【外科医エリーゼ】72~73話ネタバレ感想⑳伝染病対策スタート

スポンサードリンク

ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の72話~73話までのストーリーについてまとめています。

今回からは本格的な伝染病療がスタートしますが、エリーゼは患者を助けられるのでしょうか?

白うさ
伝染病を何とかしないと、戦争どころじゃないよね。
ひよこ
触れただけで感染する病気だから、軍の壊滅もありえるよ。

感想と一緒に、ネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

スポンサーリンク

72話

患者を病院に隔離

伝染病対策のため、エリーゼは野戦病院に外部の人間が出入りすることを禁止しました。

これで、軍全体に伝染病が広がる危険性はなくなります。

これからやることは、すでに発病した患者たちの治療。

現時点で伝染病にかかったのは750名。潜伏期の人数を含めると、1000名以上が感染している危険な状態です。

 

野戦病院の医務室で、エリーゼと医師たちは治療方法について話し合いますが・・・

患者の死因はすべて肺出血で、止血は不可能。原因はわかっているのに防ぐ手段がないのです。

医師の1人はため息をつくものの、エリーゼは「肺出血を止めるのではなく酸素治療をする」と提案しました。

白うさ
肺出血なのに酸素?
ひよこ
その理由も、ちゃんとエリーゼが説明してくれるよ。

 

エリーゼが調査したところ、患者の死亡原因は出血過多ではなく肺に水が溜まったこと。

患者たちは肺に血が溜まったせいで、まるでおぼれた時のように酸素の交換ができなくなり死亡しているのです。

そこでエリーゼが思いついたのが、酸素治療。

人為的に酸素を供給することで、低酸素症を解決するのが狙いです。

 

しかし、この治療方法には1つ問題点がありました。

酸素治療をするためには移動用酸素室(馬車や記者にのせて移動する酸素供給室)が必要で、他国から借りる必要があるのです。

ひよこ
移動用酸素室をつかうのが、この時代では酸素を供給する唯一の方法だよ。

本国にも移動用酸素室はあるものの、運搬に時間がかかります。そのため、患者を助けるには他国から借りるしかない状況でした。

スポンサードリンク

チャイルド家からの贈り物

後日。

エリーゼのもとに移動用酸素室が届きます。

送り主はチャイルド家門のマルク伯爵。アルバートを助けてくれたお礼にと移動用酸素室を贈ってくれたのです。

白うさ
おお、義理堅い!
ひよこ
アルバートもマルク侯爵も、チャイルド家は優しい人が多いね。

 

移動用酸素室が手に入ったので、さっそく酸素治療をスタートします。

すると、酸素治療により伝染病死亡率は70%から10%まで低下。伝染病にかかっていたミハイルも回復しつつあります。

大きな被害は食い止められ、本国ではエリーゼとボランティア医療人たちの活躍が話題になっているようです。

 

しかし、まだ問題は残っています。

そもそも、この伝染病は自然流行したものではなくルイ(敵の参謀)が意図的に感染させたもの。

ルイは帝国の騎士を捕虜にしたとき、わざと伝染病患者に世話をさせて騎士に病気をうつしたのです。

そのため、エリーゼたちのいるクリミア半島で急に伝染病が流行りだし、帝国軍のみが感染するという奇妙な状態になっていました。

 

この奇妙な状態に気づいたエリーゼは、捕虜だった騎士に話を聞きに行きます。

そこでようやく、ルイがわざと伝染病をうつしたという事実を知りました。

白うさ
普段は笑顔のエリーゼだけど、この時はさすがに怒ってたね。

 

ルイの非道さを知り、怒りに顔をそめるエリーゼ。この事実をミハイルに伝えると、ミハイルは「この問題は僕が解決する」と言い出しました。

伝染病で一番大きな被害をうけたのは剣騎士団なので、ミハイルの怒りも相当なものだったようです。

電子書籍と本

ハイキューの電子書籍レンタルが安いサイトは?まとめ買いはどこがお得?

 

73話

ミハイルの反撃

ミハイルは王子のところに行き、伝染病流行の原因を知らせます。

ミハイルの部下が捕虜として捕まった時、病気のムーア人から世話をされて感染したこと。

その後、捕虜になった部下が返ってきたため、軍全体に伝染病が感染者が増えてしまったこと。

全てを話しました。

 

この話を聞き、王子も「伝染病はルイ・ニコラスの策略だった」と確信します。

そして、ルイ・ニコラスへの報復としてマスコミを使おうと考えました。

今回の事件をマスコミを通して発表すれば、国際的な問題にまで広がります。そうすれば、ルイニコラスと共和国軍は国際的な非難を受けて支持を失うでしょう。

 

しかし、マスコミに発表するには材料が足りません。

捕虜の看病をしたムーア人が病人だったという、確実な証拠が必要です。

ひよこ
すぐに暴露できればいいのに!
白うさ
いつだって、罪を暴くには証拠が必要なんだよ。

 

そこでミハイルは、敵陣まで近づき感染源となったムーア人を探します。

そのムーア人はすでに死亡していたので、死体を探して解剖し「感染源」かどうか調べたところ・・・

結果はクロ。

捕虜たちに病気をうつしたのは、ムーア人であると判明しました。

白うさ
今度は医師のお墨付きだから、確実な証拠になるよ。
ひよこ
これで反撃できる!

 

その後のルイ・ニコラス

証拠をつかんだ王子とミハイルは「伝染病の流行はルイ・ニコラスの仕業だった」とマスコミに宣伝させます。

新聞を読んだ共和国の人民は、ルイ・ニコラスの非人道的な行為に激怒。

共和国側の軍人たちも動揺し、最終的には「ルイ・ニコラスを退任させろ」と国中で大バッシングが起こりました。

ひよこ
ペンは剣よりも強し。

 

相次ぐ非難は、ルイ・ニコラスの耳にも届きました。

そして狂ったように「あの女のせいだ!」と呟き、エリーゼを逆恨みをします。

白うさ
なんで逆恨み!?どう考えても自業自得でしょ!?
ひよこ
ルイは「自分が正しい」って思いこむタイプだろうから、反省はしないだろうね。

⇒ネタバレのつづきはこちら

▽単行本も発売中▽

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA