皇帝の子供を隠す方法38話~39話のネタバレと感想|森でピクニックをするも、また騒動が起こる


漫画『皇帝の子供を隠す方法』の38話のネタバレと感想です。

今回アステルたちは家族3人でピクニックをします。なお到着した森にはカイゼンも狩りに来ていますが、彼女はその事を知りません。

ベリアンの計画どおり、2人は和解できるのでしょうか?それともすれ違ったままなのか、続きを読んでみましょう。

『皇帝の子供を隠す方法』ネタバレ全話はこちら

38話|アステルたちは家族3人でピクニックを楽しむ

家族3人でのピクニック

皇帝の子供を隠す方法ネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

よく晴れた空の下で、アステルたちは森でピクニックを楽しみます。テオールに大はしゃぎで、カエルを追いかけて遊んでいます。

その様子を見ながらアステルは、祖父のカレンベルク侯爵に舞踏会での出来事について話しました。

あの時、ランベルク騎士団長のセルベル・フォン・エクレンから『父が侯爵によろしく伝えてほしいと言っていた』と伝言を頼まれたので、そのことを話したのです。

しかしその瞬間、侯爵はわなわなと震え出します。

さらにセルベルの父であるジェラルド・エクレンが現在軍務大臣をしていると知るや否や、血相を変えますがーーー

アステルが驚いたので、侯爵はすぐ我に返りいつもの穏やかな笑顔を浮かべました。

白うさ
セルベルの父親と、昔何かあったんだろうね。
ひよこ
昔、ジェラルドは副官だったらしいよ。反応を見るに、悪い意味で何かありそう。

カイゼン視点

カイゼンは部下たちを連れて森で狩りをしていましたが、途中で雨が降り出したので城に戻ることにします。

しかしその時『何か』の気配がしたので、カイゼンはしげみに向って弓矢を構えるとー――

なんと、しげみの中から出てきたのはアステルでした。

予想外の人物に出会いカイゼンは混乱するも、アステルが風邪をひかないようマントを彼女に被せます。

そして彼女から事情を聞き、ベリアンが勝手にピクニックの許可を出したと気付いてイラっとしますがーーー

その時、アステはひどく焦った顔で言いました。

「テオールとおじい様を探さないと!少しだけ1人で森を見て回っていたら道に迷って…!2人とも雨宿りの方法がないのに…!!」

アステルは森で迷い、テオールたちとはぐれてしまう

カイゼンは話を聞くと、すぐにテオールたちを捜索するよう部下に命令します。皇帝である自分の護衛よりも、テオールたちの身柄を優先したのです。

アステルも捜索に加わろうとしますが、この森は迷いやすいのでカイゼンは必死に止めます。しかし彼女は家族を心配するあまり、つい反論してしまいました。

「陛下は本当に、私の話を一つも聞いてくださらないのですね?」

皇帝にこのような口を利くのは不敬なので、アステルはすぐに謝罪しようとしますがーーーそれよりも先に、カイゼンは言いました。

「すまない。私が悪かった、アステル」

39話|カイゼンは謝罪し、アステルのために提案をする

カイゼンの謝罪

カイゼンは雨が降る中、アステルに謝罪します。

「すまない。私が悪かった。舞踏会のことは私が身勝手だった。ずっと謝りたかったが顔を見る勇気がなかったのだ」

しかしアステルは険しい顔をして、謝罪の言葉などいらないと言います。そもそも今朝も謁見を拒否されたので、今さら信じられません。

するとカイゼンはうろたえて弁解しようとしますが、結局それはせずに真っすぐにアステルの目を見ながら言いました。

「…そうだな。私が無駄な意地を張った。すまない。今からでも遅くなければ2人を家に帰らせてもいい」

思いがけない言葉にアステルは驚くも、すぐに心の底から嬉しそうな笑顔を浮かべてお礼を言いました。やっとテオールを家に帰らせることができるので安堵したのです。

しかし次の瞬間。

カイゼンとアステルの目の前に、顔をフードで隠した黒ずくめの男たちが現れました。

彼らは剣を構えて、明らかにカイゼンを狙っています。

「アステル、私の後ろから離れるな」

彼は剣を構えつつ、アステルを背に庇います。すると次の瞬間、暗殺たちは一斉にカイゼンに襲い掛かりました。

ひよこ
この暗殺者たちは、多分レストン公爵の差し金だね。
白うさ
カイゼンがんばれ!返り討ちにしちゃえ!

カイゼンを狙う暗殺者たち

カイゼンはアステルを庇いながら、次々に暗殺者を倒していきます。そして荒い息をつきながらも最後の1人を倒しますがーーー

その時、しげみから1人の伏兵が飛び出してアステルに襲い掛かります。

その結果、彼女を庇ったせいでカイゼンは肩をざっくりと斬られました。

このままでは彼が危険なので、アステルは近くに落ちていたナイフを拾って加勢しようとします。

しかし行動に移す前に、カイゼンは剣を弾き飛ばされてその場に膝をつきました。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』40話のネタバレはこちら

まとめ|皇帝の子供を隠す方法のネタバレと感想

38話~39話のネタバレと感想

ネタバレ感想

今までカイゼンは、アステルと離れ離れになるのが嫌でカレンベルク侯爵を人質に取っていました。皇帝の権力を使って、何としてでも彼女を引き止めようとしたのです。

しかし舞踏会での事件をきっかけに、彼は考え直したようですね。38話ではアステルに謝罪し、家族を東部に帰すと約束してくれました。

自分の気持ちよりもアステルの気持ちを尊重し、彼女の心からの望みを叶えることにしたのです。

もしかすると彼女に「陛下のもとには絶対に帰りたくない」と言われたのがショックだっただけかもしれませんが、何にせよ自分より相手を優先したことに変わりありません。

つまり、それだけアステルが大事なんですよ。

この2人がどんな結末を迎えるのかまだ分かりませんが、カイゼンのこの誠意だけはアステルに伝わればいいと思いました。

まあ韓国マンガなので、多分2人は仲直りしてハッピーエンドを迎えるのでしょうけどね。この展開でそのまま離婚生活が続く・・・とはならないはず。

⇒『皇帝の子供を隠す方法』40話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA