラストが少々不穏でしたね。

あんな木箱の中で、子供がナイフを持って何をしていたのやら・・・韓国マンガの序盤はかわいそうな境遇の子ばかり登場するので、この子供の生活事情を知るのが怖いです。

いやほんと、自傷行為とかだったら・・・あ、でもそれだとイタッ!っと叫ぶのはおかしいですね。となると、隠れてナイフで何かをしていのでしょうか?

⇒『結婚商売』12話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA