絶対零度5話考察!犯人の男の子(道枝)がかっこいいけどサイコパス!

スポンサードリンク
Pocket

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』の5話が、8月6日に放送されました。

絶対零度の5話では、東堂の過去やラストの処刑人の正体など、いろいろな事実が発覚していますね。

また、ゲスト出演の男の子(道枝さん)も「かっこいい!」と高評価で、サイコパスの演技を華麗に演じてくれました♪

 

今回は、ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』5話のネタバレ感想や口コミについて紹介していきます。

※4話を未視聴の方は、先にコチラで絶対零度の4話を視聴すると、今回の記事の内容がわかりやすいですよ!

ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』5話のあらすじ

>>絶対零度の沢村一樹(井沢)は犯罪者?刑務所にいた理由は?

 

5話でミハンシステムが危険人物に指定したのは、岡崎直樹(オカザキ ナオキ)という、17歳の高校生でした。

しかし、岡崎はイケメンで、事件を起こすようなタイプには見えません。

近所からの評判も良く、成績はトップクラス。そして、バスケットボール部のエースで、おまけに父親は文部科学省の官僚。

つまり、超エリートなのです。

 

でも、裏では動物殺傷事件を起こすなど、ヤバイことをしていたワケですね。

そこでミハンチームは、岡崎と接触するために、彼が所属するバスケ部の外部指導員として潜入します。

 

▼ストーリー詳細

山内(横山裕)は、バスケ部の外部指導員として青葉中央高校に潜入する。実はこのバスケ部では、指導員が次々と辞めていた。

一方、小田切(本田翼)田村(平田満)は、制服警官になりすまし、岡崎家周辺の住人から情報を集めようとする。

そこに現れたのが、大手新聞社の元記者で、凶悪犯罪のルポを何冊も出版しているジャーナリストの川上邦明(近藤公園)だった。直樹に接触したという川上は、動物殺傷をしている少年少女に会い、殺人衝動をくい止めるために話を聞いているのだという。

直樹は果たして、川上との出会いにより、殺人を踏みとどまるのか、それとも、動物殺傷への衝動が、ついに殺人の衝動へと変わるのか――!?

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index05.html

※ここから、ネタバレありの感想です!

 

最終的に、犯人の少年(役:道枝駿佑)は、文科省で官僚たちを銃殺するという計画を立てます。

犯人はセンセーショナルな事件を起こすために、文科省の官僚たちをターゲットにした・・・というワケですね。

そして、文科省に銃を持って潜入した後、官僚たちをバンバン撃っていきます。

自分の父親も撃ち、その時は「ああ、やっと殺せた」という、恐ろしいセリフを残しています。

 

その後、ミハンチームに取り囲まれるのですが・・・犯人(道枝)は、最後にあっさりと自殺してしまいました。

スポンサードリンク

犯人の男の子がかっこいい!道枝がサイコパス役

【絶対零度考察】上戸彩(桜木泉)は死んだ?生きてる?

 

女性視聴者の中には「犯人の男の子がかっこいい!」と、気になった人も多いのではないでしょうか?

5話で犯人役の男の子(=岡崎直樹)を演じたのは、ゲスト出演道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)さんです。

道枝さんは関西ジャニーズJr.のメンバーで、ジャニーズ事務所に所属しています。過去に、『母になる』『ぼくらの勇気 未満都市 2017』にも出演していましたね。

 

道枝駿佑さんの本業はアイドルですが、演技も上手です。5話で父親を撃ち殺すシーンがあったのですが、その時の

「ああ、やっと殺せた。」

というセリフは見物ですよ!難しそうなサイコパス役を、上手く演じてくれました♪

 

▼道枝の口コミとネタバレ感想

▼シーズン2の無料視聴はこちら▼

ドラマ絶対零度のシーズン2を無料で見れる方法は?

5話ネタバレ感想!黒幕の川上がヤバい

黒幕(川上)が怖い

悪魔の影

絶対零度シーズン3のフル動画を無料で見れる方法はコチラ

 

5話の犯人は岡崎(役:道枝)ですが、黒幕は川上という中年男性です。

この川上という男は、サイコパスで頭が良いという、かなりヤバイ人物でした。なんと川上は、同じサイコパスに接触して、事件を後押ししていたのです。

ちなみに、ミハンチームが仕掛けた盗撮用カメラにも気づき、捜査の一歩先を読んでいました。

 

▼口コミのネタバレ感想

「川上が(盗撮用カメラに向かって)手振った時はさすがに鳥肌たった」

「川上とやら、ヤバい奴だった\(^0^)/ミハンの捜査班、勘づかれたの初めてだよな」

「川上スペック高い」

「サイコパスを題材とした、常に緊張感溢れる展開に震えた。 本当に面白い、次回はもう最終回か?と疑うような予告、何が起こるのか楽しみ 」

引用元:Twitter

 

南にモテキ到来?

5話の最初の方で、刑事&女性のコンビが登場していましたが・・・

南くんといい雰囲気でしたね。もしかして、このままラブストーリーが始まるのでしょうか?

▼口コミのネタバレ感想

「ん?南くん初ロマンス?」

「えええーーー、田中みっちゃん、好みなの・・・??? 」

「南に惚れてんのか!!?」

「お?南君?おお?? 」

「南くんに恋愛フラグが立ったように見えるけど、このドラマだとそれが死亡フラグになりそうで怖い」

引用元:Twitter

東堂(伊藤淳史)の悲しい過去

スポンサードリンク

絶対零度の5話で、東堂さん(伊藤淳史)の悲しい過去が明らかになります。

東堂さんは子供の頃、サイコパス(?)の起こした事件が原因で、父親を失っていたのです。

だから、ミハンチームを立ち上げたそうです。

前回(4話)で、東堂さんの首元にある傷が、ズームアップされていましたが・・・この傷は、過去の事件でつけられた傷でした。

 

▼ドラマ5話の東堂の名言

「この世の中には、絶対的な悪がいる」

「快楽で人の命をもてあそぶ。

引用元:絶対零度5話より

ラスト考察!処刑人の正体は井沢?

ドラマ『絶対零度~未然犯罪捜査~』では、ラストで黒幕が暗殺されていますよね。

処刑人(必殺仕置き人?)のような存在がいて、法で裁けない悪党どもを、1人ずつ処刑しているようです。

今までは、誰が処刑人なのかわかりませんでしたが・・・

 

5話のラストで、処刑人の外見がちょっと映っていましたよね。

後ろ姿は、井沢さんっぽい服装でした。という事は、井沢さんが処刑人だったのでしょうか?

 

でも、川上にトドメを刺したのは、別の人っぽいですし・・・遠くからサイレンサー(?)で撃ったように見えました。

もしかすると、ミハンチームとは別に必殺仕置き人チームがいるのかもしれませんね。

関連:絶対零度の黒幕は伊藤淳史?処刑人の正体は?

考察まとめ

ドラマ『絶対零度~未然犯罪捜査~』の5話では、関西ジャニーズの道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)さんがゲスト出演し、犯人役を演じていました。

過去に、他のドラマに出演していた事もあり、道枝さんは演技がお上手でしたね♪この先、さらにテレビで見かける機会が増えそうです。

そして、ドラマ5話のネタバレ感想を調べたところ「黒幕(川上)が怖すぎる!」「川上がヤバすぎる」「下手なホラーよりも怖い」など、演出やキャラ設定へのコメントも多数見られました。

⇒絶対零度まとめ

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA