【シケイダ3301】犯人の正体と暗号の答えは?「極めて高い知能の持ち主」を探す理由


謎の暗号『シケイダ(cicada)3301』は、一体誰が作ったものなのでしょうか?

暗号には「極めて高い知能の持ち主をさがしている」と書かれていましたが、なぜそのような人物を探す必要があったのでしょうか?今回は、暗号作成者の正体や目的について迫ってみました。

謎の暗号「シケイダ(cicada)3301」とは?

ネットミステリー

「シケイダ(cicada)3301」とは、ネット上に現れた謎の暗号です。2012年に初めて登場して以来、世界各地のハッカーたちがこの暗号を解読しようと四苦八苦してきました。

犯人の正体と暗号の答え

2017年6月には「世界の何だコレ!?ミステリー」でも取り上げられたシケイダ3301。

しかし結論から言うとシケイダ3301犯人の正体はわからないままです。

なお番組内でインタビューを受けていたシケイダ3301の第一発見者は「恐らく大きな組織が動いているのだろう」と語っていました。というのもシケイダ3301は非常に大掛かりな暗号ミステリーで、個人が作るには難しいものだからです。

それこそ暗号を解読する過程では、世界中で「セミのマークがついたQRコードが書かれた張り紙」が発見され、電信柱などに貼り付けられていました。

少なくとも、個人のイタズラである可能性は低いでしょう。

一か国だけならともかく、世界のいたるところに張り紙をするというのは、人手がいりますよね?各国で張り紙をしてくれる「協力者」が必要になります。

そのため、犯人の正体は大きな組織である可能性が高いという訳ですね。

「極めて高い知能の持ち主」を探す理由

犯人の目的とは?暗号が作られた意味

数字

謎の暗号「シケイダ3301」の作成者には、最初から一貫した目的がありました。それは極めて高い知能の持ち主を探しているという点です。

犯人の正体は明らかになっていませんが、この点だけは最初からはっきりしていました。というのも、暗号が最初に発見された際、その旨が文中に書かれていたからです。

では、なぜここまで大掛かりな暗号を用意してまで、高い知能の持ち主を探していたのでしょうか?

暗号は「採用試験」のためだった?

暗号が作られた理由について、ネットやテレビでは「採用試験のため」だと言われています。つまり、こういう事ですね。

  1. 「極めて高い知能の持ち主」を見つけたい
  2. 難解な暗号を解ける人なら、素質があるのでは?
  3. ネット上に暗号に出して、解読できた人とコンタクトを取ろう

恐らく、上のような思考回路だったのだと考えられます。

6月28日に公開されたテレビ番組「何だコレ、ミステリー」によると、実際にこのような採用試験があったそうです。暗号を解読していったところ、とある企業の面接試験会場にたどり着いた人がいるのだとか・・・

知能の高い人物を探している、大掛かりな組織。

これについて、ネット上では「暗号作成者はFBIかCIAではないか」と噂されています。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA