マリオ帽子の簡単な作り方!フェルトや画用紙の手作り方法と無料型紙を紹介


マリオの衣装を手作りするなら、欠かせないのが「帽子」です。

フェルトや画用紙があれば簡単に作れるので、マリオの仮装をするなら、ぜひ用意しておきたいアイテムでしょう。

そこで今回は、マリオの帽子を簡単に手作りする方法を紹介していきます。

手作りと通販は、どちらが安い?

裁縫

マリオの帽子は、フェルトや画用紙で手作りすることができます。

裁縫セットをすでに持っているなら、フェルトや手芸用ボンドを用意するだけなので、コストは500円くらいで済むでしょう。

100均で大判フェルトが売っているので、それを使えば安上がりですね。

【材料費の例】

・白と赤のフェルト=各100円(100均の大判フェルト使用)

・手芸用ボンド=300~500円

ただしマリオの帽子は、Amazonや楽天などの通販サイトでも販売されています。値段は400~1500円くらいなので、手作りよりも安上がりです。

通販なら製作時間もかからないので、コスト的にも時間的にもオトクでしょう。

⇒「Amazon」でマリオ帽子を探す

マリオ帽子をフェルトで手作りする方法

マリオ帽子の材料

  • 赤のフェルト(大判なら1枚)
  • 白のフェルト
  • 糸(赤と白)
  • 手芸用ボンド

作り方と無料型紙のサイト

大まかな作り方は、以下の3ステップで完成します。

①:赤いフェルトを用意し、型紙に合わせて切る

②:①のフェルトを使い、帽子の本体と”つば”を縫い合わせる

③:赤と白のフェルトを使い、Mマークのワッペンを作成。帽子本体に、貼り付ける

早い話が、赤い帽子の本体をを作り、真ん中に「M」マークのワッペンを貼り付けるだけですね。

下記のサイト様で、写真つきの作り方を紹介しているので、そちらを参考にするとわかりやすいかと思います。①と③の参考サイト様では無料の型紙も公開していました。

他人とかぶるのが嫌な時は、オデッセイのマリオにしても面白そうですね。

ちなみに、他所のサイト様ではミシンや糸を使っていますが、裁縫が苦手な人は手芸用ボンドを使ってもOKです。

私は不器用なので、仮装衣装を手作りする時は、いつも手芸用ボンドを使っています。手芸用ボンドなら作業時間30分以下で作れるので、不器用さんにはおススメですよ。

マリオ帽子を画用紙で手作りする方法

マリオ帽子の材料

・赤と白の画用紙(厚めのもの)

・ハサミ

作り方と無料型紙のサイト

赤と白の画用紙を使って、マリオ風の帽子を作ることもできます。

下記のサイトでは、牛乳パックで帽子を作る方法について紹介しているのですが、材料を牛乳パックから赤い画用紙に変えれば、マリオ風の帽子が完成しますね。

牛乳パックで帽子を手作りする方法(無料型紙あり)

帽子の本体を作ったら、真ん中に「M」のマーク(白の画用紙で、別途作成)を貼り付けてください。マリオのトレードマークなので、これを忘れると普通の帽子になってしまいます。

小学生でも作れるレベルなので、不器用さんも安心ですね。

ちなみに下記のサイト様でも、画用紙を使ったマリオ帽子の作り方を紹介しています。こちらもわかりやすいので、オススメですよ。

関連:赤ずきんの頭巾(マント)を簡単に手作りする方法

普通の帽子を簡単にアレンジする方法

すでに赤い帽子(できればキャスケット)を持っているなら、手作りせずに帽子をアレンジするのもありです。

白と赤のフェルトで「M」マークのワッペンを作り、手芸用ボンドで帽子に貼り付ければあっという間にマリオ帽子の出来上がりです。

まとめ

いかがでしたか?

マリオ風の帽子は、画用紙やフェルトがあれば簡単に手作りできます。材料費も低コストなので、仮装する時のハードルは低いでしょう。

とはいえ、帽子は通販で買っても1,000円以下です。手作りの手間を考えれば、作るよりも買ったほうがラクかもしれませんね。

⇒「Amazon」でマリオ帽子を見てみる?

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA