【結婚商売】33話のネタバレと感想|貴婦人たちはビアンカを見下し、またアントの魔の手が迫る


漫画『結婚商売』の32話のネタバレと感想です。

前回ビアンカは、失礼な貴婦人たちと遭遇しました。ダボビル伯爵夫人は友好的ですが、他の貴婦人は明らかに彼女を見下している様子。

さらにその後ろには元侍女のアントまで控えており、不穏な雰囲気がただよいます。この先ビアンカはどうなるのでしょうか?

>『結婚商売』ネタバレ全話はこちら

貴婦人たちはお茶会中、好き放題にビアンカの陰口をたたく

陰口で盛り上がる貴婦人

結婚商売ネタバレと感想
以下の文章には本編のネタバレが含まれます。韓国版を翻訳して、概要のみまとめました。本記事は『結婚商売』の感想および解説がメインであり、完全なネタバレはしていません。

ダボビル伯爵夫人と3人の貴婦人たちは、王女の庭園でティータイムを過ごします。

貴婦人たちは皆ビアンカが気に喰わないらしく悪口ばかり言っていて、ダボビル伯爵夫人がたしなめても陰口をやめません。

「贅沢な赤いドレスだなんて。それを支える宝石がなくてペリドットを付けていましたね。新興貴族であるアルノー家に財産がどれだけあるでしょうか?きっと急いでドレスだけ用意したのでしょう」
引用元::結婚商売33話/貴婦人の台詞

さらに貴婦人たちは、ビアンカの顔が白くて不格好だの、一緒にいた騎士と不倫しているだの言いたい放題。

するとそこに1人の侍女がやって来て「私はアルノー伯爵夫人にまつわる話を知っているのですが…」と貴婦人たちに話しかけます。

その侍女はアントであり、貴婦人たちはその話に興味を示すのでした。

ひよこ
この貴婦人たちは野次馬根性がすごいね。
白うさ
この4人のうち、まともなのはダボビル伯爵夫人だけだね。唯一の常識人。
この時点でビアンカたちは、アントの存在に気付いています。先ほどソヴールは貴婦人たちの後ろにアントの姿を見つけたので、それをビアンカにも報告しました。

ビアンカが屋敷に戻ると、ザカリーは妻の首飾りを見て喜んだ

口下手な夫の、精いっぱいの誉め言葉

ビアンカたちが部屋に戻ると、ザカリーが服の試着をしていました。

なお彼はビアンカの首飾りを見て嬉しそうに微笑みます。自分のプレゼントを使ってもらえて嬉しいようです。

ひよこ
ザカリーはこの首飾りを買った時、ビアンカの瞳と同じ色だから買ったらしいよ。
白うさ
ちゃんと妻に似合うものを選んでくれたんだね。素敵。

するとビアンカは「このドレスもあなたが選んでくれた布で作ったんですよ」と、真っ赤なドレスを彼に見せつけます。

ザカリーはそんな妻を熱心に見つめながら、これもよく似合っていると微笑みますがーーー

急にビアンカは口を尖らせます。というのも”似合う”だけではなく、ほかの言葉が欲しかったのです。

ザカリーは彼女が何を求めているのか理解できずにいましたが、後ろでソヴールたちがニヤニヤしているのを見て状況を察します。

そしてビアンカの耳元に唇をよせると、照れながらも「…とても美しいよ」と呟きました。

そんな彼を見て、ビアンカは満足げな顔をします。そして同時に、なぜ以前の私はこんな口下手な男性に愛人がいると思ったのかしら…と思うのでした。

軍部長からの報告

ビアンカは室内着に着替えるため、一旦部屋を出ます。そして彼女がいなくなった後、ザカリーは軍部長たちから外出中の出来事について報告を受けますがーーー

その内容を聞くと、深刻な顔をしました。

⇒『結婚商売』34話のネタバレはこちら

結婚商売33話のネタバレ感想|誤解も解けて夫婦仲はどんどん深まる

結婚商売33話の補足|ダボビル伯爵夫人は常識人

ネタバレ感想

33話の冒頭では、3人の貴婦人がビアンカの悪口を言ってはしゃいでいましたね。読者的には、かなり不愉快な光景でした。

こういう女性ってどこにでもいるもので、人を貶めてマウントを取るのが好きなんですよ。人を見下すことで、自分が価値のある存在なのだと思いたいのでしょうね。そんな事をしたら自分の品性に傷がつくだけなのに、彼女たちはそれを分かっていません。

ただしダボビル伯爵夫人だけは別で、彼女はビアンカのことを一切非難していません。

それどころか貴婦人たちをたしなめて、ビアンカが付けていた首飾りについても「私には瞳の色に似あった素敵なペリドットに見えたのですが…」と呟いていました。

この台詞から、他の貴婦人たちとは違ってダボビル伯爵夫人は審美眼があると分かりますね。

またこのシーンで彼女は、陰口で盛り上がる貴婦人たちを見て戸惑っていました。なぜ楽しそうに人の悪口を言うのか、育ちのいい伯爵夫人には理解不能だったのかもしれません。

ネタバレ感想①33話時点での夫婦仲について

ザカリーは今回、とても嬉しそうな顔をしていました。

というのも彼はビアンカに似合うと思ってペリドットの首飾りをプレゼントしたものの、彼女は今までそれを1度もつけることがなかったのです。

けれど彼女がその首飾りを使ってくれたので、ザカリーは喜びました。プレゼントしたものを大事に使ってもらえると嬉しいし、その相手が大切な人なら尚更でしょう。

さらにビアンカはこの時、キレイと言ってほしくて彼に言葉をねだっています。あの意地っ張りな彼女が、素直におねだりをしたのです。

連載初期の態度からは考えられないほどに、2人は夫婦として成長しましたね。親密度が大幅にアップしていることが見て取れます。

ネタバレ感想②ビアンカはようやく夫の性格を理解する

なお33話時点でビアンカは、ザカリーの女性関係は真っ白だと確信しているようです。

というのもザカリーは妻に「美しい」と言うだけで顔を赤くするので、そんな口下手な人が浮気なんて出来るはずないと思ったのです。

ようやく気づいたんかビアンカ…!

そもそもザカリーは浮気できる男じゃないし、仮にしたとしても絶対顔に出るから浮気とか100%無理なんだよ…!気づいて良かったね!

⇒『結婚商売』34話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA