【悲報】スマホケースが革製だとバッテリーが劣化!防止する方法は?


あなたは、スマートフォンにどんなケースを付けていますか?

携帯ショップに行くと、革製やアルミ製などいろいろなケースが販売されていますが『林先生が驚く初耳学』によると、革製のケースを使うとバッテリー(電池)の劣化が早まるそうです!

そこで今回は、革製ケースの利用で電池が劣化する理由についてまとめました。

スマホのバッテリーは熱に弱い

スマホ

革のケースが、スマホにどれだけの影響を及ぼすのか。

この話をする前に、まずは電池の特徴について知っておきましょう。

スマートフォンのバッテリーとして使われているリチウムイオン蓄電池は、熱に弱いという特徴を持っています。

そのため、スマートフォンを何十分も使っていると次第に熱がこもり、バッテリーの劣化が進んでしまうのです。

白うさ
スマホの温度が高くなると、アプリが停止する可能性もあるよ。

また、リチウムイオン蓄電池には、外部からの熱にも弱いというデメリットがあります。

初耳学での放送内容によると、外部の気温が30度より高くなると、劣化が進むそうです。

言い換えると、使用時にスマホの本体が熱くなってきたら、一度使用を止めた方が良いという事ですね。

関連:男が女になる『女性化するアプリ』とは?

革製のスマホケースで電池が劣化する理由

「林先生が驚く初耳学」によると、スマートフォンに革製のケースを付けていると、バッテリーが劣化しやすくなるそうです。

その事実を証明するために、番組内では「革製のスマホカバーを使った場合にどれだけ温度が上昇するのか」という実験が行われていました。

実験の方法は、革製を含めた3タイプの手帳型ケースをそれぞれ15分間使い、それぞれスマートフォン本体の熱が何度まで上昇したのか調べるというものですが…

記事タイトルを見てわかる通り、最も温度上昇が激しいのは革製のスマホケースです。

温度は、なんと37度まで上昇していました。

白うさ
37度だと、ぬるめのお風呂と同じくらいだね。

余談ですが、テレビでこんな話をしたら皮製ケースの売り上げがガクっと落ちそうですよね。番組に苦情がこないのでしょうか…

今すぐできる!劣化を防止する方法

スマホの温度が上昇したらケースを外そう

スマホアプリ

番組内の解説によると、そもそもスマートフォンにケースを装着しているだけで、本体に熱がこもるそうです。

「じゃあ、ケースを使わない方が良いの?」という話になりますが、それだと落としたりぶつけたりした時に本体が壊れそうですよね。

本体が薄いので、下手に衝撃を与えたらパキッと割れそうで怖いかと思います。

白うさ
そもそも、せっかく買ったケースが勿体ない!

なので熱がこもったら、スマートフォン本体から手帳型ケースを外しましょう。

温度上昇後にケースから出せば、それだけで劣化防止になります。これなら、誰でも簡単にできますよね?

関連:アイフォン7や6sのケースを、他の機種に再利用するときの注意点

スマホカバーを買い替えるなら

スマホを長時間使うので、いっそのこと熱に強いスマホカバーに取り換えようかな?

という人は、選ぶ時に ”素材” や”形” に注目してみてください。

メッシュタイプやアルミ製のケースであれば、内側に熱がこもりにくいです。

また、手帳型は保護する面積が多い分、ケース型に比べて熱がこもりやすくなります。

表面温度だけ見ると、ポケモンGOを15分起動したときにおけるスマホの表面温度は以下となりました。

手帳型 > ケース型 ≈ バンパー型 > 本体のみ

しかし、手帳型以外の2つのケースにおいて優位な差は見られず、その差も誤差の範囲といえます。

引用元:https://media.fashion-balloon.com/articles/pokemongo_cases_hatsunetsu1

手帳型ケースは液晶保護の視点からいえばメリットが多いものの、熱がこもりやすいのがデメリット。

素材や形によって耐久性や耐熱性が違うので、あなたに合ったケースを選んでくださいね。

Amazonのスマホケース売上ランキングはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA