【外科医エリーゼ】32話~36話ネタバレ感想⑤王宮でついに事件発生?

スポンサードリンク

ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレです。今回は、32話から36話までのストーリーについてまとめています。

⇒『外科医エリーゼ』のネタバレ一覧はこちら

32話:王子とダンス

恋人のダンス

ルイにダンスを申し込まれたエリーゼ。しかし、そこに王子が現れて「その手を離せ」と、2人のダンスを止めようとします。

実は、王子とルイは因縁の仲。というのも、2年前の戦争で命がけの戦いをした関係だったのです。

ヒヨコ
このシーンで、ルイと王子のかるーい口論があるのですが、王子はズバズバ言いたい放題でした(笑)

 

ルイの手から逃れたエリーゼですが、次は王子からダンスに誘われてしまいます。

王子とのダンスは嫌ではありませんが、エリーゼは熱のせいでフラフラ。そのため、ダンス中もずっと辛そうにしていました。

そして、辛そうなエリーゼを見た王子は「なんだこの不服そうな表情は・・・私と踊るのがそんなに嫌なのか?」と、勘違いして怒ってしまいます。

ウサギ
王子、違う!!!そうじゃない!!!

 

王子が「エリーゼに熱がある」と気づいたのは、ダンスの後でした。ようやく事態を察した王子は、エリーゼを皇族専用の休憩ラウンジに連れて行って休ませます。

ようやくエリーゼは一息つけたのですが、彼女にとって今の状況は謎だらけ。「王子は私のことを嫌っているはずなのに、なぜ今日は優しいんだろう?」と不思議に思います。

そこで、王子に「私によくしてくださる、特別な理由でもあるのですか?」と聞いてしまったのです。

33話:皇帝の宣言

エリーゼの質問に、王子は「私はただ何も知らず、無理に躍らせてしまったことが申し訳ないだけだ」と、返答をします。

そして、エリーゼも「ああ、なるほど!」と納得してしまいます(^^;

ウサギ
ラブストーリーになりそうなのに、関係が進展しない・・・!

 

王子は休憩室に案内するだけでなく、エリーゼのためにイチゴケーキ(エリーゼの好物)を手配してくれました。

お腹が一杯になり、眠ってしまったエリーゼ。目を覚ました彼女は、皇帝陛下の祝辞を聞くために、再び会場へと戻ります。

しかし、ここで事件が発生。

 

陛下は皆の前で「王子の婚約者を発表する予定だったが、相手がまだ成人を迎えていないため、発表を延期する。そのため、婚約発表はクロレンス姫君(=エリーゼ)が成人を迎えてから発表する」と言い出したのです。

形式上、賭けを破ったことにはなりませんが、これではエリーゼが王子の婚約者だと発表したも同じ事。

つまり。

陛下は賭けのルールを利用して、自分の優位になるように仕向けたのです。

ウサギ
ずるい!陛下ずるい!
ヒヨコ
陛下は優しい人だけど、やっぱり王様なんだよ。エリーゼを王妃にするため、手段は選ばないんだろうね。

34話:交渉

スポンサードリンク

「このままでは、王子と結婚するハメに!前世と同じ過ちを繰り返さないためにも、陛下に直談して食い止めなければ!!」

というワケで、エリーゼは王宮に向かいます。

いくら賭けをしたとしても、相手は皇帝陛下。つまり、陛下が「この賭けは無効だ」といえば、賭けはなかったことになるのです。

ヒヨコ
陛下は、国で一番の権力者だからね。陛下が「No」といえば、全て無かったことになります。
ウサギ
大人って汚いね!!!

 

そして陛下と話をしたところ・・・

陛下は「賭けは守るし、現在も続いている。ただし、皇后になるよりも、医者として働く事に価値があると証明しなさい」と言います。

つまり、医者として偉業を成し遂げないと、絶対に認めないという事ですね。

 

そんな中。

突然、部屋の外から悲鳴が聞こえます。どうやら、公爵夫人が突然倒れてしまったようです。

35話:応急手当

悲鳴を聞いて駆けつけたエリーゼは、公爵夫人の病状をすぐさま見抜きます。倒れた原因は、体内の酸素不足。つまり、食べ物が喉にひっかかり呼吸ができなくなったのです

エリーゼは「ハイムリック法」で食べ物を吐き出させようとしますが、公爵夫人は息をしません。

 

今すぐに治療しないと間に合わない状態。医者を待っている時間さえありません。

 

そこでエリーゼは、近くに置いてあったテーブルナイフで公爵夫人の喉を切り、応急手当をしたのです。

一歩間違えば、即死する危険な方法。しかし、公爵夫人を助けるには、もうこの方法しかありません。

 

エリーゼによる応急手当は、すばやく正確。その結果、公爵夫人は息を吹き返して助かりました。

しかし、周囲から見れば「エリーゼが、倒れた公爵夫人をナイフで切りつけた」という状態。そのため、エリーゼは警備員に捕まり「百院」(罪を犯した皇族が幽閉される場所)に閉じ込められます。

 

その話を聞き、焦ったのはエリーゼの父親。

父親は「あの子は、公爵夫人を助けようとしたに違いない!」と弁明し、陛下もそれを理解しています。

 

しかし、公爵夫人の体に傷を負わせた以上、罪は罪。

エリーゼの無実を証明するには、医者が状況を調査してエリーゼのおかげで公爵夫人が助かったと、明確にしなければなりません。

つまり、エリーゼの応急処置が完璧だったと、医学的に証明する必要があるのです。

36話:意外な訪問者

スポンサードリンク

陛下は、今回の事件を医者に調査させました。というのも、陛下はこんな風に考えていたのです。

「エリーゼに医者の才能があるといっても、応急処置には問題があったはず!これを理由に ”賭け” を終了させて、二度とエリーゼが病院に行かないよう、説得しよう!」

 

陛下は、エリーゼを皇后にしたいと望んでいます。そのために、エリーゼには医者を諦めさせる予定だったのですが・・・

調査によると、エリーゼの応急処置は完璧。さらに、調査をした医者は「エリーゼの処置がなければ、公爵夫人は命を落としていた」と言うのです。

 

陛下はその結果を信じられず「大きなミスじゃなかったとしても、何かしらのミスはあったはずだ」と問いました。

しかし、医者は「ミスなど何一つ無い。完璧な処置だった」と言うばかり。まさに、奇跡といえるレベルの処置。

つまり、陛下の計画は失敗したのです。

ヒヨコ
エリーゼが少しでも失敗していれば、無理やり皇后にさせられていたんだろうね。
ウサギ
でも、今回の応急処置は大成功。エリーゼは、後からご褒美が貰えるらしいよ。

 

一方、その頃。幽閉中のエリーゼの元に、意外な人物が訪れます。

彼の名は、ミハイル。

王子の弟であり、政敵にあたる男性。前世のエリーゼ(元皇后)から見ても、敵対関係にある人物ですが・・・

 

ミハイルの姿を見た瞬間、エリーゼはぽろぽろと涙を流し始めました。

⇒ネタバレ感想の続きはコチラ(37話~)

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA