ドラム式洗濯機に子供が閉じ込められる!事故の原因や対策・防止法は?

スポンサードリンク
Pocket

2018年の1月27日に堺市で起こった「ドラム式洗濯機による事故」について、事故の原因や対策・防止法について調べてみました。

このニュースを見て不安になったお母さんが多いのかな・・・と思い、子供の安全対策に役立ちそうなことをまとめています。

ドラム式洗濯機で子供が事故に!

子供

ドラム式洗濯機のふたを中から開ける・閉める方法は?開かない設定の仕方は?

事件が起こったのは、2018年の1月27日。堺市堺区のとある住宅で、ドラム式洗濯機の中に5歳の子供が閉じ込められて亡くなるという事件が起きました。

最初にお父さんが発見した時、洗濯機は動いていない状態でしたが、洗濯機のフタは閉まっていたそうです。

「息子が洗濯機に入った状態で、意識と呼吸がない」 119番があったのは27日午後3時ごろ。現場は堺市堺区海山町1丁の住宅で、堺署によると、この家に住む男児(5)がドラム式洗濯機の中から意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。男児に目立った外傷はなかった。

引用元:http://www.sankei.com/west/news/180128/wst1801280029-n1.html

その後、男の子は病院に搬送されたもの、手遅れだったとのことですが・・・

なぜ、このような事件が起こってしまったのでしょうか?原因について調べてみました。

ドラム式洗濯機って何?

そもそも、ドラム式洗濯機とはどんなものなのか・・・という話ですが、洗濯物を入れる場所が、真横(または斜め)についたタイプの洗濯機ですね。

タテ型の洗濯機とは違い、回転軸が水平なので、節水できるなどのメリットがあります。

事件があった堺市の住宅で使われていたのは、下記サイズのドラム式洗濯機だったそうです。

警察によりますと、洗濯乾燥機は高さがおよそ1メートル、幅70センチ余り、奥行き60センチほどで、ドアが閉まると内側からは開けられない構造になっていました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180128/k10011305931000.html

ドラム式洗濯機で5歳が事故!危険なメーカーは日立?対策はしてる?

事故の原因は?窒息した可能性も

スポンサードリンク

ドラム式洗濯機の事故をゴムバンドで対策!子供用安全装置の作り方

亡くなった男の子が運ばれた病院の医師によると、今回の事故は窒息が原因だったのではないかといわれています。

ドラム式洗濯機の場合、蓋を閉めると気密性が高くなるそうです。早い話が、酸素が足りなくなる訳ですね。

警察によりますと、手当てを行った病院の医師は、ドラム式の洗濯乾燥機はドアが閉まると気密性が高いため、窒息したのではないかと話しているということです。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180128/k10011305931000.html

現場にあったドラム式洗濯機は、内側から開けられないタイプだったので、男の子は出ようとしても出られなかった可能性が高いでしょう。

また、事故があったご自宅では、洗濯機に「チャイルドロック機能」があったものの、使われていなかったそうです。

ドラム式洗濯機の事故は親の責任?母親はチャイルドロック機能を使わなかった?

ママがすべき対策&防止策は?

過去にも似た事件が

はてなのふきだし

サイレントベビーは嘘?実際は3歳から感情を読むって本当?

実をいうと、今から3年前にも同じような事故がありました。おまけに、海外でも似た事故が頻発しているとご存知でしたか?

【海外で起こった事故】

  • 子供が洗濯機によじ登った結果、洗濯槽の中に入ってしまい出られなくなった。
  • 洗濯機の中に子供が入ってしまい、その時に弟が操作ボタンに触ってしまった。原因は打撲。
  • 洗濯槽の中に落ちておぼれた

 

本当に怖いですよね・・・我が家の話ですが、新しい洗濯機を買ったときは子供も興味津々で、近づきたくなってしまうようです。新しいものに興味を持つのって、子供なら仕方がないことでしょう。

子供の身長がふたの位置より低かったとしても、ふたが横向きについている時点で、子供が入り込むのは簡単なのです。

例えば、何かを踏み台にして洗濯機の中に入ることもできるでしょう。

危険への対策・防止法

スポンサードリンク

では、洗濯機による事故を防ぐために、両親には何ができるのでしょうか?

まず、子供との話し合いが考えられますよね。洗濯機にどんな危険が潜んでいるのか、お子さんに対して、事前に説明しておきましょう。

何をするとどうなって、その結果どんな事故につながるのか・・・子供に考えさせながら説明し、理解させることも立派な対策方法です。

別の記事でも書きましたが、大人が真剣に話せば、子供はちゃんと耳を傾けてくれます。

 

しかし、洗濯機に近づくなと言ったところで、幼い子供が必ず言いつけを守るとは限りません。その場では頷くものの、誘惑に負ける子はたくさんいますからね(-_-;)

そんな時は、洗濯機についているチャイルドロック機能を活用しましょう。これを設定しておけば、子供は勝手に洗濯機のフタを開け閉めすることができません。

<ドラム式洗濯乾燥機の事故防止対策>
(1) 子どもが中に入らないよう、使っていないときは必ずふたをする
(2) チャイルドロック機能を利用し、子どもがふたを開けたり操作したりできなくする
(3) チャイルドロック機能がない場合は、ふたにゴムバンドを掛けるなどの工夫をする

引用元:https://www.secom.co.jp/kodomo/p/20150702.html

消費者庁による注意喚起は上の3項目ですが、他にも「洗濯機の近くに踏み台(になりそうな物)を置かない」などの対策法が考えられます。

スポンサードリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA