『打ち上げ花火』の歌手と曲名は?「パッと光って咲いた♪」って歌詞が良すぎ!


映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか』の主題歌。

とてもキレイな歌声ですが、どんな人が歌っているのでしょうか?また、曲名は何と言うのでしょうか?

今回は、同映画の歌手・曲名・作詞・作曲などについて調べてみました。

CMの「パッと光って咲いた♪」って何の曲?

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』の主題歌

映画打ち上げ花火

パッと光って咲いた、花火を見てた。

これは2017年夏に公開されたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』の主題歌の歌詞です。

テレビ用の映画CMでも、主題歌のサビが流れていましたが、すごくいい曲ですよね。

聞きやすい声とポップな音楽に、思わずCMを凝視した人も多いでしょう。

花火

【打ち上げ花火】映画声優の演技は上手い?下手?みんなの評価と感想を調査

曲名は『打上花火』で映画にピッタリ!

『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』の主題歌の曲名は『打上花火』。

映画の内容にもピッタリ合っていますね!

歌手は誰?作詞・作曲を担当した人とは?

歌手の「DAOKO」って誰?

カラオケマイク

『打上花火』の主題歌を歌っている女性は、とてもキレイな声をしていますよね。

歌手はDAOKO(ダヲコ)という女性ラッパーで、ニコニコ動画へのラップ投稿などで知られている方です。

▽DAOKOとは?

中学3年生のときにニコニコ動画(以下、ニコ動)の「ニコラップ」にラップを投稿し始め、ニコ動内で出会ったJinmenusagi(人面兎)の呼びかけで客演参加した楽曲での振る舞いがネット発のインディーレーベル「LOW HIGH WHO? PRODUCTION」の主宰者に気に入られ、高校入学と同時に同レーベルと契約。

進学した女子校の校則(芸能活動禁止)が厳しく、顔を隠した状態での活動となる。後にm-floの☆Taku Takahashiに見出されm-flo + daoko名義による楽曲「IRONY」が2013年公開の映画『鷹の爪 ~美しきエリエール消臭プラス~』の主題歌に起用される。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/DAOKO

映画

【悲報】映画『打ち上げ花火』はつまらない?ラストが微妙との声も

 

作詞・作曲は米津玄師が担当!

そしてなんと!

作詞・作曲したのは歌手の米津玄師(よねづけんし)さんです。

映画公開当時は、まだ知らない人も多かったのですが…

紅白に出場してからは一気に知名度が上がり、今やほとんどの国民に知られる人気歌手となりました。

▽米津玄師とは?

初期は本人の歌唱によるNNIオリジナル曲を投稿していたが、その後VOCALOIDを楽曲に使用するようになる。現在はどちらの楽曲も発表している。

所持しているボーカロイドは「初音ミク」「巡音ルカ」「GUMI」。

自身の描いた絵を用いてPVを自作することも多い。以前はマウスのみで絵を描いていたが、11作目の『演劇テレプシコーラ』からはペンタブを使用している。

ハチ(動画投稿者)名義と米津玄師名義とは明確に区別をしているようで、動画マイリストも別々に分かれている。

引用元:https://bit.ly/2OXoPMP

私はずっと前から米津玄師さんが好きだったので、映画の作詞・作曲を担当すると聞いたときは嬉しかったです。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA