『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』42話~43話のネタバレと感想|サビナのお見舞いに行く


漫画『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』の42話~43話のネタバレと感想です。

前回ダナに素顔を見られたため、アリアは仮面を外して生活するようになります。そして今回、大公夫人・サビナとの面会許可が下りたのでお見舞いに行くことに。

彼女との再会にアリアは何を思うのでしょうか?続きをまとめたので読んでみましょう。

『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』ネタバレ全話はこちら

42話|大公夫人との面会日、アリアはお見舞いに花を持って行く

大公夫人・サビナのお見舞いに行く

セイレン宣材画像

ダナに素顔を見られて以来、アリアは仮面を外して生活するようになります。

そして今日は大公婦人・サビナのお見舞いに行く日。あれ以来一度も会っていませんが、ようやく面会できることになったのです。

そのためアリアは彼女が好きな“花火の木”の花をプレゼントに持って行こうと考えますが、いざ木の前に到着すると花に手が届きません。

この状況にアリアが困り果てていると、ちょうど木に登っていたロイドが目の前に降り立ちます。彼もまた同じことを考えていたらしく、手には花のついた枝が握られています。

「今から(お母様の部屋に)行くのか?これは僕が手に入れたから、そのまま行っていいぞ」

しかしサビナは『花火の木』を大事にしているので、折った枝を持って行くのは得策ではありません。

そのためアリアは彼から枝を借りると、花だけを取ってロイドの手のひらに乗せます。そしてついでと言わんばかりに、ロイドがそっぽを向いた隙に彼の髪に花を一輪さしました。

護衛少年・クラウドとの初顔合わせ

髪飾りのように、頭に花をつけたロイド。普通の人ならいたずらに気付きそうなものですが、彼はそんな機会とは無縁だったらしく全く気付きません。

さらにこの時、すぐ近くからブフッ!と笑い声が聞こえます。ロイドの背後にいた護衛役の少年・クラウド(ロイドより少し年上の赤髪の男児)が必死で笑いを堪えていたのです。

するとロイドはそれが不愉快だったらしく、サビナの部屋に到着するまでの間クラウドに後ろ歩きで付いて来るよう命令しました。

ひよこ
この後、アリアとロイドは仲良く手を繋いで歩いたよ。
白うさ
可愛いね。でもロイド、花を髪に刺したままだけどいいの?

緊張しながらもサビナに面会する

サビナの部屋に到着すると、アリアは緊張のあまり胸を高鳴らせます。

そしてロイドが「俺の前ではいつも厚かましいくせに…」と悪態をつきながら部屋の扉を開けるとーーーそこにはベッドに腰掛けながら微笑を浮かべるサビナがいました。

43話|アリアは久しぶりにサビナと再会する

※続きは準備中です。マンガ版が本家様で更新され次第、本サイトにも翻訳記事を投稿します。

⇒『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』44話のネタバレはこちら(準備中)

『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』のネタバレと感想

42話のネタバレと感想

ネタバレ感想

42話もほっこりした感じでストーリーが進みましたね。

そしてロイドは最後までずっと髪に花をつけたままで、その状態でサビナの部屋に入ってしまいました。これ、バレたらアリアもクラウドも怒られそうですね。

⇒『セイレン〜悪党と契約家族になった〜』40話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA