【パプリカ】美容効果が高いのは黄色!理由は赤・オレンジよりも〇〇が多いから

スポンサードリンク

パプリカは黄・オレンジ・赤など色鮮やかな野菜ですが、実は色によって栄養価や効果が違います。美容などの目的によって、色を使い分けてみましょう!今回は、それぞれの色にどんな効果があるのか紹介していきます。

パプリカの栄養価と効果は色によって違います

パプリカ

【アカモクの効能】がん・糖尿病・花粉症を改善するスーパーフードって本当?

パプリカは、黄色・オレンジ・赤で栄養価や効果が変わります。7月2日には「林先生が驚く初耳学」でも紹介されていましたね。美肌やエイジング効果など、目的によってパプリカの色を使い分けましょう。

黄パプリカの栄養と効果

黄色のパプリカには、ビタミンCやルテインが含まれています。ビタミンCは美容や美白に効果があり、ルテインルティンは肌の老化防止に役立つ成分です。

美肌が目的の場合には、黄色いパプリカが役立つでしょう。

オレンジ色パプリカの栄養と効果

オレンジ色のパプリカには、ゼアキサンチンが含まれています。ゼアキサンチンは目を紫外線などから守ってくれる成分なので、スマートフォンやパソコンをよく使う人に役立ちますね。

赤パプリカの栄養と効果

赤パプリカには、カプサイシンが含まれています。カプサイシンには抗酸化作用があると言われているため、生活習慣病の予防効果が期待できるでしょう。

美容効果が高い色はどれ?赤と黄の違いは?

スポンサードリンク

パプリカの中でも黄色は美容効果が高いと考えられます。その理由ですが、上の章で説明したとおり、ビタミンCやルテインが多く含まれているためです。

パプリカが「美容食材」の一つに数えられるのも、このような効果効能があるためなのでしょう。

「美白になりたい」「シワの無い美肌が欲しい」という美意識の高い人は、黄色いパプリカがおすすめです。赤やオレンジ色よりも、美容効果があると考えられます。

余談ですが、パプリカは唐辛子の一種なのですね。「林先生が驚く初耳学」を見て、初めて知りました!美容関係の話が好きなので、色によって効果効能が違うという話は聞いたことがあったのですが・・・唐辛子の話は初耳でした。

効果効能を知ってパプリカを使い分けよう

グルメ

読書で語彙力向上!ノンフィクションは〇〇が多いから効果が高いらしい

いかがでしたか?パプリカは色によって栄養価や効果効能が違います。美容効果を期待するなら黄色を。目の保護をするならオレンジ色を。生活習慣病を予防するなら、赤色のものを使うことで、必要な栄養価を摂取することができます。

今度お店にパプリカを買いに行くときは、料理の彩どりだけでなく、今回紹介した効果効能についても考えてみてもいいですね。ぜひ、今回紹介した内容を目的ごとに役立ててみて下さい。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA