翻訳『死して生きるSSS級ハンター』60話のネタバレと感想|ついに武林盟主が動けなくなる


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』の60話について、ネタバレと感想を紹介します。

前回のラストで、ついに盟主が動けなくなりました。彼を治療する方法はあるのか、それともゾンビ化してしまうのか…

管理人の感想を交えつつ、続きをまとめました。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ一覧はこちら

動けなくなった盟主を、薬剤師が看病する

盟主の最後

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

内功が尽きたせいで、盟主はついに体を動かせなくなる。寝床で横たわったまま、一歩も動けない状態だ。

薬剤師が看病するも、治療する方法は見つからない。その様子を見た天魔は静かに怒りながら「立ち上がれ」と言うが、盟主はすまないと謝るばかりだった。

「私にはもう力が残っていない。お前ならあと1年耐えられるかも知れないが…私はここまでだ。私は君より弱かったのだ。殺してくれ。私はキョンシーにはなりたくない」

トドメを刺してくれと、盟主は天魔に頼む。

すると天魔は黒い斧を出現させて、キレイな死に方をしたいなら『政派』の滅亡を認めろと要求した。武林盟主自ら、政派の滅亡を認めろと言うのだ。

しかし盟主が涙を流しながら「それは出来ない」と答えると、天魔はトドメを刺さずに1人でどこかに行ってしまった。

白うさ
天魔、ひどくない?
ひよこ
動けない人にトドメを刺すのは嫌だという葛藤もあったみたいだよ。

そして黙示録に来てから9日目の夜明け。

武林盟主・南宮運が病死した。

孔子たちはゾンビウイルスの研究を続ける

新しいサンプル

盟主が亡くなった後。盟主がゾンビになって暴れないよう、孔子たちは彼の体を鎖でぐるぐると縛る。その様子を見ながら、薬剤師は言った。

「貴重なサンプルを入手しましたね。ゾンビ化してから数年経った感染者たちでは、ウイルスの分析に限界があるんです。死後すぐゾンビになるのではなく、少し時間を置いて覚醒しているようです」

するとその時。

盟主がぐおお…と呻きながら、ガタガタと体を揺らしはじめる。どうやら本格的にゾンビ化しつつあるのだろう。

孔子と天部門主は、警戒しながらその様子を眺める。

するとそこに、洞窟の外から天魔がやって来た。

「情けないな。結局、一皮むけたら人はこうなるのか」

さらに天魔は「食え」と言って、自分の拳をゾンビ化した盟主の口に突っ込んだ。

天魔の凶行

ゾンビに噛まれた者は、同じようにゾンビ化してしまう。そのため天部門主は慌てて止めるが、もう遅い。

天魔は狂ったように笑い、その体から黒いオーラをまき散らす。そして剣を取り出すと孔子たちに襲い掛かった。

白うさ
天魔どうしたの?なんで急に襲ってくるの?
ひよこ
もう正気じゃないみたい。孔子たちのことも暗殺者だと勘違いしているよ。

天魔の一撃により、薬王の首が飛ぶ。天部門主が攻撃を防いでくれている間に、孔子は薬剤師を抱きかかえて洞窟の外に逃げるが・・・

今の天魔は、一時的ではあるが生死の境に入っていて恐ろしく強い。すぐに追いつかれ、結局は孔子も薬剤師も命を落とした。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』61話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』60話のネタバレと感想

ネタバレ感想|天魔が強すぎる件

ネタバレ

予想はしていましたが、やはりバッドエンドになりましたね。60話の最後のシーンでは、天魔が暴走して全滅するという悲しい終わり方でした。

孔子と薬剤師は洞窟の外まで逃げますが、すぐ天魔に追いつかれて背後からザシュッとやられます。天部門主がしんがりを務めてくれましたが、天魔が強すぎて時間稼ぎすら出来なかったようです。

ギルドマスターがあっさり負けるって、天魔は強すぎますね。

しかも60話の最後のシーンがまた怖い。雪原の中、狂った天魔が1人笑い続ける…というホラーな終わり方でしたから。

天魔はあんなに強い人なのに、最後は狂って正気を失って、敵味方の区別もつかなくなって。何というか、やりきれない気持ちになります。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』61話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA