接近不可レディー55話のネタバレと感想|ヒリスが屋敷を包囲するまでの経緯


ピッコマで連載中の『接近不可レディー』の55話のネタバレ感想です。

前回のラストで、アクシオンはヒリスに会うためイノアデン邸を訪れます。しかし屋敷はヒリスの異能により、バラの棘で包囲されていました。

一体彼女に何があったのでしょうか?続きを読んでみましょう。

⇒『接近不可レディー』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

アクシオンの記憶が戻ってしまい、ヒリスは混乱する

ヒリスの葛藤

接近不可レディーネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

イノアデン邸の自室に戻って来たヒリスは、ただ困惑していました。

「…どうなってるの?アクシオンはあの時、きっと何かを思い出した。一体どうして…?」

今までの人生の中で、彼が過去を思い出したことなど一度もありませんでした。しかし今になって、彼はヒリスのことを思い出してしまったのです。

(やっぱり捨てるべきだった)

ヒリスはそう思いながら、机のひきだしの中にしまっていたアクシオンのネクタイ(以前ヒリスが怪我をしたときに彼が貸してくれたもの)を取り出すと、異能を使って花弁に変えてしまいます。

するとその時、同じ場所に仕舞ってあった赤い宝石(以前アメリエ邸で入手したもの。51話参照)が喋り出して、ヒリスに語り掛けました。

『私を食べて』

その声に目を見開くヒリス。そして同時に、以前王から言われた言葉を思い出しました。

(王は私に”神性”を探せと言っていた。もしこの宝石が”王の息づかい”なら…取り方は簡単だわ)

そしてヒリスは冷笑を浮かべると、請われるがままに宝石を呑み込みました。

宝石を飲みこんで力が増したヒリスは、父と兄のもとに向かう

ディエゴは自室で激怒していた

ディエゴは自室にて、怒りのあまりマグカップを床に叩きつけます。リカルドと執事は必死でなだめるも、ディエゴの怒りは全く収まりません。

白うさ
何で怒ってるの?
ひよこ
理由はわからないけど、多分ヒリス関連だよ。当主の座を奪われてから、ずっと不機嫌だし。

するとその時、ヒリスが部屋に入って来ます。そして彼女は壊れたマグカップを見つけると、いつものように無表情で言いました。

「この程度ですか。何かを壊すなら、少なくともこれくらいはしないと」

そう言ってヒリスは、バラの棘を出現させて部屋の壁を叩き壊します。その破壊力はすさまじく以前よりもずっと力が強くなっているので、さすがにディエゴも怯えますが・・・

ヒリスは攻撃の手を止めずに部屋中を破壊し続け、さらにディエゴのことも攻撃しました。

その攻撃はディエゴに直撃し、彼の体からは血が流れます。彼は異能で反撃するも、その攻撃は全てヒリスの力でかき消されてしまい歯が立ちません。

そして実力差を理解したディエゴは、怯えながら必死で叫びました。

「ヒリス…!や、やめろ…!私が今まで父の役割を果たせなかったのは認める。だがそれが、こんな破倫を犯すほどの重罪なのか…!」

するとヒリスは顔色一つ変えずに言い放ちます。

「理解できないでしょうね。なぜ自分がこんな目に遭わなければならないのか。悔しいし理由がわからないから、もどかしくて腹が立ちますよね。そうやって絶望しながらもがいてください」

そしてヒリスが彼に手をかざすとーー-

ディエゴの異能の力は消えてしまい、同時に彼の赤い髪は真っ白になりました。

白うさ
急に老けた!
ひよこ
能力を奪われるとこうなるんだね。

ダラダラと汗を流しながら、こんなはずはない…とうわ言のように繰り返すディエゴ。

リカルドが父親を心配して駆け寄ると、ヒリスは「あなたも同じよ。リカルド」と言って兄のことも攻撃しました。

父と兄に下された判決

血を流しながら、なぜこんな事をするのかと呻くリカルド。

しかし実のところ、ヒリスは彼に考える時間を与えていました。迫りくる『あの人』について、どう対処するのか自分で選べるように。

「…でもそれも今日まで。もう本当にうんざりしたの」

そしてヒリスは、今から公式的に2人の姓を剥奪すると断言しました。

⇒『接近不可レディー』56話のネタバレはこちら

『接近不可レディー』55話のネタバレ感想

接近不可レディー55話の概要

ネタバレ感想

ヒリスは自分の願いを果たすため、あの怪しげな宝石を呑み込んでしまいました。

その結果、ヒリスの能力は今まで以上にパワーアップします。

それこそ対ディエゴ戦でわかるように、壁を叩き壊すわディエゴをぶっ刺すわと非常に強くなっています。55話のヒリスはもはや破壊神ですよ。

さらに破壊活動を繰り返すだけでなく、ラストでは父と兄に「姓を剥奪する」と言い放っています。

つまりヒリスは、父と兄からイノアデンの名前を奪って屋敷からも追い出そうと決めたのです。

55話のネタバレ感想

55話の最後あたりで、ヒリスは「迫りくる『あの人』について(略)」というセリフを言っていましたね。

彼女のセリフ的に、何者かが悪巧みをしていてこれから本格的に動き出すようですがーーーこのシーンで描かれていたのが、テルゾらしき人物でした。

テルゾはビオレッタの姉の婚約者で、前々から怪しい動きをしていた人物。なので恐らく、テルゾがこれからろくでもない事をするのでしょう。

⇒『接近不可レディー』56話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2件のコメント

コメント失礼します。
翻訳ありがとうございます。やっと彼らに罰らしい罰を下したんですね!
でもここまでされても自分たちがヒリスに何をしたか分かっていないんですね…

今世で何もしてないのに過去のことで責められたんなら気の毒と思えなくもないけど、過去のこと抜きにしたとしても、今世だけでも酷いことしてますからね!

早く今回の展開を日本語版でも見たいですね^^

>あやかさん
コメントありがとうございます!
やっと罪人に罰が下りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA