iPhoneXで犬がジャーキーとしゃべるアプリの名前と元ネタは?


突然ですが、あなたはツイッターで話題になった「犬がしゃべるアプリ」をご存知でしょうか?

今回は、このアプリの名称や使い方、そして動画の元ネタなどについて調べてみました!

犬が「ジャーキー」としゃべるアプリとは?

ジャーキー犬アプリ

「そもそも、犬がしゃべるアプリって何?」という人もいるかと思うので、まずはどんなアプリなのか下の動画で確認してみましょう。

ザックリ説明すると、3Dの犬がしゃべる機能なのですが・・・喋り方や表情がリアルでじわじわきます(笑)

▽話題の動画はこちら(電車内での閲覧はおススメしません)

何度見ても「ジャーキー!?」で笑っちゃう・・・!

ユーチューバーが嫌いな人も多いようですが、私は相変わらず楽しんでみてます(笑)

でも、これって何のアプリを使っているのでしょうか?実際に使うには、どうすればいいのでしょうか?次の章ではアプリの名称や使い方について調べてみました。

関連:バーチャルユーチューバーの元ネタ

犬の正体はiPhoneXの新機能

iPhone Xの「animoji」とは

しゃべる犬の正体は、iPhone Xの新機能「animoji(アニ文字)」。この機能を使うと、犬などのキャラクターが自分の言葉と表情をそのまま相手に伝えてくれます。

iPhone Xの新機能のひとつ、「animoji」。TrueDepthカメラを使い、各キャラクターを自分の顔と連動させて動かすことができ、さらにSMSで送れるのだ。ところで、機能名にmoji(文字)という日本語をアップルが入れてきたのは、興味深いところ。

animojiの面白いところは、顔の向きだけでなく、表情までも認識してくれるところ。たとえばウィンクしたり口を開けたりすれば、キャラクターに反映される。これをSMSで送り合えば、スタンプ以上に濃密なコミュニケーションになることは間違いない。

引用元:https://ascii.jp/elem/000/001/580/1580888/

つまり、AI(人工知能)がしゃべっているのではなく、人間が話した言葉を犬のキャラクターがそのまま相手に伝えているということですね。ちょっと残念・・・ノリのいいAIが作られたのかと思いました(笑)

なお使い方や対応機種はこちらの記事で紹介しているので、参考になれば嬉しいです。

使い方はSNSでアイコンを選ぶだけ

animoji(アニモジ)の使い方ですが、メッセージアプリを開いてanimoji のアイコンを選ぶだけでOKです。下の方にメニューが並んでいるので、その中からサルの顔を選びましょう。

キャラクターは犬以外にもサルや豚などいろいろ選べます。

ちなみに、二次元キャラを動かすソフト(技術?)はアニ文字だけではありません。最近では、バーチャルユーチューバーという新しいジャンルも流行りだしましたよね。

個人的には、キズナアイとか輝夜月とかおすすめです。

辛くて何にも考えたくない時に見ると、かなり笑えますね。というか、世の中がどうでもよくなってきます(笑)

元ネタはフィッシャーズの動画

パソコンを見て驚く男性

最後に、今回取り上げた動画の元ネタについて紹介していきます。動画内で「ジャーキー!?」と喋っているのは、誰なのでしょうか?

元ネタの動画について

あの面白い犬動画をアップしたのは、youtuberとして活動している『フィッシャーズ』というグループ。メンバーは日本人7人組で、今回の動画で犬の声を担当したのは、シルクロードさんでした。

因みに、シルクロードさんは、あの犬にビーフジャーキーをあげたくないそうです笑

動画のフルバージョンはyoutubeで見ることができます。【iphone Xって水中でも顔認証でロック解除できるんですか!? 】という動画の後半(6分あたり)から、犬とのやり取りを見れますよ!

➡ 動画フルバージョン(youtubeにジャンプします)

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA